【依頼】

テーマ:
【依頼】





小説。



バンド友達から“ごく平凡なOLがアナルセックスを知り、目覚め、ハマっていく”という内容のエロ小説を書いてほしいと依頼された。現時点では何に使用するかを発表できないらしい。普通なら“夢精”を理由に断わる依頼だが、お世話になっているバンド友達の依頼なので快くカルボッキしてエロ小説を書くことを約束した。



スタンダード。



ボクの友人に常日頃からアナルを想い、アナルの為に生きる“アーナルスタンダード”なヨシヤという偉大な男がいる。梅雨入り前にヨシヤは同じ職場のキュートで有名な“多香子”を味見した。簡単に言えば“まぐわった”のだ。ヨシヤには恋人がいる。多香子にも恋人がいる。ふたりは右手に“偽り”を、左手には“真実”を握りしめ互いの身体をまさぐり合った。



コングラッチレーション。



勝ちたい時にはSカップ♪
キュートな女子はEカップ♪

上の二行を歌ってみるとなかなか楽しい。是非とも歌ってみてほしい。特に“感動のない日々”を送っている男子は歌うべきだ。それも信号待ちしている時に小声でボソボソッと歌うべきだ。楽しいぞ。ヨシヤは多香子を楽しんだ。恋人に内緒で多香子の身体を楽しんだ。立派な浮気ですよ。本人の話によると、性交回数は2日間で3回、オプションに多香子の“パーマン(本名:右乳)”と“パーコ(本名:左乳)”の狭間に“ブービー(本名:ペニス)”を挟んでもらってパータッチ。ここで一句思い浮かんだ。

 仕方ない なんせ相手は Eカップ

アホだと罵られても文句は言えん。しゃーなしや。そんなアホな行動を実行できるインテリジェンスが羨ましい。畜生め。そして、それとは別件になるがホテルではない漫画の沢山おいてある個室空間にて青年誌を読んで欲情したヨシヤは多香子にフェラッチレーションしてもらったそうだ。それから数日後に多香子は恋人と別れた。ヨシヤのことが気になって恋人と別れた。セックスをする前に多香子が恋人と別れていれば“誠意”を感じれたのだが、散々セックスをしておいて恋人と別れたことには“精意”しか感じられない。一方、ヨシヤは恋人と別れる気は毛頭ない。タマキンの毛穴ほどもない。ボクは多香子もヨシヤも素晴らしい決断をしたと思う。未来ある若者は素晴らしい。どうかふたりに“感動のない日々”が訪れますように♪



めでたし、めでたし。
AD

【年齢】

テーマ:
【年齢】





幸薄な女。



木村多江(37)が切迫流産で8ヶ月の入院生活を送っていたらしい。木村多江は美しい。ボクは木村多江が好きだ。あの幸薄な感じが魅力的でたまらない。ボクは幸薄な雰囲気の漂う女性に魅かれてしまう。“ドコサヘキサエン酸”を摂取すると“頭が良くなる”と聞いた男前が最近になってドコサヘキサハゲテキタサ。本人の希望とは違う形で“頭”が良くなっている。要するに毛髪の“幸”が“薄い”ということだ。笑いが止まらない。しかし、笑ってもいられない。明日は我が身である。“お見舞い”という名目の“祝儀”を包むことにしようと思う。これで彼の髪も不自然に増えるはずだ。



言いたい放題。



負け惜しみに悪口やへりくつを言うことを“減らず口を叩く”という。“負け”の漆塗りである。こっぱずかしい。例えばコンパで女子に『もうお酒飲まないんですか?』と聞かれて、『昨日、ほとんど寝てないから今日はあんまり飲まれへんわぁ。いつもはもっと飲むねんけどなぁ。昨日ちゃんと寝てたらなぁ。ホンマ寝てたらなぁ。』とイキる男子。寝てるとか寝てないとか聞いてへんわ。である。正直に“飲めん”と言え。キンタマちぎんぞ。だからボクはキンタマがない。



