江戸時代の徳川家の将軍の生活や、江戸城の年中行事を描いた浮世絵を紹介する「千代田之御表」展が7日から、川崎市川崎区の川崎・砂子の里資料館で開かれる。

 浮世絵は幕末の武士で、戊辰戦争に参戦した後に絵師になった楊洲(ようしゅう)周延(ちかのぶ)が1897年に描いたもので、将軍が剣術試合を観覧する「武術上覧」など33点を展示する。

 奉行が事件を選んで将軍の前で裁いて見せた「公事上聴」を描いた浮世絵では、罪人として町奉行の前に引き出された遊女が華やかに着飾っており、将軍に見せる特別な裁判だったことがうかがえる。

 斎藤文夫館長(81)は、「当時は江戸時代を覚えている人もたくさんいた。人々のノスタルジーをかき立てた徳川三百年の伝統をぜひ見に来てほしい」と話している。26日まで。日曜休館。入館無料。

<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
貧困ビジネス排除へ初の連携協議開く 全国30都市、近く提言(産経新聞)
新政権人事「適材適所で」=普天間、日米合意踏まえる―菅新首相(時事通信)
「最後まで処理」決意新たに=豊島産廃、調停10年で集会(時事通信)
<詐欺容疑>偽申告で還付金詐取 2人逮捕 愛知(毎日新聞)
AD