世界で一番ハッピーなぐ・ぱんだ

(旧)グローバルなパンダを目指して上海留学へ


テーマ:

4月23日から25日の3日間、中国安徽省にある黄山に行ってきました。


ことの始まりは、はらけん さんとやすぽん さんが黄山に行くのを聞きつけて、クラスメートのRちゃんとNちゃんと3人相乗りさせてもらいました。


なんだか楽しそうな雰囲気についつい「私たちもいきま~す!」と言ってしまったけど、全然、黄山ってどんなところか知らない。 とありあえず、雲海と山々の中から見る日の出が、とても綺麗とだけしかしらない。


元コンサルだけあって、几帳面なRちゃんは、「黄山の天気をネットで調べたけど、バラバラで、どんな服装でいけば良いと思う」と、きちんと事前準備をしていました。 


大学の教授と話す機会があったので、「黄山に今週末行くのですが、どんなことろですか?」と、聞いてみると、「女の子3人で行くの?」ととても不安そう。 私たちの外にも、2人男性がいることを伝えると、ちょっとほっとした様子。


いつも陽気でポジティブな教授が、「朝晩は冷えるから、ちゃんと防寒服を持っていくこと。 あと、人一列しか通れない道があるから、気をつけてください。 景色に見とれたり、カメラを取るのに夢中で、崖から落ちないでください。」と、いろいろと注意事項を教えてくれました。


結局、黄山では自分で荷物を持って登る予定だったので、できるだけ最小限に押さえることに専念。あと、どこの山と同様に山頂での物の価格は、通常の3倍から5倍するので、必要最低限の食料を詰め込みました


ここで、私の独断と偏見で黄山へ行く際のお勧めアイテムをご紹介。


①アウトドアーブランドのゴアテックスのジャケットとフリースのセット:


レインコートにも防寒服にもなるのでかなりお勧めです。


②懐中電灯:


夜明け前にホテルから、ご来光の見えるスポットに行く際に必要になります。 余談ですが、夜行列車で、大富豪大貧民のゲームを消灯後に遊ぶのに大活躍。


③軍手:


場所によっては、這い蹲って登るような急斜面があるので、必要になります。 黄山現地でも購入できるのですが、あまり質がよくないので、事前購入されるのをお勧めします。


④サンドイッチの食材(食パン、ハム、チーズ、袋に入ったサラダのセット):


綺麗な景色を見ながら、お手軽に食べられるのでかなりお勧めです。 即席で作れるし, 食材も常  温で2~3日痛まないので、ぜひ試してみてください。

      

⑤お菓子:


糖分補給用のチョコレート、クエン酸効果を狙っての乾し梅干&遭難用にスニッカーズ  


次回は、黄山への珍道中をきれいな写真つきでご報告いたします!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

上海の郊外にある琵琶工房に行って、マイ琵琶を買ってきました。

先日のブログで 、お伝えしたした通り、琵琶を習うことにしたのです。 ラッキーなことに、上海琵琶協会会長である周氏が、直々ド素人の私たちに琵琶を教えてくれることになったのです。

琵琶は残念ながらレンタルはできないとのことので、購入することに。 周先生が特別顧問されているという琵琶工房に、今回琵琶を一緒に習う友人と周先生の5人で行ってきました。

琵琶工房は、マンションの一室にありました。思っていたよりも、小さな場所だな~と感じたのが正直な所でした。我々が行くと中から、72歳には見えない元気な師父(=師匠)が出迎えてくれました。 

今は琵琶職人の世代交代の時期で、ほとんどの工房が経験の少ない職人さんだけになってしまったので、中々良い琵琶を入手できなくなって困っているとのことでした。 

ここの工房は、50年以上のキャリアを持つ師父おかげで、数少ない良質の琵琶が今でも生産されているとのことでした。 師父の息子さんが、隣の部屋で一つ一つ手作業で丁寧に造られていました。 

