私は『あれや、これや』を考える事が好きだ。

若い頃の私は『ジェラシー』の塊だった。

そして現在の私は『ジラシ-』の塊だ。


彼女は『ジラシ-』に弱い。

予定では『底なしジラシ-』に沈めるはずだった。

その為に私は常、日頃から、『たくらみ』を考えていた。


【たくらみ】


愛撫に一時間。


『私の最先端部』を彼女にうずめながら、小刻みに振動を与え、除々に、ゆっくりと、『全身』を彼女の中に侵入させていく、『頭部』をうずめた時点で、一旦、侵入を止め、入口まで戻り、再び、除々に、ゆっくりと、『頭部』だけを侵入させる。


それを何度も繰り返してから『頭部』を完全撤退させ、彼女の表側に舌で這う。


彼女の表側の総てを舌で這った後、内股部分を舌で這いつづける。


執拗なまでに這いつづける。


いよいよ彼女の内側に触れる。

『触れるか触れないか』の微妙な感覚で内側に舌を這わせ、時折、舌全体を使って『たくましく』内側を舐めあげる。


ゆっくり、じっくりと『君』を『煮る』と、再び『私の最先端部』を彼女の内側にあてがい、最先端部で彼女の内側を撫でる。


彼女の内側を最先端部で撫でながら、少しづつ、中枢部に接近し、『頭部』を侵入させ、ゆっくりと『全身』をうずめていく・・・。


『全身』を侵入させたら『結合部』を『静止』させ、彼女の表側を舌で撫でる。


首元を歯で這い、やさしく、そして獣のように噛み付きながら、数回のピストンを行い、再び『静止』する・・・。


これを読んで『勃起』している人の為に、これ以上は非公開。


結局、『たくらみ』は三割ほどしか遂行できなかったが、股間の『ふくらみ』は増割した。

なぜ、『たくらみ』は三割ほどしか遂行できなかったのか・・・

それは『くノ一』の存在が大きかった。

玄関で、皮膚で、指で、舌で、肩で、手のひらで、胸で、彼女を『淫らな暗闇』へ沈めていた。

『淫らな暗闇』に沈んだ彼女は『私の伸棒』を両手で掴みながら言った。


『セックスしよぉ。』


彼女の意志は固かった。

なぜなら、私の『伸棒』を放す気配が感じられなかったからだ。

私の遺子も硬かった。

そりゃ、しゃーない。

私は思った。

『くノ一』が出て来たな。

彼女は『私の伸棒』を部屋の方へと、ひっぱった。

そう、これこそが、『秘伝 くノ一忍法帳』に記された秘技『忍法 バラの蜜はマラを見つ』だったのです。

私は『ムービーハメ撮り手縛りプレイ後、ムービー鑑賞会』という庶民技で応戦した。

淫液まみれになった『伸棒』を『ティシュー』で拭きながら思った。

彼女を『私の人形=アイドール』にして、快楽の虜にしたいと思った。

やりたい事が、いっぱい思いつくねん。

『淫液』を『ティシュー』で拭き取った『伸棒』を見ると、『頭部』に『ティシュー』が付着していた。


『忍法 ゴルバチョフ』


『ティシュー』の付着具合は『ゴルバチョフの頭』を思い出させた。

『女』という字を分解すると『く』と『ノ』と『一』になる。


『ナゴヤ・コーチン』という『鳥』がいます。

『オナゴ・ヤ・コーチン』という『取り』もいます。

この『取り』は、おいしいよ♪


なぜなら、

なんてたってアイドール♪ 

やもん♪


おかげさまで、『ワタシ・ノ・コーチン』は元気です♪

イヒヒ。


AD

攻める人を『S』とした場合、守る人は『M』になる。

佐々木小次郎を『S』とした場合、『M』は宮本武蔵になる。

スリムな人を『S』とした場合、 『M』はモッチャリな人になる。

デーブ・スペクターを『S』とした場合、『M』はマイケル冨岡になる。

松雪泰子はヤキソバニー。

私は『S』で、彼女は『M』だった。

そして彼女はシーツにシミを残した。

そのシミは広範囲にわたって広がっていた。

泥酔した私は彼女を全裸にし、回転台に縛りつけた。

そして回転台を作動させるためにスイッチを押した。

スイッチを押した。

ポチっとな。

とは言わなかった。

回転台は彼女を縛りつけたまま、ゆっくりと回り始めた・・・

『大の字』に縛りつけられた彼女は辱められながら回転している・・・

私は辱められながら回転する彼女を冷たい目で見た・・・

なんか違う。

スイッチの設置されているテーブルに座り、優雅にタバコを吸っている私も回転している。

うん、違うな。


スイッチ台も一緒に回転したアカン。

つまらん・・・

彼女を回転台から解放した。

辱められた余韻を残したまま、彼女を全裸のままベッドへ歩かせた。

淫音が部屋に響く・・・

ピチャピチャ・・・

ピチャピチャ・・・

ピチャピチャ・・・

ゴボゴボ・・・

ピチャピチャ・・・

ピチャピチャ・・・

ゴボゴボ・・・

ピチャピチャ・・・

ピチャピチャ・・・

ゴボゴボ・・・

ピチャピチャ・・・

ゴボゴボ・・・

ゴボゴボ・・・

ゴボゴボ・・・

ゴボゴボ・・・

ビチャビチャビチャビチャビチャ・・・

ゴボゴボゴボゴボ・・・

ゴホッ・・・

ゲホ・・・ゲホ・・・

イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!

彼女はウーロン茶に溺れてる。

性上位で挿入されながらウーロン茶に溺れてる。

イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ!!

サントリーのウーロン茶は、おいしいよ♪

シーツのシミはウーロン茶♪

私が彼女に浴びせたウーロン茶♪

ぶっかけウーロン茶。

AD

『ドラゴンボール』というマンガがあります。

少年期の『孫悟空』と『クリリン』は同じぐらいの身長でしたが、青年期に入った途端、二人の身長差は明らかになっていた。


『クリリン』の身長は、さほど伸びていなかったのです・・・。

『長さ』が違うだけで『雰囲気』も変わる。

主役と脇役の境目を見た。

『クリリンの身長』のように、さほど成長しなかったコチンを装備されている皆様、朗報です。

数年前に私が発見した秘技をココに記します。

その秘技とは、クリリンの身長を悟空より高くする事が可能なのです。

つまり、コチンを長くする事が可能なのです。

しかも、簡単にできるのです。

それは、コチンの付け根から『へそ』へ向かって陰毛を剃毛するのです。

この時、『へそ』に一番近い側の陰毛を横一直線で残しておく事が重要です。

完了。


今日から主役。

遠くから見ると、それはそれは長く見えますが、接近して見られた場合には『失笑』と共に『何とも言えない感情』が発生します。

そんな『メッキの剥がれたコチン』に『失笑』しておきながら、数分後には『そんなコチン』に『悦』を与えられて『いい顔』をする女子を見ていると、これまた『何とも言えない感情』が発生します。

