【出会い】

テーマ:
【出会い】





時々。



時々“天下一品”のラーメンが食べたくなる。仕事帰りに北新地の天下一品でラーメンを食べた。スープが熱くて火傷したけれど、とても美味しかった。その帰りに“ピーコ”を見た。オシャレに着飾ったピーコは“シュッ”としていてかっこよかった。追いかけて写真とサインをいただこうかと思ったが、人が多い通りだし、なんだか急いでいるようだったので迷惑になってはいけないと思い断念した。ボクは意外に大人なのだ。



ウットリ。



女子はどんな言葉にウットリするのだろか?


  命に代えても君を守る


こんな発言をするような男を信用してはいけない。この手の男の殆どは“いざという時になると命を差し出さずに君を差し出して逃走する性癖”の持ち主だ。もし、仮に男が本物で“命に代えて君を守った”としよう。だが、その後の君は誰が守るのか?“己”が生きているからこそ“君”を守れるのだ。確かに“命と引き代えに君を守って男は天に召された”の方がロマンチックだ。親戚や友人といった周りの人々も香典を分厚くしてくれるだろう。しかし“君”は不幸だ。ひとりぼっちになった“君”が次の恋をするには最低でも10年は期間を空けておかないと分厚い香典をくれた周りの人々が陰口をたたくに違いない。だから嫌でも恋愛を遠投しなければいけない。瞬間はロマンチックであっても後が不幸だと“何のこっちゃ”である。それに比べて“君の為なら恥やプライドを捨てでも土下座できる男”はナイスだ。傍から見れば“情けない”や“カッコ悪い”と思われるかもしれないが、それでもいい。なんせ“生きている”のだから。これからも一緒になって怒ることも泣くことも笑うこともできるのだ。スケベなことだってできるのだ。だいたい“命”は“ひとつ”しか
ないのだから大切にしなければいけない。捨てたプライドが気になるのなら拾えばいいことだし。ただ、普通の生活をしていても不意に“命を差し出してでも守らなアカン”という“幸せな場面”に遭遇する人もいる。土下座も効果のない“幸せな場面”に遭遇するのだ。けれど恐れる必要はない。その時の為に神様はキンタマをふたつぶらさげてくれたのだ。命はひとつ、キンタマはふたつ。キンタマはひとつあれば子孫を残せるそうだ。


  ボクは君の為なら
  キンタマをひとつ
  犠牲にできる


女子の皆様にはこんな男にウットリしてもらいたいと思う。



めでたし、めでたし。
AD

【最尖端】

テーマ:
【最尖端】





おしゃれ。



ずいぶんと昔の話になるが“不思議な女子”と“仲良し”にさせてもらっていたことがある。この“仲良し”は一般的にいうところの“仲良し”とは違う。この“仲良し”は言葉巧みに女子に近付き“えげつない手法”で“女体を弄ぶ”ことで一部の地域では有名な“菊指挿家 中川流”の創始者“アーナル中川”が“性交するだけの友達”との関係を世間体良く受け止めてもらう為に“仲良し”と豪語したのが始まりで、つまりこの場合の“仲良し”とは世間一般にいう“性交友達”という意味であり、決して爽やかな関係の“仲良し”ではない。様々なモノを“出したり入れたり”していること山の如しなドロドロとした“仲良し”である。その“不思議女子”は“不思議なコト”をしたり、言ったり、奇抜な格好をしたりする床上手な女子だった。ある夜、“不思議女子”と浴びるようにお酒を呑んだ後の性交で素晴らしいエロチックを与えてもらった。オレンジとブラウンが混じったような明りの中で“不思議女子”のバスト頂上にあるピンクゾーンが光沢を放ちその中で小さなキラキラが星空のように眩い光を放っていた。それは恐ろしく妖艶だった。不思議女子は“ラメ入
りのグロス”を塗っていたのだ。ナイス不思議女子である。そしてナイス“乳房の最尖端”である。



いいダシ。



仕事帰りに駅前のスーパーへ寄り道してビールを購入した時の話。陳列棚に並べられた数種類のビールから淡麗を手にとったボクめがけてヨソ見をした“スリム・マダム”がぶつかってきた。手に持っていた淡麗が床に落ちた。“スリム・マダム”はボクへ謝罪すると同時に淡麗を拾いあげようと前屈みにしゃがみこんだ。干しシイタケがふたつ見えた。いいダシがとれるなぁ。そんな悠長な事を言っている場合ではない。ボクは“スリム・マダム”の“干しシイタケ”を垣間見たのだ。目が渋々した。松茸が折れた。みなまで言わん。言いたくない。この日ボクは“不幸の最尖端”に立たされた。



めでたくない、めでたくない。
AD

【勝敗の行方】

テーマ:
【勝敗の行方】





\3000。



“トップレス・バー”を発見した。これはこれは潜入捜査しなければならない。別にトップがレスしてしまっているガールを見たいがために潜入捜査するわけではない。ボクは真面目だ。年間の8割はポコチンが充血してしまうほど真面目だ。そんなこんなで、元“風紀委員”としての血がトップレス・バーへの潜入捜査を駆り立てるし、カリ起てるのだ。世に蔓延る生真面目な青年たちの為にも\3000を握り締め、仕方なく潜入捜査へと踏み切らなければならない。辛い。実に辛い。辛すぎて辛すぎて微笑みがもれてしまう。大人は大変だ。



コッサン。



朝の通勤で乗換える駅でのこと。いつものように電車を待っていると、胸の1/3は露出してあると思われるTシャツを体にピタリとフィットさせ、極悪に短すぎるミニスカートに峰不二子を彷彿させるような太腿までの網タイツを合わせ味噌するプレステージのAVに出てきそうな女優さんの雰囲気を潮噴きしている女性がいた。オッサンなら迷うことなくその女性の真横を陣取り、『ネーチャン、ハメハメしたくなるぐらい迫力のあるバディしとるなぁ。いったい今までに何本の陰茎を食うてきたんやぁ?もちろん乳輪は浪速節でおまんねやろなぁ?』と心の中で紳士な事を囁きながら、ガールの肉体を至近距離で視姦するだろう。そのガールの陰毛でも拾うようなことがあれば“視姦”しながら“陰毛”を“歯間ブラシ”にするだろう。残酷なことにボクはコッサンだ。オッサンほどの度胸もなければ勇気も迫力も知識も想像力も創造力も年輪も所持していない。むしろ“潮噴きガール”を見た衝撃でインポになってしまいそうだった。自分を不甲斐無く思った。



青年。



度胸ある青年がいた。その青年はAVみたいなガールの頭から膝ぐらいまでを眼球に映せる殺陣の間合いをとり、ガールの斜め前に立っていた。正確には“起って”いた。青年は“恥じらい”や“世間体”や“両親の愛情”や“先祖”を放棄し、勇ましく起っていた。そして“ポケットの中で戦争”をしてけつかんでいた。いわゆる“ポナニー”というやつだ。隙ひとつない見事な構えだ。青年のズボンの股間部分は風ひとつ吹いていないのに激しくなびいていた。いかつい。いかつ過ぎる。“武士に情けは必要ない”と言わんばかりに激しくなびいていた。“武士の構え”に気付いたガールが青年を睨みつけた。逆効果だ。青年は更に激しくズボンの股間部分をなびかせた。更に睨みを効かせるガール。逆効果の漆塗りだ。青年はガールに向けて腰を突き出した。いよいよ“アムロ!いきまーす!”かと思われた時、そこへ電車がやってきた…。“捨てるモノがない”より“捨てるコトに躊躇がない”の方が勇ましい。



めでたし、めでたし。
AD