JR福知山線脱線事故(05年4月)で、井手正敬氏(74)らJR西日本歴代社長3人の起訴の可否を審査している神戸第1検察審査会は25日午前、審査を申し立てた遺族3人から意見を聞いた。午後には神戸地検の担当検事からも意見聴取し、近く、最終判断するとみられる。

 申立人からの意見聴取は検審が必要と認めれば可能だが、実際に意見を聞くのは異例。遺族は午前10時半から、同検審がある神戸地裁内の会議室で意見陳述した。一方、午後の聴取で検察官は、井手氏らに事故の予見可能性がなかったと説明するとみられる。

 審査を巡っては遺族ら35人が先月、同検審に意見陳述の機会を設けることと井手氏、南谷昌二郎氏(68)、垣内剛氏(65)の3人の起訴議決を求める意見書を同検審に提出した。【吉川雄策】

【関連ニュース】
福知山線脱線:検審、遺族から聴取へ
JR福知山線脱線:元2部長の不起訴不当議決 検察審
JR福知山線:ATS誤作動で非常ブレーキ
記者の目:失敗から学び、再発防ごう 佐々木洋
兵庫・明石の歩道橋事故:2回目「起訴相当」 初の「市民による起訴」

弥生時代後期の貴重なガラス製、初の「J字」勾玉が出土 松江市(産経新聞)
織田作之助賞 中丸さんらに賞状と副賞 大阪で授賞式(毎日新聞)
19日から迂回路開通=登山道がけ崩れで-鹿児島・屋久島(時事通信)
「夢の原子炉」運転再開へ なぜ遅れたのか(産経新聞)
<1票の格差>2.30倍は違憲状態 東京高裁判決(毎日新聞)
AD