5月23日投開票の大阪市議補選福島区選挙区(欠員1)で、自民市議の長男で秘書の太田晶也氏(38)が出馬に意欲を示していることが21日、分かった。自民党府連に公認を求める方針。しかし自民の公認候補が立候補すると、戸惑うのは橋下徹・大阪府知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」に加わった自民党籍の議員たち。維新は独自候補の擁立を決めているが、自民府連幹部の中には「反党行為をした場合は除名もある」という厳しい意見もあり、関係者からは「究極の選択になる」との声があがっている。

 晶也氏は同選挙区選出の太田勝義市議の長男。選挙区定数は2で、当選すれば親子での議席独占となるため世襲批判も想定されるが、晶也氏は「地元出身者として福島区の将来を考えていきたいと思っている。父の後援会の賛同を得たうえで出馬したい」と話しており、自民支部内で調整がつけば、来週にも府連に公認申請をするという。

 市議補選では、維新が会社役員の広田和美氏(46)を擁立する方針で、地域政党の“初陣”としての注目されている。

 維新にはこれまで30人の地方議員が加わっているが、ほとんどが自民出身で党籍を残したまま。自民党籍を持つ維新府議の1人は「過去の選挙では公認候補以外を応援して処分されなかった人もいる。仮に処分を考えているのなら釈然としない」と話す一方、別の府議は「できれば自民の公認候補を落とす選挙にはかかわりたくはない」と打ち明けた。

 補選にはこのほか、民主の国本政雄氏(33)と共産の山田みのり氏(33)の2人が立候補を表明している。

【関連記事】
「大阪都構想に大賛成」 野田義和東大阪市長
橋下府知事「僕の大号令が必要」 市町村への権限移譲
橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し
橋下氏&ヒロシーズ…新党乱立、それぞれの「狙いと勝算」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)
<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン(産経新聞)
<鉄道事故>東武東上線踏切で男性はねられ即死 東京・豊島(毎日新聞)
皇太子さまが奈良をご訪問 大極殿などをご見学(産経新聞)
AD