グローバルトラストネットワークス
2012-07-28 17:39:49

スペインに勝っちゃった。世界は?

テーマ:後藤裕幸の日記

オリンピックが始まりました。


この日のために熾烈な競争を勝ち得て勝ち残った者たちが見せる最高の舞台。


先陣を切ってスタートしたなでしこジャパンも素晴らしかったが、FIFAランク1位のスペインといきなるぶつかることになった男子サッカー日本代表。


スペインはユーロ優勝メンバーを3名OA枠で使って本気モード。U-23のアルバやマタもユーロ優勝メンバー。


日本は香川を招集せず、OA枠も実質2名しか使ってない。


日本も欧州組は多いが、チェルシー・バルセロナ・レアル・マンUなどのビッグクラブに所属するスペインからすれば、名前負けしている間は否めない。


しかし、試合がはじめっていくに連れて、日本のプレッシャーにバックパスで逃げるスペイン、本当にあぶないシュートはマタのミドルシュートぐらい。


なんかいい試合してないか!?と思っていたら、DFの背後から飛び出した大津がシュート!


まさかの先制点。


私はW杯のデンマーク戦の本田の無回転FKでのゴールの時、以来の興奮状態!やった!


それからはニュースでも取り上げられていたように再三の決定機を逃し、ドキドキしながら時間が過ぎるのを祈るばかり。


そしてタイムアップ!


世界が騒然とした番狂わせ!


内容、結果共にスペインを上回った。



この一戦を世界は、どう報道したのか!?


フランス「日本はキャプテン翼が3人いた」

スペイン「日本の最前線はNINJAだった」

ロシア「日本艦隊が無敵艦隊を撃破」

中国「戦艦大和が無敵艦隊を沈没させた」

ドイツ「だから香川を手放すなと言ったのに」

韓国「嫉妬するほど完璧だった」

イギリス「日英同盟を締結した先人は偉大だ」

中国「我が国とは数光年の距離がある」

スペイン「見ていて壮観だった」

韓国「衝撃的な結果」

スペイン「グラスゴーの屈辱だ」


という報道があったみたいであります。


国によって表現が違い国柄・背景が垣間見れますね。



なでしこジャパンの衝撃もそうですが、着実に日本サッカーが成長していることが結果となって出てきた現状をうれしく思います。


川淵チェアマンの100年構想が実を結び始めたのだと思います。


マイアミの奇跡のような超劣勢&ほとんどオウンゴール、川口の神がかったファインセーブに救われ、本当に奇跡の勝利。



今回は違います!違うんです!実力なんです!



ただ、これからはしっかり研究されてくるので、もっと難しくなることが予測されますが、期待したいです。


大のスポーツ観戦好きの私です。


この期間は私にとっては最高の期間です。



さあ、今日もなでしこ、さらに柔道だ!


応援頑張ろう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-21 19:39:25

3倍速経営へ!

テーマ:後藤裕幸の日記

人は変わらることを躊躇う。


それが普通です。



しかし、グローバルトラストネットワークスは常に変わろうとする。


素晴らしきかなGTNの経営陣は常に変わり続けようとする。


社長である私ですら驚くスピードで。


絶え間ない、連続性のある進化のための勇気。



デファクトスタンダードを構築しようとするイノベーティブな発想。



安易な発想に流されない複雑なパズルを着実に積み上げる信念。



6年をかけて土台は出来つつある。



7年目、さあ、新しい階段を登ろう!



GTNの遺伝子が増幅する仕組みを構築しよう!



社内におけるトラストネットワークス(信頼網)の構築を進めよう!


そしてそれを世界中に広げていこう!



グローバルトラストネットワークスは3倍速で変化し続けます。




人生の大切な時間を共有するメンバーへ


あなたたちを心から信頼します!

