兵庫県は1日、地震速報などを県民にメールで送る「ひょうご防災ネット」で、チリの大地震による津波の瀬戸内海沿岸への到達予想時刻を「(2月)30日13時30分」と誤り、13万人に配信したと発表した。

 直後に修正して混乱はなかったが、井戸敏三知事は記者会見で「単純なミスで、おわび申し上げます」と謝罪した。

 県災害対策課によると、2月28日午前、気象庁から津波到達予想時刻は「28日16時」との連絡を受けた。担当職員は、パソコンに残っていた昨年9月30日のサモア諸島での地震の際に送った文面をコピーし、日時もそのままで配信したという。誤りに気づき、7分後に訂正のメールを送った。

<薬事法違反>バイアグラ広告送付容疑で逮捕 新潟県警(毎日新聞)
調査捕鯨提訴でNZ外相「外交的解決を優先」(読売新聞)
普天間問題 米、1500メートル滑走路を要求 シュワブ陸上案難航も(産経新聞)
揺れる日本の航空・空港政策 ハブ化が停滞(産経新聞)
久保が勝ち1勝1敗=将棋棋王戦(時事通信)
AD