過剰な剃毛には注意して下さい。


まだ駆け出しだった頃の俺は、独りで伸し上がる為に躍起になっていた・・・。

お姉さま♪

下着姿の彼女は私のチクビを舌で弄びながら右手で私の『硬直したクリリンさん』を握り、上目遣いで囁いた・・・

『お父さん、クリリンさんが大変だょ。』

とは、言わなかった。

彼女は囁いた。

『先から何かでてるよ。』

一般に言う『ガマン汁』だ。

『クリリンさん』の先から出ているモノの正体を知っているくせに、『先から何か出てるよ。』と囁く彼女に『ロマン汁』が出た。

下着をゆっくりと脱ぎながら、芸術的な美しい裸体を魅せる彼女から『ジマン汁』が出ているのがわかった。

彼女の裸体の詳細を隅から隅まで教えられながら愛を撫でられた。

彼女の『愛を撫でる技』は、私に『未知なる快楽』を教えた。

彼女の口撃は『やわらか』だが『刺激』に満ち溢れていた。

『お父さん、クリリンさんが大変だよ。』

限界に到達した私は、彼女の口内に『若さ』を放出した。

『スマン汁』だった。

『ごめん。』と謝ると、彼女は『汁』を飲み干してから『いいよ。』と艶かしく言った。

彼女の花畑に実った『仙豆(センズ)』を舐めた私の『クリリンさん』は、また大変な事になっていた。

いろんな『汁』を知った。

出した汁、舐めた汁、たくさんあるけれど、何より、彼女の気持ちを『感じる』と『感汁』が出た。

あの、若い頃を思い出すと、彼女の事を思い出すと、心に『声』が聴こえてくる・・・

お父さん、クリリンさんが大変だょ。

だれがクリリンやねん。

AD

お化け的なこと。

入室した時に、ドアを開けた瞬間に『モワッ』としたのを覚えている。

けれど、そんな事はスグに忘れて彼女と『鏡の前』および『浴室』で見つめ合い、そして最後はベッドの上で見つめ合ったまま夜に埋もれた。

肉体接続詞。

ベッドで寄り添う二人は枕詞を囁き合った。

枕詞。

すなわち、ピロートーク。

いじめ、カッコ悪いよ。

前園さんの言うとおり。

『ムナムナムナムナムナムナムナムナムナ・・・・』と男の低い声が壁の向こう側から聞こえる。

お経を唱えるような声が壁の向こう側から聞こえる。

ベランダへ出て壁の向こう側を確認したが、何もない。

しかも、この部屋は四階。

小さな恐怖が心に植え付けられた。

彼女とベッドに戻り、必死でアホな話をして彼女の気を紛らわした。

突然、『コポコポコポ・・・』と音がした。

スイッチを押さないと作動しない簡易ポットが突然に作動した。

小さな恐怖は心に根をはった。

ベッドで固まる二人に追い討ちを掛けるかのように浴室から『シャァァァァァァァァァァ』とシャワーの流れる音が聞こえた。

小さな恐怖は大きくなり、二人を襲った。

私は『浴室を見てくる。』と彼女に言った。

すると彼女は『一人で居るのイヤやから私も行く。』と言って、私の腕にしがみついた。

二人で浴室の前に立った。

まだ音は聞こえる。

私は喉を『ゴクリ』と鳴らしてドアノブに手をかけた。

私の腕にしがみつく彼女の力がさらに強くなった。

彼女に合図を送って勢いよくドアを開いた。

『・・・』

ドアを開いたと同時に音が止んだ。

彼女はワケのわからない状況に軽くパニックを起こした。

