ダウンブログにご訪問、ありがとうございます。

ダウンランキング参加中です。

ダウンポチっとお願いします
 
にほんブログ村  

こんにちは。

新潟市西区の起業支援専門行政書士 播磨史雄
 です。


いつもブログを見て頂き感謝です!


先ほどお昼頃、事務所前を新安保法案に関する反対のデモ行進が通過していきました。国会前では大規模な集会が行われるなどの反対活動が盛んですが、新潟の地でもデモ行進が行われているなどこの法案に対してはかなり物議を呼んでいます。
このまま強行採決となってしまうと安倍政権に対する不信感がさらに高まってきそうな予感がします。


さて、先日、期限付酒類小売業免許申請を行わせて頂きました。

『期限付酒類小売業免許』とは?
ざっくりと言いますと展示場のイベントなどにおいて、臨時的な販売所(ブース)を置き、お酒を販売する際に取得する免許になります。


飲食ブースでビールやワインなどをコップにて提供するのであれば期限付小売業免許を取得する必要はありませんが、販売ブースにてビールやワインを缶やビンごと販売する際には期限付小売業免許を取得する必要があります。


この期限付酒類小売免許の申請を取得するためには以下の条件であることが必要です。
覧会場、即売会場その他これらに類する場所で臨時に販売場を設けて酒類の小売を行うこと。
② 
博覧会場等の管理者との間の契約等により、販売場の設置場所が特定されていること。
催物等の開催期間又は開催期日は、あらかじめ定められていること。
④ 
酒類の小売目的は、特売又は在庫処分等に当たらないこと。

以上4つの条件をクリアすることが必要です。

期限付酒類小売業免許は、事前(原則2週間前)に申請し、免許付与の審査を受ける必要があります。
イベント等が行われるのは、休みや連休が多くある月に通常開催されたりします。イベントを開催するにあたって、原則2週間の申請となると休みや連休に入る前に審査が受けられる様に申請すべきです。

通常、イベントの開催や場所の特定などは開催ギリギリになるケースがほとんどです。
余裕を持って申請をすることが必要です。

また申請期限が過ぎてしまった場合でも一定の条件で免許の取得が可能なケースもございます。
その時は専門である行政書士にご相談下さい。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新潟県行政書士会所属

会社設立・一般社団法人設立、補助金・助成金専門

Asocia行政書士法務事務所

代表 播磨 史雄


住所 新潟県新潟市西区寺尾東3-1-6  

tel 025-201-7514

fax 025-201-7392

mobile 090-7218-8735

e-maile gs230.h@gmail.com

Asocia行政書士法務事務所ホームページ
  http://fumio-h-office.com/

一般社団法人設立専門ページ
http://www.niigata-syadan.com

新潟成年後見相談センターホームページ
http://www.niigata-seinenkouken.com/

Facebook

http://www.facebook.com/?ref=home#!/fumio.harima  

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
にほんブログ村    

AD

ダウンブログにご訪問、ありがとうございます。

ダウンランキング参加中です。

ダウンポチっとお願いします
 
にほんブログ村  


こんにちは。

新潟市西区の起業支援専門行政書士 播磨史雄  です。


いつもブログを見て頂き感謝です!

とはいえ、こちらのブログを更新するのはかなりご無沙汰でございます・・・
自分のページのブログは更新しておりますので、こちらもチェックしていただけたら嬉しいです。
Asocia行政書士法務事務所のブログ


こちらのブログとなんとかリンクできないものか悩み中です(泣)


さて、昨日は新潟県行政書士会新潟支部にて、新入会員向けの新しい試みのセミナーの講師としてお話しをさせていただきました。

お題は『開業してから初仕事を受注するまで』というかなりざっくりとしたお題をいただきました。
一緒にお話しをさせて頂く、トマト行政書士事務所の菊池先生と共に、何を話そうかと事前に打ち合わせをしましたが、話はセミナーの話より雑談が多かったような(笑)
菊池先生は元Web関係のお仕事をされていたとの事で、Web集客などに関して話されると思い、私は自分の実際の体験に基づくリアルな営業で感じたことなど、隣接士業との繋がりが大事なことをお話しさせて頂きました。


諸先輩方もたくさんいて、こんな私が偉そうに体験談を話すのも恐縮な感じもしましたが、セミナー後の名刺交換の際に、とても心に響いたなどと感想をおしゃって頂けたので、安心しました。