琵琶師匠の息子

また別の部屋には、こんなに沢山の琵琶が保管されていました。

琵琶工房

あまり大きな声では言えないのですが、たまにごく普通の材質を使った琵琶でも、名器が偶然に出てくるらしいです。 人間が想像する以上に、材質と材質の微妙な違い及び相性が、音質に影響するらしいです。

周先生は、予算である2000元前後の琵琶を、30個以上試し、名器を探し出してくれました。

 琵琶の先生

最初、あまり違いが聞き分けられなかった私たちも、名器が出てきた時には、「あっ!きれいな音!!」と、ほぼ全員が分かるくらいその音質には違いがありました。

じゃ~ん!! これが私が購入した琵琶です。 想像以上に重いです。 

マイ琵琶

私は先生の一番のお勧めではなく、自分のインスピレーションで、気に入った琵琶を購入。

ちょっとぴり荒削りだけど、元気一杯で明るい音色の琵琶が、自分に一番似合っているとおもったのです。

さてさて、女子十二楽坊まではいかなくても、わたしの琵琶演奏者への道は始まったばかりなのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

連日の反日デモのニュースで、母から下記3条の約束をさせられました。

  1) 絶対に日本人だと言わない。

  2) 公共の場で日本語を話さない。

  3) 復旦大学の本科の授業をしばらく休むこと。

             (*デモの多くの参加者は大学生だから)

これ以上母に心配をかけるのは申し訳ないので、素直に従うことにしました。

が、しかし この約束を守るのが思った以上に大変だということを今日思い知らされました。

大学の構内にある池で、クラスメートのRちゃんと今後の仕事の話など、柳の下でのんびりしていたら、

6人くらいのグループに、「君たちは、日本人? それとも韓国人?」 と聞かれたのです。

もちろん反日デモのこともあったので、「韓国人」と答えました。

聞いてきた中国人は、なんと残りのグループの人に 「彼女たちも君達と同じ韓国人だって。よかったね。」というじゃありませんか。 が~ん。 もしかして、人生最大のピンチ!?

そのうちの人が「アニョハセヨ」と言うので、白々しく「アニョハセヨ」と答えるしかありませんでした。

そうしたら一行は、去って行こうとしたので、内心ホッとしたその瞬間!! 一人の韓国人の男の子が戻ってきてしまったのです。  そしてベラベラっと韓国語で話しかけてくるじゃありせんか。

ひゃ~、どうしよう。 さっきあれだけはっきりと韓国人って言ったのに、どうやって切り抜けよう・・・

本当に人生最大の大ピンチ到来!!!

とりあえず日本人ってことがバレなきゃいいのだからと思い、それこそ白々しく 「ごめんなさい。 私台湾人だから、韓国語わからないの。」と言い切り、 ぷいっとそっぽを向くしかありませんでした。

今思うと、本当にごめんなさい。 きっと感じ悪かったよね。 心から反省しています。 でもでも、このご時世、あの場で「日本人」だって言いたくない私たちの心情もわかってください。 

この痛い経験を活かし、Rちゃんと今後の対策と傾向を考えました。

まず、私は台湾訛りの中国語を活かし、台湾人ってことに。

Rちゃんは、持ち前の外国人と間違えられる美貌を活かし、アメリカ人とのハーフでどうかしらと、現在悩み中です。

おかしな話ですが、結構私たちこれでも真面目に自己防衛策を練っているので、あまり笑わないでくださいね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
中国で起きた反日デモの影響で、日本各地の中国関連施設に嫌がらせとみられる事件が続いていること。

お互いの政府は、両者とも謝罪を求め、傍から見ると、いつになったらこの問題は解決するのだろうかと、胸が痛むばかりです。 

自分にとっては日本も中国もわたしにとっては大切な祖国。 自分が真っ二つに引き裂かれるような痛みです。

小学校の頃、夏休みに台湾に里帰りに帰っていたときに、歴史を勉強したばかりのいとこに、

「おまえは日本人だ。 この家から出ていけ。 お前の国は、俺達中国人にひどいことしたんだ!」

と、罵倒された悲しい日を思い出します。

東京にる台湾人の母や、友達は、だいじょうぶかな? 嫌がらせの対象になっていないかなと、心配するばかりです。

きっと東京にいる母は、もっとわたしのことを心配しているだろうな。

もしわたしが母の立場だったらと思うと、いろいろと複雑な思いこみ上げてきます。

いとこに罵倒された経験から学んだことは、自分の意見をきちんと持つことだと思います。 この複雑に入り組んだ日中問題に対して、自分の意見を持たないと、様々な感情に流されて、結果的に自分がつらくなることがあります。

