世界で一番ハッピーなぐ・ぱんだ

(旧)グローバルなパンダを目指して上海留学へ


テーマ:
世界一高いという台北にある「台北101大樓(台北国際金融ビル)」に行ってきました。
台北市にあるこのビルの高さは508mで、マレーシアの452mのペトロナス・タワーを抜き、今は世界一の建物となっているそうです。 

が、しかしその世界一の地位を保てるのは、時間の問題のようで、どんどん「台北101大樓」よりのっぽなビルが他の国々で今建築中とのこと。そんなにみんながんばらなくても、と個人的には思うのですが・・・

が、肝心のビルの展望台は一般には、開放しておらず、101階の景色は見れなかったので、地上からその高さを味わってきました。「ちっ、意味無いじゃん」と思いながらも、写真でみるのと実際にみるのではやはり迫力が違いました。

以前は、まったく未開発だったエリア一帯は、台北市政府ビル、貿易センタービル、グランドハイアットホテル、ワーナービレッジや三越百貨店とモールがあり、一気に整備され、日本の六本木ヒルズを彷彿させます。

それにしても、「台北101大樓」への台湾人の思い入れはずごい。わが国の誇り!という感じで、語るのです(笑) そんな私も、このビルの地震対策の設計及び工事に我が日本の会社も関わっていると聞いて、心の奥底で、「ふっふん~! 日本の建築技術はすごいだろう!」と、誇りに思ってしまうのでありました。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
台湾に来てから、約1週間。やっと頭の中のOSが北京語モードになったので、 スマトラ島沖地震のニュースを観てます。お国柄が違うと、ここまで報道の仕方が違うのかと、びっくりしています。

今回、台湾の青年が地震の津波で亡くなったニュースを観ていて気が付いたのですが、どの台湾のテレビ局も、残された青年の家族の悲しさをとくとくと訴えるのです。

例えば、青年の写真を握り締めて泣き叫んでいるご家族のシーンや、涙を流しながら放心状態でいるご家族のシーンが、メインに放映されていました。

その中でも驚いたのがアンカーマンの締めのコメント。

「彼の父親にとって初めての海外旅行がなんと、自分の息子の遺体を引取るための旅になってしました。一家の稼ぎ頭であったその青年がいなくなったあと、残された家族はどうやって、生きていけばいいのでしょう。」とニュースを締めくくったのです。

ジャーナリズムとは、ニュートラルな立場で事実を客観的に伝えるべきものだと思っていた私にとっては、久々のカルチャーショック。

被害者の家族が、家の中でショックのあまり泣いているシーンなんて、日本でもアメリカでも絶対に考えられないですよね。そういえば、イラクで韓国人青年が誘拐されて殺害された事件でも、青年のご両親が、悲しさのあまり泣き叫んでいるシーンがあったような。

台湾も韓国もメディアのカメラの前で、感情を吐露することにきっと抵抗が少ない文化だと思いました。

違いがおもしろいので、よくよく他のニュースを観察して見ると、病院のベッドの上で呼吸器を付けて横になっている患者さんとか、手錠をかけられている犯人の手首とか、日本では、個人の尊厳で守られている部分が、報道されているのです。

日本だと当たり前に守るべき個人の権利や尊厳では、ちょっとお隣の国に行けば、21世紀でインターネットや飛行機で近くになっているとはいえ、こんなにも解釈が違うだと、改めてびっくりした私でした。       

最後に、心から地震で亡くなった方達の冥福をお祈りいたします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
1歳年上の従兄弟に息子が生まれて、今日でちょうど1ヶ月。

今日、「満月」と言われるお祝いに行ってきました。 台湾では、第1子が生まれて1ヵ月後(「満月」)のお祝いするそうで、特に男の子だと必ず行うらしい。

都会の台北はわからないけど、特に祖母が住んでいる鶯歌あたりでは、まだこのような風習がまだ根強く残っているらしい。 おそらく日本でいう内祝いにあたるものだとおもう。

通常、出産祝いには、純金のアクセサリーか一番伝統的な贈り物とされています。 もしくは、「紅包」といわれる赤い封筒に現金を渡すらしい。 ちなみに中に入れる相場は、私もわからないです。(ちなみに「紅包」は、結婚祝いやお年玉としてもつかわれます。)

最近は、日本みたいに物を買って贈るのもよくなったみたいで、私と母は若夫婦には、「花より団子」の方がいいだろう、という事で子供服にしました。

満月のお祝いは、鶯歌のダウンタウンにあるレストランで行わました。叔父と叔母にとっては、初の内孫でそれも男の子。

かなり気合いをいれたらしく120人を招待した披露宴で、こじんまりしたお祝いかと思っていた私はかなりびっくり。 120人といえば、日本だと結婚披露宴なみの人数?