オシャレ。



フェラチオをオシャレに言うと“フェ・ラチオ”になる。我ながらオシャレな事を考えついたと思う。これを公の場で発表するとモテモテになるはずだ。どないしたろ。大変だ。人類には世にも奇妙な種族がいる。それはフェ・ラチオをさせながら『美味しい?』と問う男だ。役作りの為なら仕方ないが天然ならAVの見すぎだ。男子は一度胸に手を当てて過去を振り返ってみなさい。そうすれば胸に当てた手が乳首を刺激して気持ちいいはずだ。それにしても『美味しい?』と問う男も男だが、『美味しい。』と応える女も女だ。美味しいはずがない。酷い症状のフェラチオンナはフェ・ラチオをしながら『おちんちん美味しい。』と言いやがる。何も問うていないのに“おちんちん美味しい”である。ありがた迷惑だ。勃起中枢が破壊されてしまう。この様なフェラチオンナに教育的指導を与えるのが紳士の義務である。紳士達はフェラチオンナに出会う度にカチカチに硬直したポコチンでフェラチオンナの頬や唇を叩き、『美味しいはずがないやろ!どこで調教されてきたんや!この淫乱が♪』と叱咤激励し、ポコチンをガッチガチに硬直させてしまう。この教育的指導を関西紳士
保安協会では“ふぇらず口を叩く”と言う。



めでたし、めでたし。
AD

【スポーティー】

テーマ:
【スポーティー】





兄弟。



ボクには中国人留学生の友達がいる。彼は仕事中に『ちーつー。』と言う癖がある。“膣”と言うことが口癖なので名前を“チー・ツー君”としておこう。チー・ツー君はボクのことを“日本の兄弟”だと言ってくれた。とても嬉しかった。涙腺が緩んだ。タマキンがほぐれた。チー・ツー君は“村西とおる”と誕生日が同じなのだ。凄い。偉い。エロい。尊敬してしまう。チー・ツー君は最近“コアリズム”に没頭しているそうだ。きっと『もうムリわー!』とか言いながら腰を振っているに違いない。最近ボクはチー・ツー君に“しょーもない男やで!”という言葉を教えた。チー・ツー君はソレをえらく気に入ったようで、何かあるたびに『しょーもない男やで!』を連発している。次は“村西とおる”の名言“ナイスですねぇ”という言葉を教えようと思う。



ナイスにっぽん。



心斎橋の某百貨店に入っている某洋菓子屋でとても綺麗でかわいい店員さんを見掛けた。あまりに綺麗だったので言葉を失った。皮膚が緊張した。タマキンが引き締まった。人類は偉いしエロい。にっぽん人は長年キープし続けてきた“武田鉄矢体型”からようやく開放されたのだ。それにしても綺麗でかわいい女子だった。ナイスですねぇ。



スポーツマン。



自称“元スポーツマン”で“鎮己太偉蔵(ちんこふといぞう)”という名前の友達と呑んだ。姓が“鎮己太(ちんこふと)”で、名を“偉蔵(いぞう)”という。間違って“鎮己”で区切ってしまうと“ちんこ!ふといぞう♪”になってしまうので気を付けていただきたい。特に女子の皆様は気を付けておかないと、思わず“女壺が梅雨入り”してしまうので注意していただきたい。ちなみに鎮己太のポコチンは極太らしいです。どちらにしても女子の皆様には湿っぽい話になってしまいました。感謝していただきたい。申し訳ない。そんな極太ポコチン君から実に興味深い話を聞いた。



浮気ライン。



太チンコ君は元同僚の女子とお酒を呑んだ。夜が深まり、酔いも深まり、話は盛り上がり“浮気のライン”の話になったそうだ。元同僚の女子は“キスをしたら浮気”と言って“キス”さえしなければ手をつなごうが陰部を咥えようが舐めようが挿入されようが撮影しようが放尿飲尿しようが胸焼けしようが剃毛しようがスカトローションしようが“キス”がなければ浮気にならないと大胆発言し“彼氏がいてもそんなことをした経験がある”と世間体を無視した告白をしたそうだ。アンダーハート丸出しの世知辛いビラビラだ。この女子とミンチと卵と牛乳があればハンバーグができそうだし、“お茶漬け”のようにサラサラッと食べられて『ごっそさん!』とだけ言われるような扱いをされても文句を言えないナデシコだ。ナイスですねぇ。



汗。



浮気ラインで持論を炸裂させた太チンコ君の元同僚の女子は“フェラチオは浮気じゃない”と言いながら様々なポコチンを頬張ってきたクチで『私にとってセックスはスポーツやから。』とパンコしたそうだ。“恋人”としては悲惨だし、“友達”としては迷惑だが、“知人”としてなら傑作な人材だ。“好き”なら“好き”と素直に言えばいいのに。ボクはローションが彩る“艶やかな光沢”が好きだ。“ローション”ってナイスですねぇ。



めでたし、めでたし。
AD