両国ともこれ以上感情的になって、民間レベルでの被害が起きないことをただ祈るばかりです。 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本で一番有名な小龍包のお店 『鼎泰豊』 の上海1号店に行ってきました。 

 

鼎泰豊2

 

いつも東京新宿にある高島屋『鼎泰豊』の前を通り過ぎるたびに、あまりの行列にいつもあきらめていた経験があったので、夢にみた『鼎泰豊』を初体験でき、行くまではかなりるんるんと浮かれてしまいました。

 

今回行ったのは、上海市の西側に位置する古北地区にある『鼎泰豊』。 上海の観光地として有名な新天地にも出店予定どのこと。 ここ小龍包発祥の地である上海も、台湾出身の『鼎泰豊』の人気は変わらない様子です。

 

総本店である台北でも、いつも行列ができているときいていたので、すぐに席に通されたので、逆におどろいてしまいました。 午後1時とランチのピークからちょっと遅れたとはいえ、『鼎泰豊』ファンであれは、かなり穴場かもしれません。

 

ここ上海1号店は、店内の壁には香港をはじめとするセレブリティーの似顔絵が描かれていて、そのうちの何点かの似顔絵の上にサインがされていました。おそらくそのご本人がお店にいらした時にサインされたものと思われます。

 

念願の小龍包は、やっぱりおいしかったです。 

 

今まで食べた小龍包中で、一番包む皮がとても薄く、日本人好みの上品かつ繊細な味がしました。 

 

職人技が光る一品です。

 

鼎泰豊1

 

あまりにも皮が薄いので、破けて折角の肉汁が流れ出ないよう、ゆっくりとお箸でつまみ上げ、すぐにレンゲに乗せるのがコツです。

 

あとはお好みで、醤油と黒酢のたれに絡めて、ショウガをたっぷりとのせて頂きます。

苦労して待った豫園の『南翔饅頭点』の小龍包も思い出深く好きなのですが、個人的には『鼎泰豊』の方が好きです。

 

ぜひ、みなさまの上海でお気に入りの小龍包を探してみてください。

 

鼎泰豊 上海店
水城路18号和平広場内
TEL:021-6753-1760

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本人と台湾人のハーフとして、今回の反日デモで個人的に感じたこと。

教科書問題に対して、抗議する中国人の方々の心境は理解できます。 ただ、それに対して本当に日本政府に教科書の内容をきちんと訂正してもらいたければ、もう少し別の方法があったのでは?と思います。

日本領事館をこのように破壊し、汚し、全く無関係の日本料理店を襲撃し、それで本当に問題解決になるのでしょうか? 私には、日頃の不満、嫉妬、鬱憤のはけ口にしか見えないのです。

もちろん反日デモに参加したのは一部の中国人であって、復旦大学の教授方をはじめ中国人の教養のある方々は、別の解決方法を考えられていると思います。

こんなことをして、諸外国及び国連の理解が得られるわけ無いです。 本来味方につけなくてはいけない諸外国から、逆に冷たい目でみられ、本来の目的から、遠ざかってしまったのではないでしょうか。

この教科書問題は、基本的にお互いの国益をめぐって対立した問題です。 国と国が存在する限り、国益をめぐって対立することなんて日常茶飯事です。

比較的両国間が良好な日本とアメリカだって、アメリカ産牛肉輸入問題で揉めています。 じゃあ、自分の国の要求が通らない度に、このような暴力的なデモを起こすのですか?と思います。

