グローバルトラストネットワークス
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-15 18:01:55

熊本にて大きな地震がありました。

テーマ:社会問題について

私の実家のある熊本で大きな地震がありました。

最大で震度7との事で、特に益城町の人は家屋の倒壊など多くの被害が出ているようで残念でありません。

少しでも被害が少なく、復旧が早期に進むことを祈ります。

余震が続いており、ライフラインの復旧や恐怖による精神的な負担もあるとは思いますが、熊本の人の強さで乗り越えて、普段通りの生活に早く戻れることを願っております。

がまだせ!熊本!!
(使い方間違ってたらごめんなさい。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-11 15:46:51

東日本大震災から5年

テーマ:社会問題について

あれからもう、またはまだかもしれませんが、5年が経ちました。


人により色んな気持ちがあるでしょう。


まずは亡くなった方へのご冥福をお祈りします。


またご遺族の方々の心の痛み、または現在でも避難生活を送っている方も、また除染作業等、過酷な作業を行っている方々を思うと心が痛みます。



現在に生き残った我々は、このような悲劇を最小限に出来るように知恵を出し合い、少しでも未来にいい形でバトンをつなげたいと思います。



最近、人類を見渡すとどんどん利己的になっているような気がします。


際限のない欲求に支配されて、人を思いやる心が薄れているような気がします。


それは経済格差やITの進化による対面のコミュニケーションの減少、戦争経験世代の減少等いろいろ要因は考えられます。


今、改めてGTNでは人に対し、思いやりをもって接する社会を世界レベルで構築していきたいと思います。


日本の「おもいやり」や「おもてなし」または「もったいない」と言った誇るべき文化を通して、世界をよりよくしていきたいと思います。


世界中の子供達に希望ある未来を提供することこそ大人の役割で、GTNは心で願うだけではなく、行動を通して実践してまいりたいと思います。



今を生きる大人達には、その責務があると思います。


GTNの挑戦は始まったばかりです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-02-16 14:53:25

外国人市場が活発化してきましたね。

テーマ:社会問題について

いよいよ外国人市場が活発化してきましたね。


ただ外国人といっても中身は相当変化してきているようです。



これまでは中国人と韓国人の北東アジアがメインでした。


しかし、この2015年の春からは東南アジアが主役として台頭してきた年となりそうです。


特にベトナム人とネパール人が増えており、ベトナムとネパールで中国人留学生に匹敵する数になりそうです。


当然、非漢字圏となりますので日本語力が相当レベルが落ちます。


更に中韓よりも経済格差が増し、より高レベルな対応力が必要になります。


そして言語も文化もこれまでと違いバラバラになります。

この複雑化したノウハウに自社で立ち向かうのは正直大変になってきております。


ただその人たちも日本語を学び、リスクを背負って日本を夢見てくる仲間たちです。


大変なこともあるでしょうが、日本人としてしっかり受け入れたいと思います。



GTNはこのより高度になった外国人市場をシンプルにしますので、安心してください。


GTNがこの高度になった外国人市場をシンプルにする責任があると考えております。



東南アジア市場は現在、最も成長性のある市場ですので、この市場を排除することはできません。


賃貸住宅市場が安心して東南アジアの方々に部屋を貸せるようにGTNは日々進化しておりますのでお任せください!


毎年この時期は日々ワクワクします!



外国人専門の携帯電話・格安SIM「GTN MOBILE」


もだいぶいいサービスになってきましたので、興味がある方は!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-11-10 16:22:23

いい就職とは?

テーマ:社会問題について

休日中、撮り溜めた番組の中でNHKの「ソウル白熱教室」を見ていました。



ソウル大学生活科学学部の人気教授キン・ナンド氏の講義です。


最近の日本の就職環境はよくなってきていますが、ソウルの就職環境はかなり厳しく大卒の就職率は50%、ソウル大学でも70%となっており、数字だけをみると相当厳しい指標ようです。



ただ大きな社会問題として韓国の厳しい受験競争の中を勝ち抜いた人たちとしては、親の期待に応えるためのメンツからか、会社のブランドで企業を選び、それに該当しない会社にはなかなか就職しないという気持ちが働いてしまうようです。



日本にもありますが、韓国では最初の就職で人生が決まってしまうという過度な意識が就職率の低下を招いているとの指摘です。



なので大手企業もしくは公務員に就職するために「スペック」と呼ばれる資格や実績の積み上げ競争を行っています。


そしてその競争に敗れたものは人生の敗北者として自責にかられる若者が続出します。


しかし、キムナンド教授は、「あなたにとって人生のピークはいつですか?」と学生に問います。



そして、ほとんどの学生が人生の晩年にピークがあると答えます。



つまり晩年にピークを持っていくために若者は自分が成長できる環境にこそあえて飛び込めばいい。


キムナンド氏の代表的著書「つらいから青春だ!」はベストセラーとのことですが、その中には



韓国で初めて男女共学高となったコチャン高校が創立時より掲げている



『職業選択の十戒』


というのがあるとのこと、そこには


1.給料が少ないほうを選べ!