歩いてる暇はない、走ろう!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-13 14:30:30

「いじめ」問題を考える

テーマ:社会問題について

いじめは昔からある。


いじめは無くならない。



確かに犯罪が無くならないのと同じで、人間から憎しみ、嫉妬、軽蔑、差別などの醜い心がなくならない限り無くなることはない。


私もいじめというか集団での暴力や無視等を受けたことはある。


というか前にも書いたかもしれないが、私は今までそういったいじめによって2度自殺を考えたことがある。


中学時代、浪人時代である。


けど私には結果死ぬ勇気がなかった。(他には親の事を考えると出来なかった。)


結果として私はそのおかげで今を生き、多くの仲間に囲まれ、幸せな人生を送っている。


あのつらい日々があるから、当たり前のことも幸せと感じれる自分がいる。



大津市の少年ももし生きてくれていれば、人の痛みをわかる優しくも強い素晴らしい人間として幸せな時間を過ごすことが出来ただろう。


彼には死ぬ勇気があったばかりに・・・。




1億%今回の大津の自殺はいじめによるものである。


因果関係は確認できないなどよく言えるものである。


校長、教育委員長、担任の教師は即刻クビにしたほうがいいし、刑事事件として立件したほうがいい。


大津市は即刻賠償し、全容を解明し、二度とこのようなことが起きないように文科省を交えて第三者機関による判断を義務化する法律を制定し、過去の裁判においても振り返って各地方自治体の判断で賠償と謝罪をしたほうがいい。


いじめを受ける人のイメージは、弱そうな人のイメージがあるだろうが、決してそうではない。

誰にでも突然やってくる可能性がある。


実際、大津市の部活にも所属し、彼は面倒見のよい先輩だったとの事。

半年くらい前から突然友人たちからいじめられるようになったとのこと。

何かをきっかけにエスカレートしていったのだろう。


いじめられている時に客観性などない


ましてや学生時代や田舎の人間は世界が狭い。


その生きている小さな世界がすべてだと勘違いをしてしまう。


70億分の数百人の世界でしかないのである。


でもそこから逃れる術を知らない。


特に学生にはどうすることもできないと思ってしまう。


でもいじめを受けているその小さな世界で生きる必要性などないのです。


無理なら別の世界にいけばいいのです。


私は大人になって知ったのだが、いじめのない世界は存在するのです。


少なくともいじめが起きても助けてくれる正しい仲間や大人が必ず居るはずです。


すべての親に言いたいのは、怠惰による不登校は厳しく怒るべきですが、いじめの事実を認識している状態で本人が学校に行くのを嫌がっているのを感じたら無理に学校に行かせる必要はないのです。


責任感のある子であれば尚更です。


マイナスになってしまった状態を個人でプラスに変えるのは大変です。


せめてゼロの状態からやり直させてあげる手助けを親はしてあげてください。


国内でダメなら親は心配でしょうが立派な学校でなくてもいいですので、留学させて上げてください。




日本は約毎年4000人に1名が自殺する自殺大国です。


東南アジアや南米等の陽気な国では自殺はめったにありません。


そこでは笑顔で満ち溢れています。


そんな世界を見せれば希望が湧いてくるはずです。





私は今回の件で知った教育の現場と社会常識の乖離は、少なくとも私の中の常識との乖離は、想像を絶するありえないものでした。


ガラガラポンで教育改革をしないといけないと強い危機感を抱きました。


今一度教育者が聖職者と言われる存在に高めるために。


少なくともあの教育長、校長がこのまま居座るとしたらそこに正義はないと思います。




いじめが非日常ではなく日常化したこの国では本気で対策が必要です。


そして少年法改正議論も本格化するべきではないでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-07 18:49:16