私は彼女を洗面台に座らせ抱きしめた。

彼女はとても強い力で私を掴んだ。

私は『大丈夫。』と言って彼女の唇に触れた。

私は大丈夫だったが、下の彼はパニック全開だった。

普段は、いくら頑張っても『グリコのオマケ』のような彼が、『金剛力士像』のような表情で『天』を睨んでいる。

『金剛力士像』に気付いた彼女は『うっとり』とした目で彼を見つめ、愛しそうに彼を両手で包み込み、ゆっくりと口の中へ招いた。

そのまま鏡の前で立ち往生。

お経を読む声、勝手に作動する簡易ポット、浴室から聞こえるシャワーの音、そんなん知らん。

どーでもえーねん。

鏡の前で立ちバック。


いつも『金剛力士像』だったらいいのにな・・・。

彼女の家に招待された。

彼女の両親は旅行に出掛けているらしい。


『童貞少年』と呼ばれる者なら思うだろう、『しめしめ』と。

『おじさま』と呼ばれる者なら思うだろう、『湿湿』と。

『素敵紳士』と呼ばれる者なら思うだろう、『締めぇ、締めぇ』と。

私は、どれに所属するのだろうか・・・。

業界用語で『犬』の事を『ヌーイー』と言います。

彼女の家は犬を三匹飼っている。

二匹は屋外で、一匹は屋内で飼っている。

屋外の二匹と屋内の一匹の『差』は何なのか気になったが、聞かなかった。

屋外で生活する犬の散歩を手伝って、屋内で生活する犬の入浴を手伝った。

意外と楽しかった。

夕方、彼女の運転で買い物に出掛けた。

彼女は私の好きな『ハンバーグ』を作ってくれると言い、材料を次々とカゴへ入れた。

周りの目には若夫婦に見えたはずだ。

そういう設定で買い物に出掛けたもん。

プレイや。

買い物を済ませて彼女の家に帰った。

彼女の家のキッチンでハンバーグを作った。

『やいやい』言いながらハンバーグを作った。

ハンバーグは美味しかった。

食事を済ませた私と彼女は屋内で生活している犬と遊んだ。

最初は『ワンワン!』と吠えていた犬も私になついていた。

タバコを吸うために彼女の部屋へ移動した。

彼女の部屋でタバコを吸いながら音楽を流して、彼女の近況を聞いた。

少し疲れた私は彼女のベッドで横になった・・・。

『ワンワン!』

『ワンワン!』

『ワンワン!』

さっきまでなついていた犬が私に向かって吠えている。

『ワンワン!』

『ワンワン!』

『ワンワン!』

なぜ吠える?

『ワンワン!』

『ワンワン!』

『ワンワン!』

理由は簡単。

自分の『主』が犬のスタイルで突かれてる。

『ワンワン!』と犬、吠える。

『アン!アン!』と女子、悶える。

『パンパン!』と男子、燃える。

『ワンワン!』と犬、吠える。

『イイ!イイ!』と女子、悶える。

『パンパン!』と男子、燃える。

『ワンワン!』と犬、吠える。

『イク!イク!』と女子、悶える。

『パパンッッ!!』と男子、勢い余る。

みんな一緒に『キャイーン!!』と吠えた。

犬は私から遠く離れ、彼女は私にベッタリなつく。

数時間後、また犬は『ワンワン!』と吠えた。

犬よ、彼女は『泣いている』のではなく、『鳴いている』のだよ。

だから安心して見ときなさいやぁ。

それにしても、よく吠えるメスヌーイーやわぁ♪