私と同じく講師の菊池先生はWeb集客やチラシの効果に対してのお話しもされていて、私もとても勉強になりました。
やはり、同じ士業でも営業方法に独自の工夫やとても勉強されている人の話を聞くのはとても勉強になりますね。

セミナーの後のランチ会もとても和やかに進み、いい雰囲気で終えることができたのではないでしょうか。

東京や大阪の行政書士会では新入会員向けのセミナー等をどんどん行っていますが、新潟でもこの様な取り組みをどんどん行うのは良いことですね。

講師を務めさせていただきありがとうございました。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新潟県行政書士会所属

会社設立・一般社団法人設立、補助金・助成金専門

Asocia行政書士法務事務所

代表 播磨 史雄


住所 新潟県新潟市西区寺尾東3-1-6  

tel 025-201-7514

fax 025-201-7392

mobile 090-7218-8735

e-maile gs230.h@gmail.com

Asocia行政書士法務事務所ホームページ
http://fumio-h-office.com/

一般社団法人設立専門ページ
http://www.niigata-syadan.com

新潟成年後見相談センターホームページ
http://www.niigata-seinenkouken.com/

Facebook

http://www.facebook.com/?ref=home#!/fumio.harima  

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
にほんブログ村  
AD

ダウンブログにご訪問、ありがとうございます。

ダウンランキング参加中です。

ダウンポチっとお願いします
 
にほんブログ村  


こんばんは。

新潟市西区の起業支援専門行政書士 播磨史雄  です。


いつもブログを見て頂き感謝です。


さて、12月に入りましたが、新潟は大荒れの天気です。
風は強いわ、雨は激しいわで外回りは大変です。

周りが慌ただしくなる中、12月になると衆議院選挙があるイメージがあります。
そんなタイミングかどうかは神のみぞしる所ですが、
先日の12月1日に新潟1区から出馬する石崎とおるさんの後援会発足記念パーティーなるものに参加してきました。

内閣府特命担当大臣の石破茂大臣や参議院議員の三原じゅん子さんというメンバーが応援に駆けつけていました。
会場にも1,300人を超える大勢の人がいて、熱気に包まれていました。

石破大臣の講演、石破大臣の話し方、テレビで見たままですが、口調は穏やかですが、強さがあり、内容も分かりやすく、さすが!という感じでしたね。
話し方などは大変勉強になりました。

三原議員は、一昔前のバラエティータレント色が抜けていて、こんな感じだったかな?
という違和感を覚えました。
しかしところどころに出る、語尾の大阪弁のイントネーションが、金八先生時代のあの感じを思い出させます(笑)

ボディーはやめな!顔にしな!
違いましたっけ?

あと11日後でに迫った選挙を戦い抜かなくてはならないので
石崎さんもかなりの熱の籠った決意表明でした。

思えば議員というのは当選すれば天国、落ちれば地獄という大変な職業だと思います。
前回の選挙は自民党にとって追い風であったことは言うまでもありません。
2期目というのはそうとう大変だと思います。

なんとかチルドレンという議員さんたちがいましたが、その中で生き残っているのはごくわずかだそうです。それだけ厳しい戦いだということですね。

天国と地獄!
生き残りをかけての勝負が始まっています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新潟県行政書士会所属

会社設立・一般社団法人設立専門

Asocia行政書士法務事務所

代表 播磨 史雄


住所 新潟県新潟市西区寺尾東3-1-6  

tel 025-201-7514

fax 025-201-7392

mobile 090-7218-8735

e-maile gs230.h@gmail.com

Asocia行政書士法務事務所ホームページ
http://fumio-h-office.com/

新潟成年後見相談センターホームページ
http://www.niigata-seinenkouken.com/

Facebook

http://www.facebook.com/?ref=home#!/fumio.harima  

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
にほんブログ村  
AD

この時期に行っておくこと

ダウンブログにご訪問、ありがとうございます。

ダウンランキング参加中です。

ダウンポチっとお願いします
 
にほんブログ村  


こんにちは。

新潟市西区の起業支援専門行政書士 播磨史雄  です。


いつもブログを見て頂き感謝です。


あっと言う間に11月が終わり、12月になろうとしていますね。
1年があと1か月で終わりを迎えます。
何かしていても、何もしていなくても1年は皆平等に過ぎて行きます。

さて、今年補助金を獲得した方もそうでなかった方もいるかと思います。
当事務所でもやはり獲得できな方案件もありました。
その悔しさをバネに、何故ダメだったのかを考察したりします。

