グローバルトラストネットワークス
2012-11-28 18:11:04

講師をしてまいりました。

テーマ:後藤裕幸の日記

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会で取り組み始めた


『外国人住生活アドバイザー会員』


という登録制度。



イチイの荻野社長やクオリスコミュニティの小林社長を中心に手がけている制度です。



イチイの荻野社長は長年にわたって外国人の賃貸問題に取り組んできたパイオニアです。


常に時代を変えてきたのはグローバルな視野で物事を考えてきた人たちです。



もっともっと不動産業界の方達が外国人に対してポジティブに受け入れ態勢を構築できるようになればと、私も講師として45分ほどお話してきました。



こういう活動の積み重ねが不動産業界が外国人に対してより門戸を開くきっかけになると思います。


私個人としては短い時間で伝えたいことがどこまで伝わったか分かりませんが、朝から夕方までの長時間の講習の一部でしたので、誰も「寝かせないっ!」という思いで話をしました。


日管協の皆様、荻野社長、小林社長、このような機会を頂きありがとうございました!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-23 12:43:35

ベンチャーをこよなく愛した男

テーマ:後藤裕幸の日記

大阪に本社を構えるエンゼル証券、エンゼルキャピタルの細川信義氏がお亡くなりになられた。



いつもキャリーバックを持って東京、大阪を中心に日本中を駆け回っているアクティブで個性あふれる方でした。お亡くなりになるギリギリまでキャリーバックを持って駆け回っていました。



お亡くなりになる3週間ほど前、私が電話をした際の声は元気なように思えました。



「お前の事業は日本社会に必要な事業だからもっと国を巻き込めるように営業してやる」


と言ってくれていました。


そんな矢先の訃報に衝撃をうけました。


当然本人は病気に関する自覚があった上での行動や言動だったのです。


FBで『「経営者は会社の事を思えばもっと病院にいくべき」という日経トップリーダーの記事と共に自分も反省しなければ』との書き込みをしたら、細川氏から11月3日に「反省して下さい」というコメントを頂いた。


今思えばお亡くなりになる2週間前の重い書き込みでありました。



細川氏が代表を勤められていたエンゼル証券及びエンゼルキャピタルは社名のとおり、アーリーステージのベンチャーに投資する最も難しい投資を日本に少ないエンゼル投資家に代わって長年にわたり投資してこられたベンチャー業界を代表する方です。


数多くの上場企業に設立まもない時期から投資をしてきた方です。


投資家というよりも本当にベンチャーが好きで、ベンチャー企業を育てる事が大好きな方だったと思います。


22日 告別式に会社を代表して行ってきました。


弊社もお花をおくりましたが、もう著名な方々からの花が会場から溢れて、外にもたくさんのお花であふれかえっていました。更に告別式中も外に数多くの人でいっぱいであふれかえっておりました。


細川氏がいかに多くの方々と交流が深かったかがわかります。


ベンチャーをこよなく愛した重要な方がこの世を去りました。



GTNも含め、細川信義氏がまいた種は今よりももっともっと大輪の花を咲かすと思います。


私も細川信義氏の思いや言葉を肝に銘じ、これから生きてまいります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-05 15:59:59

人は評価と反比例して謙虚にならなければならない

テーマ:後藤裕幸の日記

若いときは威勢が良かったり、自信家であることは「面白い」とか「やる気がある」などと周りは評価してくれることが多い。


本人のその言動行動が評価されていくことで、その自信はより深まる。


なのでより自信に拍車がかかる。


これは自然の流れであります。



しかし、不思議なもので、実績と共に自信が積み上がるとそれが横柄に見えてしまう。


実績がないという中での自信は自然と謙虚さも内包させているかもしれない。


つまり、


「無実績=謙虚有」

   ↓

「有実績=謙虚無」


という流れになってしまうのかもしれない。



本人にはその自覚症状がないことが多いので、盲目にその過信した状況に何の疑問も抱くことはない。


むしろ、実績があるのだから偉そうにして当然とさえ思っているかもしれない。



しかし、松下幸之助氏も本田宗一郎氏が晩年、偉そうにしていたであろうか。

偉い人というのは、偉くなっても偉そうにした人ではないはずであります。



松下幸之助氏は、晩年、社員の前で涙を流し感謝を述べたそうです。



我々経営者は会社が大きくなったり、または就職している人は出世したり、周りに評価されたりする事で、自信を深める事は大事です。


しかし、謙虚さ、素直さを変わらず持ち続けなければ道を誤ってしまいます。


私なりに言い換えると、


「人は評価と反比例して謙虚にならなければならない」



これは誰が作ったものではありませんが、私の人生の中で大事にしている思いです。



社内社外かかわらず、謙虚な気持ちが大事です。

素直な気持ちがない人間は、それがその人の限界であります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。