6日午後10時50分頃、福岡市東区東浜1の「ニシコービル東浜」の玄関ガラスが割れていると、110番があった。

 福岡県警東署員が駆けつけたところ、ガラスには銃弾が撃ち込まれた跡があり、発砲事件として捜査を始めた。けが人はなかった。

 捜査関係者によると、数回、発砲音がした後、黒っぽい原付きバイクが走り去るのが目撃されている。運転していたのは、男とみられ、黒っぽい上着を着用し、白のヘルメットをかぶっていた。

 ニシコービル東浜は8階建てで、西部ガス(本社・福岡市)の関連会社が入っている。西部ガスを巡っては、2007年2月、北九州市小倉北区の同社北九州支社の新社屋に銃弾が撃ち込まれたほか、同社の本社が入居する福岡市博多区のビルでも発砲事件が起きている。

 06年12月にも新社屋建設に携わった大手建設会社が入居する福岡市中央区のビルが銃撃されており、福岡県警は同社を狙った連続発砲事件とみて関連を調べている。

病腎移植3例目始まる(産経新聞)
「文化の殿堂」厚生年金会館閉鎖 東京、大阪それぞれの「運命」(J-CASTニュース)
BPOが日テレに質問状 「行列のできる相談所」で(産経新聞)
廃業した鉄工所から火災 4棟焼ける 東京・品川(産経新聞)
治療用医療機器部門の新規事業化へ―ゼリア新薬(医療介護CBニュース)
AD