無限大の可能性

テーマ:後藤裕幸の日記


「こいつらすごいっ!」


っていう感覚をGTNに最近特に持つようになってきた。



ひとりひとり誰一人としてまったく無駄なく、優秀なメンバーがいる。


お世辞でもなく、本当に素晴らしいメンバー達だと思う。



個々人悪い所を探せばあるだろうが、それを凌駕する強みを持つ。


誰一人として同じような人格がいない。


誰一人として嫉妬や妬みなどの思いを持つものはいない。


そんな超個性ある人間たちがビジョンのもと一致団結して目標に向かって走っている。



ひとりひとりがもっと成長していったらいろんなことが出来そうだ。



私は彼らがやりがいを持って働きやすい環境を用意しよう。



みんなの方向が間違っていたらその時は教えてあげればいい。




こいつらの個々人のポテンシャルは無限大だ。


伸びしろは凄まじい。



心の美しさと努力する気持ちと自頭の良さはピカイチのメンバーだらけだ。


あとはビジネスにおける考え方や新たな知識と経験をセットアップすれば、どんどん伸びていくだろう。


そういう機会をどんどん設ければいい。


まっすぐ無駄なく走れる環境は少しずつできてきた。



私自身も、もっともっと経験と知識を高めなければ。


素晴らしいメンバー達のリーダーとしてふさわしい人間にならなければ。




私は2年前の夏、ワークショップでどんなリーダーになりたいのか!?と役員達に言われ、


劉備玄徳


と答え、「えっ!」という反応されたのを覚えている。



素晴らしい優秀なメンバーに囲まれて、強い絆で結ばれている、お互いをリスペクトし合い、高め合える同志達の集まり、そんな世界、集団を作り上げるリーダーになりたいと思います。



日本のある総理大臣は

「最小不幸社会」

という目標を掲げたが、


私はGTNに関わるみんなと

「最大幸福社会」

を創りあげたいと思います。


お金は幸福の要素の一部ではあるが、それ以外の比重は大きい。



お金の為に働くと思うから不幸になるのであって、


「社会に価値提供して社会に必要とされる人間になる為に頑張るんだ!」


「自分の周りの人たちに認められたいし、幸せにしたい!」


などと思えば、働くことの意味が見えてくるはずなのに。



それをちゃんと理解させれば生活保護で儲けようとかそれを羨ましいと思う人もいなくなるはず。



そして若者は未来に向けて努力することが出来ると思う。



違う年に違う場所で違う環境で生まれた者達が出会い、心を共にし、一緒に手をつないで走る。


それが会社、企業、集団です。



もっともっと頑張らなくちゃ!


よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーし!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-07-03 16:47:20

次世代を創る30代経営者になろう!

テーマ:プレスリリース(メディア掲載)

ビジネスチャンス 2012年8月号で


「次世代を創る30代経営者50名」


というすごいテーマにも関わらず選んでいただきました。


この場を借りて感謝の意を伝えさせて頂きます。



日本の国際化に貢献するGTN社長のブログ


このテーマに恥じない結果を必ず出せると思っております。

少なくともGTNのメンバーはそう思っていると思います。


GTNは日本の国際化を促し、日本の正しい方向を指し示す会社となり、世界とのつながりを促し、手を取り合うことで世界平和に貢献します。


毎回日本コンピュータダイナミクスの下條会長が世界平和に乾杯をするのですが、そのレベルに早くたどり着きたいものです。




さあ、7月になりました。


グローバルトラストネットワークスも第7期に突入です!


昨日、新入社員2名も入社し、いい年になりそうな予感です。



GTNを利用する管理会社が高入居率を達成したという言葉を最近聞くと本当に嬉しいです。


まずはGTNと管理会社が2人3脚で外国人入居を数多く、またトラブルがなく安心して貸せる社会を作り上げるのです。


管理会社の方々にも社会貢献している感覚と会社の成長に外国人入居者が寄与している感覚を共有できればと思います。


GTNのらしさという感覚をGTNメンバーにも広がり共有できるようになってきた気がします。


GTNを設立してよかったあとしみじみ思うのです。


素晴らしい外国人の方々、素晴らしい管理会社の方々、素晴らしいメンバーに出会えたことに感謝です。


第7期、今期も何卒よろしくお願い致します!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。