この年末になると補助金の公募も少なくなります。
それは国や自治体の予算が少なくなっているからです。
また来年に向けての予算が現在組まれています。
情報などは公開さているので、チェックしてみると良いと思います。

創業補助金や今年注目された小規模事業者持続化補助金等は予算の規模を大きくして来年も公募があるようです。
12月の総選挙での大どんでん返しが無い限りはこのまま予算は通ることと思います。

申請するポイントとしては、【応募するスピード】が大切になります。
公募が始まってから動き出しては遅い場合があります。
たいていの補助金は公募から1か月程で締め切るケースも多いので、公募から事業の計画を立てては遅いのです。
また、創業補助金や小規模事業者持続化補助金は募集期間が前期・後期の2期に分かれています。
この後期に募集が集中するので採択率が劇的に落ちる傾向にあります。
狙い目は『前期』です。
そのためには早めにスタートを切る!これが重要です。

他の方より有利に事を進めるために、去年の公募要領や計画書をホームページよりダウンロードします。
それを元に事業の計画書を作成してみることをおススメします。
大抵の補助金の申請書は細かい変更はあるもの去年の書式をそのまま当てはめられるケースが多いと思います。
事業の計画を前もって作成しておくことで他の人より募集することが可能であり、先に申した通り、前期の募集が可能なので採択率が上がるのです。


この時期は来年に備えて準備しておくことが補助金獲得の秘訣です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新潟県行政書士会所属

会社設立・一般社団法人設立専門

Asocia行政書士法務事務所

代表 播磨 史雄


住所 新潟県新潟市西区寺尾東3-1-6  

tel 025-201-7514

fax 025-201-7392

mobile 090-7218-8735

e-maile gs230.h@gmail.com

Asocia行政書士法務事務所ホームページ
http://fumio-h-office.com/

新潟成年後見相談センターホームページ
http://www.niigata-seinenkouken.com/

Facebook

http://www.facebook.com/?ref=home#!/fumio.harima  

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
にほんブログ村  
















ダウンブログにご訪問、ありがとうございます。

















ダウンランキング参加中です。















































ダウンポチっとお願いします
































 































にほんブログ村
 

おはようございます。









新潟市西区の起業支援専門行政書士 播磨史雄
 です。


いつもブログを見て頂き感謝です!


今日は久々に新潟は良い天気ですね。
ここ最近は寒かったのでそろそろ雪が降るのかと思い、タイヤ交換を行いました。
いつもお世話になっている方にお願いしたら、洗車(撥水加工付き)で、タイヤのバランス調整までしていただき破格の御値段に驚きました。
本当に感謝しかありません。


さて、昨日ですがとある金融機関さんの支店で補助金に関する勉強会を行わせて頂きました。


助金に関する基礎知識や
この年末になると補助金というのは予算の関係で少なくなりますが、まだ使える補助金の情報や、来年に向けて出てきそうな補助金の情報など余すことなくお話させて頂きました。

最近ですと、創業補助金やものづくり補助金は金融機関の融資を受けることが前提条件の補助金もあり、金融機関さんの方でも補助金に関わることが少なく無いと思います。
また、営業する会社さんにとってもクロージングの際に、有効なツールにもなったりもします。

その際には、お客様に補助金の要件や概要をきちんと伝えることが必要になります。

補助金はあくまでも補助するものであって、それだけを頼りにしていると後で痛い思いをしてしまいます。また、補助金は採択されたらすぐにお金を貰えるわけではありません。
膨大な資料を提出する必要性も生じてきます。

補助金の基礎知識はしっかりと身に付けた上で営業のツールとして役に立てて頂けるとよいと思います。


月末のお忙しいなか、お時間を頂き本当にありがとうございました。
感謝☆















































































































◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

















新潟県行政書士会所属

















会社設立・一般社団法人設立専門

















Asocia行政書士法務事務所

















代表 播磨 史雄


































住所 新潟県新潟市西区寺尾東3-1-6
 

















tel 025-201-7514

















fax 025-201-7392

















mobile 090-7218-8735

















e-maile gs230.h@gmail.com




Asocia行政書士法務事務所ホームページ

http://fumio-h-office.com/















新潟成年後見相談センターホームページ







http://www.niigata-seinenkouken.com/







































Facebook























http://www.facebook.com/?ref=home#!/fumio.harima
 

















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

















 































にほんブログ村