世界で一番ハッピーなぐ・ぱんだ

(旧)グローバルなパンダを目指して上海留学へ


テーマ:

リサが上海に来てから、もう4日目。

毎日夜2時まで、ぎゅうぎゅうにスケジュールを詰めて遊んだので、私も彼女もちょっぴりお疲れ気味です。

そのおかげで、おさえの観光スポット以外に、もうひとつのインターナショナルな上海に出会えました。


二人とも何処からみても、アジア人の私たち。 なのに、英語で会話しているのが、珍しいらしく、いろんなところで、話しかけられ、新しい出会いがあったのです。


私のように日本人とチャイニーズのハーフやクォーター、アメリカ育ちの台湾人・香港人・上海人、挙句の果てには、私とリサと同じオレゴン大学卒のアメリカ人まで、出会ってしまいました。


risa1


やはり世界で経済や文化をリードしている人達の共通語はなんだかんだいっても英語。 その人達と出会って、改めて世界トップレベルの人材や、Moneyが、上海に集中していることを、実感し、上海に来て3ヶ月、初めてインターナショナルな部分を垣間見た感じでした。


日本語を話す私。 北京語を話す私。 英語を話す私。 どれも、同じ私なのに、英語を話すだけで、一気に出会う人々が増え、変わり、改めて"英語"の大切さを再確認しました。


話す人数だけからすると、世界でNo.1の中国語(北京語)。 5人いたら、1人は話せるはず。 でも、残念ながら、中国語でしか得られない情報は、まだまだ中国の歴史、文化、経済、市場の動向だけ。


アメリカやイギリスに限らず、世界の重要な情報は、英語に集約されている事実。 極端に言えば、英語に翻訳されていない情報は、それほど重要ではないと、言い切ってもいいくらいかもしれない。


日本人でも、中国人でも、アメリカ人でもない私。 アイデンティティーが、一言で言えない辛さに、自分のバックグラウンドが嫌になったことも。 でも、上海に来て、自分のバックグラウンドのおかげで、様々恩恵を受けられた私。 いかに自分が恵まれているか、実感できました。


「教育が、一番大切な投資。 幸せへの近道のはしご。」と口癖だった母親。 日本の大学の何倍のコストをかけても、アメリカの大学に行かせてくれた事に、心から感謝。


少しは、グローバル化したパンダに近づいたかしら?

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

人生で一人出会えたらラッキーなベストフレンド。

私のベストフレンドのリサが、明日上海に会いに来てくれる。


彼女との出会いは、オレゴン大学。

彼女は、タイからの留学生で、夏休みに一緒の大学準備の語学学校で会った。


最初は慣れない英語での会話で、四苦八苦だったけど、すぐに意気投合。 4年間の大学生活で、いつも一緒の大の仲良しだった。 


一緒に徹夜して勉強したり、旅行したり、恋の相談をしたり、ラブレターを書いてもらったり、楽しいことも辛いこともいつも一緒だった。


日本人の友達の誰よりも、一番私のことを理解してくれた彼女。 同じ価値観を持っていた彼女。 タイ人とはいえ、3代目華僑のリサ。 半分チャイニーズの私。 どこからしら、チャイニーズの部分で、ひかれあったのかもね?と、よく冗談を言っていた。


大学卒業と同時に離れ離れになってしまった私たち。 当時故郷の日本に戻ってきた私はひどいホームシックにかかっていた。 当時付き合っていた彼やリサと過ごしたオレゴンは、わたしにとっては故郷になっていた。 キャリアのためとはいえ、大切な人達とのトレードオフだった。


去年の11月。 私はバンコクで行われるリサの結婚式のブライドメイトとして、彼女と再会した。


 一瞬、故郷に帰ってきたような錯覚に陥った。彼女とは数年ぶりの再会だったけども、すぐ離れていた時間を埋めることができた。 離れていても、同じような悩みを抱え、乗り越えていたことを知り、苦笑した。 彼女の家は、大学時代に遊びに行った時のままだった。彼女の家族も変わらない笑顔で、暖かく歓迎してくれた。 


彼女の家のすみずみに、大学時代の思い出が詰まっていて、フラッシュバックのように、当時のことを思い出し、涙がでた。 当時仕事をしてとてもアンハッピーな自分と、かけ離れた過去の自分との再会だった。 すごくしあわせだった日々。


いつから、私は変わってしまったんだろう。 いつから、大切なものを忘れていたんだろうと、しばらく自分の生活の変化を実感していた。


変わらない友情を注いでくれる彼女に、癒され、励まされた。 家の隅々いる過去の自分に囲まれて過ごしたバンコクでの数日で、 私は再生した。 今の生活を変えたいと心からそのとき思った。


その1ヵ月後。 私は上海への留学を決めた。 あの時に、バンコクで過去の自分とベストフレンドに再会していなければ、現状を打破する勇気すらなかったと思う。


いつも天使のように私の人生の転機に現われ、進むべき道を明るく照らしてくれる。 私にとって彼女は、ベストフレンドでもあり、ソールメイト。 そんな彼女と多感な10代に出会えたことに、心から感謝。


そんな彼女と明日再会できる。 なんと二人のオリジンの中国、上海の地で。 今回はどんな再生ストーリーが待ち構えているか、楽しみ。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

復旦大学へ通う交通手段として、毎日現地の上海人に揉まれて、通っているパンダです。


最初の頃は、乗ろうとすると横からズル込みをする人に弾き飛ばされて、バスに乗れないこともしばしば。 いったいこの国はどうなっているんだろう?と、ぼっ~としばらく、放心状態になったことも。


今では、現地の人に負けないくらいに、アメフト並みの横からの衝撃に強くなりました。 もちろん、理不尽なことをされたら、「ちょっとぉ~!!」と、中国語で睨み返しています。


あ~、段々ガサツになっていく私。 グローバル化したパンダじゃなくて、凶暴化したパンダになっているのが、現状です。 


そんなバス通学も慣れてきたこの頃、またびっくりすることが発生。


目的地である終点まで、あと3駅まできたころで、なんと運転手さんが、何も言わずに乗客と一緒に降りてしまったのです。 もちろんエンジンがかかったまま。 ドアも開けっ放し。


「お~い!!!、どこにいくんだぁ~。 授業に遅れるよう」と、思って、運転手さんの行き先を窓から覗いてみると・・・


なんと、木の側でおトイレをされているではないですか!!   


ひゃ~ぁ! あと3駅だから、もうちょっと我慢できないのかしらと、内心思ってしまったのですが、でも生理的欲求だから、まぁ~仕方ないですね。 ╮(╯_╰)╭


それにしても、一言ちゃんと乗客にすぐ戻ってきますと言って欲しかったと思うパンダでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

上海に来て早3ヶ月。


毎日カルチャーショックだった日々も、段々慣れてきて、最近ではちょっとのことでは驚かなくなりました。

しかし、そんな私でも「そんなのアリですか??」とびっくりすることが、久々に起きました。


事の始まりは、夕方にゆっくりお風呂につかろうと、バスタブにいくと、パラパラと石ころが転がっているのです。 はて~?何処から出現したのだろうかと、探してみると、どうやら天井のパネルの隙間からの様子。


上の住人が、内装工事をしているのを知っていたので、何かの衝撃で天井裏から落ちてきたんだろう、と勝手に納得し、汚れたバスタブを掃除してから、ゆっくりとお湯に浸かったのでした。


その夜、お手洗いに行こうとまっくらなバスルームに行くと、上から明かりが漏れているではないですか!! よくよくさっき石ころが落ちてきた天井のパネルの隙間を除くと、なんと直径40センチぐらいの穴ができているでるのです。 挙句の果てに、上の住人が誰かと話している姿が影で見える始末。


次の朝、すぐに管理人に電話をして確認してもらったところ、昨日の午後、上の住人がバスタブを交換するために、古いバスタブを外した所、床に穴を開けてしまったらしいのです。 それで、石ころやら、水滴が落ちていたらしいです。のん気な管理人さんは、「大丈夫。 さっき板を敷いたから、もう何も落ちてこないよ。」と言って、どこかに行く始末。


人の天井裏をぶち抜いても、一言も連絡もなく、その修理方法が、板を敷くだけですかぁ~!!

