沖縄県の仲井真弘多知事は21日の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、政府が現行計画の微修正を軸とする対処方針決定を目指していることについて「とても駄目だと思う。県外・国外への欲求が盛り上がっているところで、また元へ戻るというのが県内で受け入れられる状況ではない」と強調した。その上で、県内移設は困難との考えを23日の鳩山由紀夫首相との会談で伝える意向を示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

「夢が…」宝くじ販売停止判定でファン悲しむ(産経新聞)
<普天間移設>「政権合意なく問題」福島少子化相(毎日新聞)
ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ
四條畷の女性遺棄事件で身元確認(産経新聞)
患者住所の郵便番号など新たに収集へ―今年度のDPC調査(医療介護CBニュース)
AD