ヤマト姫の玉手箱

Amebaでの【yuujiのブログ】を続けて約1年程経ち、関心事や内容に相応するタイトルに変えてみました。
初心の政治・行政への論評は今後においても続けていきます。
引き続き、皆様のご支援を今後ともよろしく御願い致します。

2010.11.12


テーマ:

Unit 1

400

Unit 2

548

Unit 3

548

Unit 4

0

Unit 5

548

Unit 6

764

Central Storage

0


Spent Fuel Assemblies

Unit 1

292

Unit 2

587

Unit 3

514

Unit 4

1331

Unit 5

946

Unit 6

876

Central Storage

6375


New Fuel Assemblies

Unit 1

100

Unit 2

28

Unit 3

52

Unit 4

204

Unit 5

48

Unit 6

64

Central Storage

N/A


Central fuel storage areas

Used fuel assemblies taken from reactors are initially stored for at least 18 months in the pools adjacent to their reactors. They can then be transferred to the central fuel storage pond.[3] This contains 6375 fuel assemblies and was reported "secured" with a temperature of 55 °C. After further cooling, fuel can be transferred to dry cask storage, which has shown no signs of abnormalities.[301] On 21 March, temperatures in the fuel pond had risen a little to 61 °C and water was sprayed over the pool.[3] Power was restored to cooling systems on 24 March and by 28 March temperatures were reported down to 35 °C.[121]


Radiation levels and radioactive contamination

This page was last modified on 30 June 2011 at 13:02.


==========================


From:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

チェルノブイリ原子力発電所事故

以下抜粋:

チェルノブイリ原子力発電所事故(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)とは、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)の参考事例として知られている。なお、レベル7の事故(深刻な事故)は歴史上、暫定評価レベル7(深刻な事故)の福島第一原子力発電所事故とチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故の二つしかない。
当時、チェルノブイリ原子力発電所にはソ連が独自に設計開発した黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(RBMK)のRBMK-1000型を使用した4つの原子炉が稼働しており、そのうち4号炉が炉心溶融(世間一般でいう「メルトダウン」)ののち爆発し、放射性降下物がウクライナ・白ロシア(ベラルーシ)・ロシアなどを汚染した。事故後のソ連政府の対応の遅れも相まって被害が拡大・広範化し、福島第一原子力発電所事故と並ぶ、史上最悪の原子力事故のひとつとされている。


1991年のソ連崩壊以後は原子力発電所が領土内に立地しているウクライナに処理義務がある。2010年現在もなお、原発から半径30km以内の地域での居住が禁止されるとともに、原発から北東へ向かって約350kmの範囲内にはホットスポットと呼ばれる局地的な高濃度汚染地域が約100箇所にわたって点在し、ホットスポット内においては農業や畜産業などが全面的に禁止されており、また、その周辺でも制限されている地域がある。

この規模の原発事故は当該事故と2011年に発生した福島第一原子力発電所事故の他に例がなく、原子力開発の歴史上で最悪の事故と言われている。

事故当時、爆発した4号炉は操業休止中であり、原子炉が止まった場合を想定した実験を行っていた。この実験中に制御不能に陥り、炉心が融解、爆発したとされる。爆発により、原子炉内の放射性物質[注釈 1]が大気中に量にして推定10t前後[要出典]、14エクサベクレルに及び放射性物質が放出された[1] 。

これに関しては、広島市に投下された原子爆弾(リトルボーイ)による放出量の約400倍とする国際原子力機関 (IAEA) による記録が残されている[要出典]。詳細は影響の部分を参照の事。


最終更新 2011年6月21日 (火) 11:22 (日時は個人設定 で未設定ならばUTC )。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード