無収入と偽り大阪市から生活保護費をだまし取ったとして、大阪府警西成署は24日、詐欺容疑で大阪市西成区南津守、占師井上時弘容疑者(62)を逮捕した。同署によると「お金が必要だった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、占いなどで得た約18万円の収入を申告せず、2008年2月、大阪市から生活保護費約18万円をだまし取った疑い。
 同署などによると、井上容疑者は09年6月、占師を紹介するテレビ番組に出演。番組を偶然見た市の担当職員が「収入があるのではないか」と気付き、同署に告訴した。
 市によると、井上容疑者は1999年11月から09年7月の間、生活保護費を受給。しかし、実際は女性誌にも取り上げられる有名占師で、同市内に店舗も構えていた。05年5月から09年7月の約4年間で1千万円を超える収入があったことが分かり、市は返還を請求。これまでに13万円が返納された。 

シティ元幹部に脱税容疑=1億3000万円隠し告発-東京国税局(時事通信)
<党首討論>政策論議置き去り 「政治とカネ」新味なく(毎日新聞)
大阪府警、児童虐待事案をデータベース化へ(読売新聞)
富士山の日 山梨で講談の夕べ 神田紫さん初口演(毎日新聞)
団地で火災、女性死亡=男性重体、高齢夫婦か-福岡・芦屋町(時事通信)
AD