本当に中国という国のためであれば、もっと中国政府が強く日本政府に要求できるように、自分の国の国力を蓄えるよう、よりポジティブにそのエネルギーを使えばいいのでは?と思ってしまいます。 

日本もかつて江戸末期に誤って調印してしまった不平等条約を取り消すために、まず諸外国と対等にネゴシエーションができるため「富国」政策を取り、不平等条約を撤廃した事例もあるじゃないですか。 (もちろんその後の戦争は大反対ですが。)

日本政府は、組織の存在目的として日本の国益を守るために存在しています。 (もちろん日本が過去中国に対して行った侵略行為は許しがたいもので、過ちであったことを大前提とした上で) 日本の国益を守ろうとした結果、現在の歴史の教科書の内容になってしまったのではないかと思われます。 個人的にはこの決定が、長期的に見て、本当に日本の国益にとって良いものかどうかは、懐疑的ですが。

私は、かつて日本の歴史を学校で学んだ際に、できるだけ事実を伝えようとする恩師に出会うことができました。 当時の文部省指定の教科書では事実を伝えきれないということで、先生は別途資料を用意して、教科書でカバーしきれていない部分の歴史を教えてくださいました。 

事実は、やはり全て隠し通すことなんてできないのです。 時に現在はインターネットが存在し、一個人でもマス(大衆)に情報を伝達することができるのですから。

今でも覚えているのですが、歴史の教科書の最初の部分に、「過去の過ちを繰り返さないため」 歴史を学ぶと書かれていました。 本当にその目的だと言っているのであれば、「過去の過ち」の事実をきちんと教科書に反映しない場合は、教科書が説いている目的はいったいなんなんでしょう? ただ試験のために、教科書を丸暗記することを、求められているのでしょうか? 

しかし、公的機関が認める書物で、歴史の全てを網羅すること事態もしかしたら無理があるのかもしれません。 なぜなら歴史書は、いつもその当時の政治的権力者に利用されるというネイチャーがあります。 そうでなければ、古事記や聖書みたいに現代科学では信じられないことが、歴史として残るはずがありません。 

我々も歴史書を読む際に、書かれていることをそのまま鵜呑みにするのではなく、それが書かれた時の政治的な背景を加味して、読まなくてはならいことも、また事実だと思います。

かなり辛口&政治的なコメントになってしまいました。

あくまで一個人の独り言です。 あえて自分が感じたとおり正直に書いてみました。

異論反論あると思いますが、不快に思われた方はどうかご了承ください。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

現場レポートの続きです。

古北にあるカルフールに行く途中、あまりの物々しい警察官の数に、写真を撮っていたら、突然警備員の服装が変わったのです。

軍服を彷彿させる深緑の制服、

こんな制服を着た人達が警備しなくてはならない場所って、まさか・・・

と、よくその背後にある建物を見、日本領事館だと気が付きました。

内心やっぱり、と思ってしまいました。

領事館1    領事館4

やはり物々しい警備のためか、領事館で車の流れが止まり、しばらくゆっくり領事館を見ることができました。

道路沿いの窓ガラスは、やはりニュースで報道されたとおり、全て粉々になっていました。

領事館2

外壁は、かなり数回にわたり投げつけられていたのが見受けられます。 

デモ中、領事館で勤務していた方達の心境を察すると、胸が潰れる想いです。 自分がいる建物に、大勢の人がモノを投げられるなんて、想像を絶します。

領事館3

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日、上海の西側にあるカルフールに行って来ました。

昨日上海で2万人規模の反日デモが行われたということで、途中の地鉄やタクシーの中は一切日本語を話さず、服装も復旦大学のロゴ入りのジャージを羽織って、ピリピリした面持ちでの移動でした。