2.自分が望むところではなく、自分が必要とされるところを選べ!


3.昇進のチャンスがほとんどないところを選べ!


4.すべて条件がそろっているところは避けて、イチからはじめねばならない荒れ地を選べ!


5.先を争って人が集まるところには絶対に行くな。だれも行かないところに行け!


6.将来性がまったくないと思われるところに行け!


7.社会的な尊敬が期待できないところに行け!


8.真ん中ではなく、端に行け!


9.両親や配偶者、婚約者が命がけで反対するところならまちがいなし。疑わずにいけ!


10.王冠ではなく断頭台が待つところに行け!



普通に考えるとちょっとびっくりしますね。



韓国の学生の多くの悩みは、親の期待、アドバイスと自分の夢はどちらを選べばいいですか!?



という悩み。



実際、この質問が一番多いみたいです。



しかし、この職業選択の十戒でははっきりと「両親が反対する所にいけ!」と言い切っています。



それも強烈なまでに。。。



つまり親が行けというところは、子供が厳しい環境に行かないように苦労しないようにと願いアドバイスするものです。



まさに親心ですね。



それそのものは尊いものです。



しかし、それが本当に子供のためなのか?



最初の自分の人生が決まるのではないということ。


そのあとの人生の方がはるかに長いし、晩年の人生をピークに持っていくには最初の会社は、自分を成長させてくれる場所という位置づけで行くべきであるとのことでしょう。


人生を焦ってはいけません。



かく言う私も人生を焦って生きてきたかもしれませんが、その時々、時代しか感じることができない素晴らしい人生を噛み締めながら階段を上がっていくことの大切は最近すごく感じます。



なのでグローバルトラストネットワークスのメンバーには成長と今を楽しむこととを両立できるような環境を提供できればと頑張ろうと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-10-22 11:22:35

うちわで辞任って・・・。

テーマ:社会問題について

久々に政治に関して思ったことを書こうと思います。



せっかく出ていた経済回復の流れを止めてはいけないと思いますし、今回アベノミクスが失敗すれば日本に対する失望は計り知れない。



政治家は国益を考えて行動して欲しいですね。



小渕優子氏が大臣を辞任したこと、これは小渕氏に限らずこれまでの議員慣習としてあったこと。



特に小渕恵三総理大臣の頃からあったことなのだと思う。



その地盤によって26歳で国会議員に当選した小渕氏は、言われた通りにやってきたんだなと改めて思う。



彼女の管理問題と切り捨てれば簡単だが、政治家の活動のあり方まですべて見直すべき事象だと考えます。



報告書に記載していないが、もっとひどい政治家がたくさんいることは間違いないと思う。



まあ彼女は一から勉強して主体的に政治ができる人間になった方がいいと思います。




さらには松島みどり氏がうちわで辞任とのこと。



そこですか・・・。



その追及する蓮舫氏もうちわを配っていたが、棒がついてないので自分は大丈夫だと言い切る。



そして松島大臣は辞任・・・。



棒がついていようといまいがうちわはうちわ。



うちわをもらったから「この人に投票しよう!」とはならないのでどうでもいいのではと思う。



また松島氏が避難されるなら蓮舫氏も同時に批難されるべきだと思いました。



政策のぶつけ合いということを日本の野党はやらない。



揚げ足取りばかりやっている民主党を筆頭とする野党のレベルの低さに日本の選挙のあり方に疑問をもってしまう。



選挙区にお金を落とすことばかりで国政を考えてない政治家をどう排除すべきか考えていくべきだと考えさせられました。



政治でも政治と関係のない所で揚げ足取りばかり、ビジネスの世界でも関係のない所での揚げ足取りはあると思いますが、そのような人や組織には明るい未来はないと思います。



私は好き嫌いで判断したり、人を揚げ足取る人、政治的な人が一番嫌いです。



正々堂々、人が頑張っていたらもっと頑張って認め合い、高め合うことができる関係で、常に個人ではなく組織のビジョンに貢献することを第一に考える組織でありたいし、そのような人間が人をマネジメントするポジションにつくようにと日々チェックしています。



GTNは人に自慢したいくらいいいチームですが、もっともっとよくするために更に人づくりが重要になってくると思いますので、私も頑張ります。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。