で、ふと思い出したのが、「眠れる森の美女」のお話。 お姫様が生まれたときに、盛大な披露宴を行ったのにも関わらず、すっかり例の魔法使いを招待し忘れて、のろいをかけられていたから、かわいい孫のためには、思いつく限りの人を招待したのかしら・・・と、思ってしまった。

「出された料理は、なにも聞かずに食べる」台湾で中華料理を食べる時の私のポリシーである。 なのに、今回すっかりそれを忘れて聞いてしまったのだ。 聞かなければおいしく食べて終わっていたのに・・・という数々の後悔から得た処世術だったのに。 

お料理に勾玉みたいな形のものがだされて、ついついブログのネタをさがしていた私は、聞いてしまったのだ。 な、なんとそれはオスの鶏のタマタマだったのだ。 さっきまで美味しく食べていたのが、一気に消え、また食べれないものを1品増えてしまったのでした。

台湾は仏教徒で精進料理の人が多いので、きちんとベジタリアンコースのテーブルが用意されていました。

それにしても、びっくりしたのは1コースのお皿の数。 両方のコースも、「おいおい、わたし達は人間なんですが・・・」って言うくらいの量。 スープだけでも3種類。通常の胃袋を持っている私達は、健闘した甲斐もなく半分以上残してしまいました。

ユニセフあたりが怒りそうな話ですが、これもまた台湾の風習で、ちょっとあまるくらいの料理でお客様をもてなすのはとても失礼にあたるらしく、たっぷり余らせるくらいのお料理を準備しないといけないらしい。

でも最後残ったお料理は、レストランがきちんと包んでくれて、招待客はそれをお土産にもって帰れるしくみになっていました。 さすがチャイニーズ。 鶏肉でも豚肉でも全ての部位を無駄なく使いきる民族がそんな無駄をするわけないと、妙に納得してしまった一日でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、台湾に遊びに来ています。
東京から来ると、とても暖かく南下したのが実感できる感じがうれしいです。

台湾人を母に持つ私は、台湾の台北県にある鶯歌で生まれました。ここに来ると、母方の親戚がたくさんいて、いなかに帰ってきた気分です。

2ヶ月前から、会社からこのクリスマス&お正月休暇をもらっていたので、今回辞めることになっても、涼しい顔をして来てしまいました。

12月23日から1月4日たっぷりと、上海留学の準備を台湾でせねばです。

それにしても、しばらく北京語を話さないだけで、ちょっとした単語が出てこなくて、おいおいこれで上海大丈夫かなっと自分で自分につっこみを入れている感じです。

まあ、完璧な北京語でないからこそ、お勉強しに行くわけですしね。(←ちょっと自分に甘えてみました。)

実は、今日ほくろを取ってきました。

ことの発端は、口元にあるほくろ。3ヶ月くらい前に、とある台湾有閑マダムに、「あなた、そのほくろ取った方がいいわよ。よくないわ。」と言われ、渡されたのが、顔の部位別にほくろの意味がかかれているイラストをもらった。

それによると、私の口元の2つのほくろは、ひとつは「貧」、もうひとつは「衣食貧」。この時、今までの自分が無駄づかいしたことはさておき、自分の金運の無さを、自分の口元のほくろに全部責任転嫁をしたのです。

親戚の叔母さまが、美容サロンを開いているのをいいことに、さっそく今日いって取ってきてもらいました。オーナーの叔母さまに見てもらうと、「あら、あなた肩にも3つほくろがあるのね。これ取った方がいいわよ。ストレスが溜まるから良くないわ」との事。

どうやら台湾では、肩にほくろがあると、ありとあらゆる重圧を背負う意味らしい。なんとこれまた直接的な。とても素直な私は、言われた通りに口元と肩のほくろをいっきに取る事にしました。

最初、2秒ほど麻酔の注射を患部に打たれるときは、ちょっと痛いけど、そのあとのレーザーは「パチ、パチ」っというだけ。ものの15分くらいで終わってしまいました。

今は、ちょっとかさぶたができていて、ぱっと見では、普通にほくろがある感じです。かさぶたが取れて、きれいになくなるのはあと1週間。東京に帰るまでは、なんとかおNewな私は完成しそうです。

で、問題の金運ですが、まだ当日なのでわかりませんが、何か大きな変化があったら、お知らせします。 ちなみに、今回のもろもろのコストは、なんとたったの500元(1500円くらい)!!! 知り合いということもあっての、ディスカウントをもらってしまいました。

これって、ほくろ効果かしら?と、思ってしまう単純なわたしでした。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。