生まれて初めて、日本人であることこれほど認識し、また危機感を感じた日でもありました。

途中意図せずに、カルフールに行くタクシーの途中、上海の日本領事館の前を通ってしまいました。

ニュースや他のブロガーの皆様のリポートで事前に有る程度デモの爪痕は知っていたのですが、実際自分の目で見るのとは、雲泥の差がありました。

あまりにも悲惨な現状に、写真を撮らずにはいらなかったので、何点がここでご紹介。

途中で、タクシーの外を見て見ると、やはりいつもより警察官の数が多いなあ~?と思っていたら、

↓突然下記の写真のように大多数の警察官が、日本領事館周辺地域で2列になって立っていました。

反日デモ4

↓この写真は、『抗日』という言葉があったので、思わずシャッターを押したのですが、よく見て見ると後ろの青い看板の文字が全部剥がされているので、おそらく日本語だった看板を、昨日のデモで壊されたのではないかと、推測されます。

反日デモ2

↓これはお寿司屋さんだと思われるのですが、襲撃されないために、新聞で日本語を隠したり、中国の旗を掲げる防衛策を取ったものだと推測されます。

反日デモ3

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上海でもついに今日反日デモが起きてしまいました。

もともと大学主催の小旅行に今日から出かける予定だったのですが、体調が万全でない上、連日のNHKの衛星放送での反日デモのニュースを見て、旅行をキャンセルにしました。

SARSの時もそうですが、中国にいると正確な情報が現地の報道機関から入手することができません。 したがってNHKが観れない大多数の留学生は、インターネットで日本の報道機関にアクセスする以外情報を入手することができないのです。 悲しいことに、「知る権利」はここでは認められていないようです。

国際都市である上海市は、経済的なダメージを考え、携帯メールなどを駆使し、今回のデモは許可されたものではないため、参加した場合は違法行為に当たると、事前に反日デモの動きを抑制としたらしいのです。 

私が通っている復旦大学でも、昨日大学側から生徒に対し、デモに参加しないようにとの指示もあったそうです。 また大学の旗など、復旦大学のロゴが入っているものは、デモで不本意に使用されないよう全て撤去したとのこと。

しかしながら毎日新聞の報道 や、上海のブロガーの皆様のHPによると、ここ上海でも1万人規模デモは起きてしまったようです。 特ににほしばの広場 ほしばさん のブログは、臨場感たっぷりのリポートで、ちょっぴり震え上がってしまいました。

とりあえず今週末は、できるだけ外出しないで大人しく家にいるようにする予定です。

悲しい出来事ですが、こんな歴史の一ページを上海にいる間に、垣間見ることができて貴重な経験が出来たとポジティブに受け入れたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

上海でもお花見をしようと、桜を探して、魯迅公園に行ってきました。

 

 もともとは虹口公園と呼ばれていたらしいのですが、公園の敷地内に魯迅の墓や記念館が移されてから、魯迅公園と呼ばれるようになったそうです。

 

魯迅

 

週末だったので、公園には上海市民がそれぞれの方法で楽しんでいる姿が見られました。

 

池で、一生懸命ボートを漕いでいる家族連れ。

 

真剣に、合唱の練習をしている人達。

 

自分の奏でる二胡の音色に、聞き惚れている人。


芝生の上で、ボールを追いかけるヨチヨチ歩きの男の子と、その姿を暖かく見守る若い夫婦。

 

お目当ての桜より桃の花が多かったのですが、お花見としては十分堪能できました。 たまにはこうやって木々の中を、散歩するのは良い気分転換になるなぁ~と改めて実感しました。

 

私もしばらく芝生の上でしあわせそうな家族を見て、ぼ~っとしていたのですが、折角なので魯迅記念館に行き、魯迅ワールドに少しだけ触れてきました。 

 

魯迅はあまり詳しくないのですが、ここの記念館は魯迅に関しての資料がとても豊富で近代中国文学が好きな方には、たまらないのでは? 

 

いい機会なので、『阿Q正伝』の日本語訳を魯迅記念館内のショップで購入し、じっくりと堪能してみようと思いました。

 

そういえば、魯迅ってペンネームってご存知でしたか? わたしも今回一緒に行ったNちゃんに不意に聞かれて、即答できなかったのです。 あとでちゃんと調べて、やっぱりペンネームだっと知って、すっきりしたパンダでした。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。