社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は11日午前の常任幹事会で、外務省の有識者委員会が核兵器持ち込みなどに関する日米間の密約を認定したことに関し、「非核三原則の法制化も展望して、しっかり三原則の堅持を実現していこう」と述べ、将来的な法制化も視野に三原則の堅持を党として主張していく考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

【写眼】北野謙「溶游する都市/Flow and Fusion」(1990年)(産経新聞)
<片山清司さん>十世片山九郎右衛門を襲名へ(毎日新聞)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化-政府・民主(時事通信)
【月と太陽の物語】富士山 「日本一」光と角度で堪能(産経新聞)
阿久根市幹部ら苦悩、市長命令と説明責任の板挟み(読売新聞)
AD