ド素人の私でも、コンクリートが壊れているのに、板で済むハズはないじゃない事ぐらいわかりますよぉ。

もう、あまりにも価値観の違いに私はぼ~ぜん。


結局は、私がクレームを言っても、成果を出す自信がないので、オーナーに連絡をして、直接上の住人と交渉してもらうことにしました。


とりあえず、私がお風呂に入っているときに、手抜き工事が原因で、上のバスタブが水や人の重みで落ちてこないことを祈るばかりです。


それにしても、バスタブに浸かっていた姿を、おそらく工事のおじさんに見られていたのは確か。

あ~、悔しいよう!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひさしぶりに上海のメイン観光地スポットの一つである襄陽服装礼品市場(シャンヤン)に行って来ました。


ここは自由市場の一つで、小さい露天がずらりと広大な敷地内で、路地を埋めるようにひしめき合ってます。 T-シャツ、ジーンズ、バック、靴など、ありとあらゆるものが売っています。


が、しかしよく見ると有名ブランドのロゴが、あちらこちら。 現地の人によると、8~9割はおそらくコピー商品。 でもごくまれに、有名ブランドの外注先である生産工場から、本物が流れることがあるとのこと。 もしくは、過去に発注を受け、その際に得た技術&経験で、本物とほとんど変わらないクオリティーの準本物もあるとのことです。


前回も、黄山に行く際に、やはりちゃんとしたアウトドアのジャケットが必要だろうとのことで、クラスメートのRちゃんとNちゃんは襄陽市場を活用。 


うわさの1割しかない本物を判別するために、過去私がオレゴンで購入した本物のNorth ?aceのゴアテックスジャケットを来て行って、1軒1軒ゆっくりと、素材、ラベル、縫製、ロゴのフォントとサイズを比べながら、かなり高品質のNorth ?aceのジャケットを発見。 そこでNちゃんのハードネゴシエーションで、約4,000円でGETしたのです。


今回、連れて行った友達が買ったのは、

1)North ?aceのゴアテックスジャケット、)ティファニーにそっくりなのシルバー・メッシュリング、3)パネライにそっくりな時計etc.


特に、シルバー・メッシュリングは、とても高品質で、私も欲しくなるくらい。 友達は、なんと2つで100元(約1400円)でゲットしてました。

リング


初めて襄陽市場に、行ったときには、数人の人に「トモダチ、プラダ、グッチ、ヴィトン、あるよ。 ちょっとみるだけね。」と、囲まれた挙句に、引き止めるために腕をつかまれるなどして、怖い思い出があったので、しばらく倦厭していたのです。 でも、日本から旅行に来た友達を連れて何度かしぶしぶ行くと、だんだん面白くなって、また行きたくなる不思議な場所です。


ぜひ上海にいらした時には、襄陽市場をのぞいて見て下さい。 

あっ、その際には絶対にセールスマンに着いて行かないで下さいね。 知り合いの男の子で、小さな部屋に数人の男性に囲まれて、買うまで部屋から出してくれなかったという怖い経験もチラホラ聞くので。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

日曜日にHSKを受けてきました。


HSKとは、いわゆるTOEFLやTOEICのようなもので、中国語を母国語としない人の中国語能力を測る試験です。 TOEFLやTOEICと違って、結果は点数ではなく、級になります。 また面白いことに、テストは1)初級・中級、2)高級の2種類あり、受ける人が、自分で選べます。


上海に来てまだ3ヶ月の私ととしては、初級・中級テストを受けてきました。 とりあえず初めてなので、どんなものかな~?とかなり軽い気持ちで、のぞきに行ってきました。


でも復旦大学の試験会場に着くと、空気が張り詰めているではないですか! よくよく回りを見渡すと、みんな若い! 多くの18~19歳の留学生が、どうやら今年9月に大学の本科に入るために、今回の試験に賭けている様子。 


そんな彼らの姿を見て、私も大学に入学するために、必死になってTOEFLを受けた事を思い出しました。う~ん、あれからもう10年近くなるのか・・・(汗) 光陰矢のごとしとはこのことだわ、と試験前に凹んでしまいました(笑) 


