前世からのメッセージにどんな意味があるのか。
昨日までの私はさっぱり分かっていませんでした。
 
前世というものがあるのかもしれない、と薄々感じていたのですが、昨日、
初めてFacebookで拝見した田上美由紀さんに《前世カウンセリング》というものをしていただきました。
 
すると、これまで理由も分からず、でも「絶対手放したくない」と感じていたものが大切なメッセージとして送られてきていたのです。
 
 
あまりにリアルな物語だったので、全文をご紹介します。
 
 
【新美ディーナさん】2017.2. 7
前世はその時に関係の深いものが見えるので、2つ3つ同時に見えることもよくあって 時が過ぎたらまた違う、その時に関係深い前世がみえることがあります。 わたしが昭和の黒電話かテレビのような役割で、前世からのメッセージをお伝えできたらと思います。 では、新美さんの、わたしのイマジネーションから見える前世をお伝えします。 
 
 
小豆色の着物を着た、おかっぱの少女が、不安そうに目に涙をためて、ウロウロと誰かを探しています。『おかあちゃーん、おかあちゃーん!!』 家や商店の立ち並ぶ少しにぎやかな町で、人々の行き交う道にいて、少女は声をあげています。まわりの大人は、聞こえないのか、聞こえないふりをしているのか、誰も彼女に声をかけません。 彼女は視線の先に、早足で歩く母の後ろ姿を見つけました。少女はうれしいのと、また見失わないようにしないとという気持ちで、必死に追いかけました。 『おかあちゃん!!』 追いついた時、母の顔は怒っているとも泣いているともとらえられる顔で、目にうっすらと涙を浮かべて、 毅然とした態度で 「うちに帰るんだよ!!」と言いました。 少女は、行ってしまう母の後ろ姿を見ながら、泣き叫ぶしかありませんでした。 
 
日本の江戸時代ごろ、少し活気のある町の商売人の娘として生まれました。父母はいつも忙しそうにしていて、一人で遊んでいることが多かったです。人の出入りをじっと見つめ、人を観察することが好きでした。 そんなある日、父と母が大げんかをしていました。そして、母は家を出て行きました。 それに気づいた少女は、必死に母を探し追いかけるが、冷たく帰されてしまいました。 母が出て行き、最初、父は怒りがおさまらない様子だったが、次第に落ちこんでいきました。 そのうち新しい母がやってきた。親切な人でしたが、実の母に会いたい気持ちはずっと心にありました。 美しい女性となったその少女は、見染められた同じ町の男性と結婚することとなりました。 男性はとても彼女を愛してくれて、穏やかな生活でした。 母に会うことはありませんでしなが、夫と仲睦まじく暮らし、その生涯は閉じました。 今度生まれ変わるときは、母の愛を、母のそばで味わいたい、そして、自分も母となり、子にその愛をそそぎたいと願いました。
 
 《まわりから見てみると…》 
母は、父のほかにどうしても忘れられない男性がいました。そして、その相手も母のことを愛していました。それを知った父が怒って、母を家から追い出したのです。 家を出た母は、その男性の元へ行きましたが、娘のことがどうしても気がかりで、見つからぬよう、何度も娘の姿をこっそり見に行って、遠くから娘の成長を見ていました。そして、自分が母として育ててやれないことを、ずっと悔いていました。 父は、母に裏切られ嫉妬の怒りに狂い、出て行かせましたが、その後、残された娘のことが不憫で、新しく優しそうな妻を迎えました。少しでも寂しさが紛わされたら、と願っていました。 結婚した男性は、彼女に一目惚れし、心から愛していました。母を失った悲しみは癒えることはないけれど、自分がそばにいて守っていきたいと強く思いました。 
 
《前世からのメッセージ》 
『人との関わり』、があなたのキーワードです。人と関わることでいろんなことを考え、悩み喜び成長する人生だったと思います。 人との関わりは、あなた自身の成長に影響があるだけでなく、関わった人にとっても、かけがえのないものとなっています。まっすぐ、正直に、あなたの誠実さで人と付き合うことで、さらに豊かな人生となるでしょう。人に頼ること、も、時には必要です。支えあうことで、新しい可能性が広がります。 
 
とのことです。
家族のことも尋ねてみました。
 
「今、Facebookのお写真を拝見していたのですが、多分、前世で結婚した男性が、今のご主人と思います。」
 
「娘さんお二人の写真をみていたら 美由起さんとは、関わりのなかった前世で、2人の姉妹の結びつきがとても強かった前世があり、それが一番印象に残ります。
長女さんとは親友として 次女さんは母として ご縁があった前世のようです
姉妹は 双子で生まれた時があり、いつも一緒に過ごしていました。 性格は違っていて、お互いの足りないところをいつも補うように生きていました。 不慮の事故で、姉を亡くした妹は、自分を半分失ったようでした。 今度また生まれ変わったら、また姉妹として生まれ、姉を見守っていきたいと願ったようです。」
 
 
 
今まで「絶対手放したくない」と感じていたもの。
私の宝物。それは、
【家族】 
そして、その家族のいる【おうち】。
 
その謎が解けた気がしました。
 
だから私にとって家族は最も大切なものなんだ。
意地を張ったり無理をしたりするわけじゃなく、
無性に守らなくちゃいけない気持ちになるのは、
前世でもその前の人生でも、ずっと私がほしかったものだからなんだ。
 
そして、現世ではみんなに出会えてる。
守ってくれる旦那様、大親友、そして会いたかった母。
大切な人たちに囲まれた今の日々。
幸せを実感するのは当然なんだ。
 
前世の私へ、「よかったね、やっと幸せになれて。」
そう言ってあげたい。
 
そして、現世の私へ、「よかったね、今、最高に幸せで。」
そう言ってあげたい。
 
人とのつながり、がキーワード。
 
これから、どんな素敵な人たちとの出会いが待っているのか
どんな人たちとのご縁が広がっていくのか、
ワクワクしてなりません。
 
 
メッセージを伝えながら、何度も「心が温かくなりました^^」と言ってくださった美由紀さん。
残りの人生を明るく照らしてくださるようなメッセージを心から感謝いたします。
ありがとうございました。
 
 
 
 

こちらの前世カウンセリングですが
ただいま1000円からのお気持ち代で
されていらっしゃいます。

 

あなたの前世からの大切なメッセージ、

お聞きになりたい方は、こちらをどうぞ。


☆田上美由紀・たみのブログ『せいたかのっぽ草』 前世カウンセリング
http://tamirin.com/2017/02/03/前世カウンセリング/

 

 

 


 

 
AD