今回のHSKの試験では、リスニング部分では言っていることは解るのに、4つの選択肢が読めない・・・(泣)という、TOEFL/TOEICではありえないことが起き、オロオロしてました。 


台湾人と日本人のハーフである私としては、中国語のリスニングとスピーキングが得意。 でも読み書きが弱いのです。 上海に来るまでは、本当に「文盲」に近かったです。よく周りの人に「それだけしゃべれるのに何で学校に行っているの?」と聞かれ、困ることもしばしば。


日本は1~2%以下の文盲率なので、あまり想像がつかないと思うのですが、アメリカだと文盲率がもう少し上なので、説明するとすぐに「喋れるけど読み書きが出来ない」状態を理解してくれます。ちなみかの有名なトム・ク○ーズも文盲だそうですよ。


ヒアリングの能力を判定するのに、リーディング能力があまりにも低くすぎると、ヒアリングの能力をきちんと表現できなくなることを知り、次回の7月のHSKに向けて、真面目にテスト勉強しようと決意したぱんだでした。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと重たい腰を上げて、黄山の旅のつづきを、書きたいと思います。


No.4  恥を捨てて、杖を買う私 (土曜日)

2日目、寝台列車で朝を迎え、到着予定時間よりも2時間遅れて、黄山駅に着きました。 


黄山には、2つロープウェーがあり、私たちは申し込んだ旅行社のバスが連れて行ってくれた雲谷ロープウェーで、あっという間に雲の上まで上がってしまいました。


降りるとすぐに、ポーターがやって来て、「荷物を運ぶよ。」 「籠に乗らないか?」と、熱心にセールストークを始めます。 もちろん、まだ全然登山を始めていない私たちは、元気いっぱいなので、全て断って、4元で買った地図を持って、黄山でも一番有名な「天都峰」まで行くことに。 


ロープウェーの駅から「天都峰」まで、約2時間ぐらいの急な階段の上り下りに、ついに私の膝がガクガクと笑い出してしまったのです。 その上、昨日の上海駅での全速力疾走でかなり呼吸器官がちょっぴり苦しい。


こっそりと、アミノバイタルの粉末をぐっと飲み込み、なんとか体力の回復を図ったのですが、もちろん階段は永遠と続き、ずぐまた膝が、笑い出してしまう。 これじゃ、みんなの足を引っ張ってしまう。 どうしよう・・・と悩んだ私は、恥を忍んで10元で、杖を買いました。 さっきまで通り過ぎた人で杖を使っているのって、中年の人ばかりなのに~(涙)


杖


それでやっとたどり着いた「天都峰」の登山口。 下から見上げると、山頂が見えない。 私にはこの魔法の杖があるから、大丈夫だ~と心に言い聞かせて登ったのもつかの間、すぐ息が上がってしまう。 あまりの急斜面なので、休み休みできるようなスペースも無い。


これからまたホテルまで長い道のりを歩く事を考えると、ここで無理して周りに迷惑をかけるよりかは、ここでしばらく休んでホテルまでの体力を温存することの方が、みんなに迷惑がかからないと思い、ギブアップ。 結局3分の1の地点から私とじぇいすけさんは登山口まで戻り、みんなが登って降りてくるのを待ったのでした。


「天都峰」の山道は、断崖絶壁やら、一人しか通れないような危険な山道だったみたいです。残念ながら、霧で周りの山々の景色は見えれなかったようですが、登った4人はとても達成感に包まれて満足気でした。 

天都峰1  (やすぽんさん撮影)


No.5  えっ・・・今日は野宿かも? (土曜日)


みんなが「天都峰」から降りてきて、じゃこれから今夜宿泊予定の北海賓館に行くためのルートを確認。 そこで衝撃な事実を突きつけられることに。 さっきロープウェーの駅から「天都峰」の登山口までの速度を計算し、ホテルまでの距離で割ったところ、5時間かかる事が判明。


ホテルに着くの夜の8時の予定!? まじっすか? 


もちろん、山中だから日が落ちたら真っ暗。 暗闇を今まで歩いてきた道を歩くのは、到底不可能。 

もし日が沈む6時前に、ホテルに辿り着くためには、今までの速度の2倍で移動しないと間に合わない。 この膝が笑っている私は、間に合わなかったら、一人で野宿かも・・・と一気に暗~いムードに。


とりあえず必死に歩き出した私たちの前に、さっきセールストークをしてきたポーターたちが! これは神の助けと思い、野宿をするくらいだったら、ここはお金で解決をしちゃえい!と思い、、荷物をホテルの手前の峰まで運んでもらうことに。 


ポーターは2人1ペアで、途中途中休憩を取りながら、交代で荷物を運んでくれました。 もちろん山道のガイドも兼ねているので、大助かり。 時にどのポイントで休憩をした方が良いか経験上知っているため、効率的に残りの4時間半余りの山道を乗り切ることができました。


日が落ちる20分くらい前には、約束していたホテルの手前の峰まで到着。 目の前には別のホテルもあったので、これで野宿は絶対に無いだろうと、心の底からホッとしたのでした。


しばらくすると、目の前で雲海の中に日が落ちていく絶景が広がり、すっかり急いでいたことも忘れて、みんな必死にカメラで写真を撮りました。
Sunset  (やすぽんさん撮影)


その後は、真っ暗になった道を持って来た懐中電灯で足元を照らしながら、なんとかホテルに到着できたのでした。 ラッキーなことに最後の峰は、丘のようになだらかな道だったので、荷物を背負っても大丈夫でした。


疲労困憊した我々は、無言で夕食を済ませ、足裏マッサージを頼み、明日の5時起床に備え、すぐに寝たのでした・・・、その予定が、夜中の3時まで大富豪で大盛り上がりをしてしまったのでした。 


危機一髪の旅は、Part 3へ、つづくのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

次回は、黄山の旅を書きます~!と言ってから、随分日にちが経ってしまいました。 ごめんなさい。

しばらくコンピューター&ネットから、離れたかったのです。


さてさて、まずは今回の黄山への旅全日程をご紹介。

 
4月23日(金) 夜      22:03 寝台列車にて上海を出発
              (列車内泊)


4月24日(土) 朝      8:50 黄山駅着

          午前     黄山駅からロープウェーまで移動

          午後     登山&ホテルまで移動

              (黄山中 北海賓館泊)

 
4月25日(日) 朝       日の出を見る

          午後     下山 
          夜       22:38 寝台列車にて黄山を出発

              (列車内泊)


4月26日(月) 朝       9:30 上海着。


黄山2  


このスケジュールで一人880元(約12,500円)と、かなりお買い得な旅でした。 見つけてきてくれたはらけんさんに感謝! 


黄山の壮大な風景は、本当に素晴らしかったです。一見の価値ありです。


今回ブログを書くにあたって、黄山の旅を振り返って思ったことは、「私って強運?!」と何度も思ったことでした。 絶対絶命のようなハプニングに何度も遭いながらも、なんとかその都度解決し、無事に帰ってこれたことです。 


私たちの危機一髪満載の旅は、出発する前から始まったのでした・・・


ハプニング No.1 突然のメンバーチェンジ(金曜日) 


なんと一緒に行く予定だったRちゃんが、出発当日に体調不良でダウンしてしまったのです。 事前に支払った列車代やホテル代は、残念ながら戻ってこないのに申し込んでしまったのです。


もったいないということで、同じクラスの慶応大学から留学しているFくんに急遽代わりに参加してもらうことに。 なんと出発する4時間前に!! 若さなのか、フットワークが軽いFくんは、すぐに快諾してくれ、ひとまず一件落着。 


最終的には、はらけんさん 、はらけんさんの婚約者のじぇいすけさん、やすぽんさん 、同じクラスのNちゃん&Fくんの6人のメンバーで、黄山に挑戦しました。


No.2 列車に乗り遅れるかも!?!?!?(金曜日)


突然のお誘いに参加してくれたFくんを囲んで、仕事終わりののやすぽんさんと、Nちゃんの4人で日本料理に舌鼓。 Fくんとやすぽんさんは、縁起の良いカツどんをオーダー。 


楽しく食べ終わった後、タクシーで上海駅まで移動して、列車のチケットを持っているはらけんさんと待ち合わせする予定・・・・が、しかし

なんと駅に行くのに通るトンネルが、大渋滞。 私が住んでいる浦東から、上海駅がある浦西には大きな川があって、このトンネルを抜けない限り、向こう側に行けないのです。


あまりの混雑ぶりに、タクシーの運転手さんが、「お客さん、地下鉄の方が早いよ。」とナイスなアドバイスをしてくれ、最寄の駅まで連れて行ってくれたのです。 


私たちは慌てて地下鉄に乗り換えたのですが、こんなときに限ってなかなか電車がこない。 ふと時計を見ると、上海駅に着くのは、どう早く見積もっても列車が出発する5分前。 私たちの緊張はピークに。


上海駅に地下鉄がつくのと同時に、私たち4人は、必死に階段を駆け上り、まっしぐらに列車専用の駅へ。幸いにも、はらけんさんと婚約者のじぇいすけさんが、必死の形相で走ってくる私たち4人を改札前で、見つけてくれました。


はらけんさんからもらったチケットを握り締め、改札を通り、X線の機械に荷物を通し、目の前の人をひたすら追いかけて、ホームまで走った。  途中で、近道をする余りベンチの上まで走りました(笑)


旅行の荷物を背負っての、全速力疾走は、つらかった。 途中で息苦しさの余りに、視界が霞んだ事か。  本当にこのときほど、日頃の運動不足を後悔したことはなかったです。


予定時刻から絶対過ぎていたと思うのですが、ホームにはちゃんと列車がまだいてくれてたのです。 それぞれの車両の入り口に、車掌さんが立っていて、「早く! 早く!」と手招きをしてくれていた時は、本当にうれしかったです。 


というわけで、危機一髪で私たちは列車に間に合うことができたのです。 これが時間ぴったりの日本だったら、絶対に乗れなかったですね(笑)


No.3  密室で悪臭に襲われる!(金曜日)

なんとか列車に乗れ、安堵した私たちの前に、新たに立ちはだかったのは、なんと悪臭だったのです。 


私たちが今回乗ったのは、2等寝台車。 やすぽんさんが撮った写真をちょいと拝借。

3段までベットがあり、きちんとしたドアもなく、完全のオープンスペースなのです。 


寝台列車


夜11時の消灯になると、我々以外の中国人の方々は、一斉にみんな靴を脱ぎ、ベットへ。 買ってきた懐中電灯を使って、真っ暗な中、我々は、まだ眠くないので、大富豪大貧民をすることに。


しばらくするとあちらこちらから、すやすやと寝息の中に混じって、いびきと悪臭が 「ぽわ~ん」と漂ってくるじゃないですが! どうやら、同じ車両で睡眠中のおじさま達の足が原因らしい。 こっちの人は、こんなにも足が臭いの??とびっくりするくらい、どうやら悪臭の元は、一人二人ではなさそう。


とくに誰かが、廊下をあるくと、堪らないくらい臭い。 残念ながら窓は鍵が閉まっていて、車掌さん以外開け閉めできないのです。 わたしは堪らず、ティッシュで即席鼻栓を作り、えいっ!と鼻の中へ。(あとで鏡を見てびっくりしたけど、無論かなり間抜けな顔でした。)


「誰か、ファブリーズ持ってない?」 「もってないけど、香水ならあるよ」


と、なんとおしゃれさんのやすぽんさんは、山登りにもシャネルのアユールを持っていたのだ。 う~ん、だから彼だけ荷物が20キロもあるのかしら?とびっくりしながらも、遠慮なく借りて、我々がいる空間に吹き付け、なんとか鼻栓ははずせそうなくらい良い香りに。 ホッ。


その後、なんとやすぽんさんは果敢にも、悪臭の元を探し当て、惜しげもなくアユールをその悪臭の根元に吹き付けてきたのだ。 吹き付けているのを見つかって怒られるのも怖いけど、その前に悪臭の元を探し当てる方が大変だと思う私。 ほんとお疲れ様。 それにしても、おじさん、起きたらびっくりするだろうな。 くっくっくっ


といった具合に、我々の旅の第一日目は終わったのでした。 つづく・・・

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。