【偉人が残した言葉】

テーマ:
【偉人が残した言葉】





思い切り。



人に対しての“思い切り”もモノに対しての“思い切り”も内側に“思いやり”が無ければ“雑”なだけだ。今回は真面目な話をしたい。世の中には様々な人がいる。学校の勉強は苦手だが賢い人。学校の勉強は得意だが馬鹿な人。。ズブの素人からは“凄い技術”に見えるが、経験者からは“中途半端な技術”にしか見えないことを恥ずかしげもなく自慢気に披露する人。さらにソレを自ら過大評価する人。何事も損得勘定でしか動けない人。見返りを要求する人。自分に甘くて他人に厳しい人。携帯灰皿を持っているから愛煙家だと主張する人。他人を否定することからしか他人を見れない人。他人の意見に耳を傾けようとしない人。偉大な人。頑固な人。人間は様々な人が犇めく“自由”の中で“不自由”に生きている。



年下の女性が上司。



28歳で転職してから4年、32歳になる村上達也には3歳年下の上司がいる。29歳の上司は“美人で仕事のできる女性”として有名だった。以前の会社で“できる男”として扱われていた達也は入社してからの4年間必死に仕事だけに集中したが“年下の女性上司”の“できる”には到底及ばなかった。達也は自分の不甲斐なさをよそに、過去の栄光である“できる男”として扱われていた日々に執着するようになった。気が付けば達也にとって“仕事のできる年下の美人上司”は“目の上のタンコブ”となっていた。



愚かな男。



“年下の美人上司”が担当する仕事のチームで宴会をした。もちろん達也も参加していた。2次会を終え、帰る方向が一緒の美人上司とタクシー乗り場へ向う途中、飲み足りない達也は美人上司をバーに誘ってみた。彼女も飲み足りないらしく達也の誘いを快諾してくれた。お酒の強い達也は調子にのった。“仕事”では完敗している美人上司に“凄い”と言わせたい一心でアルコール度数の高いお酒をグイグイ飲んだ。残念なことに美人上司は達也よりも酒豪だった。達也は酔い潰れて眠ってしまった。



開放。



バーテンダーに担がれながら店を出た時、タクシーに乗せられた時、タクシーの運転手に担がれてタクシーから降りた時、ベッドに倒れこんだ時、断片的な記憶はある。水分が欲しくなり目が覚めた達也は知らない部屋にいた。ぼんやりと僅かに光るスタンドライトのオレンジ色が辺りを微かに照らす。ベッドの上に達也はいた。達也はゆっくりと周りを見渡した。部屋の片隅に置かれたソファに人が横たわっている。ゆっくり近付くとそこには、いつもの神経質そうな表情とは違い緊張から開放され優しい表情の美人上司が眠っていた。その表情を見た達也は、美人上司が普段自分のことを“村上君”と呼んでいることが微笑ましく思えた。



受け入れる。



達也は知っていた。自分は彼女のことが好きでたまらないということを知っていた。けれど“その気持ち”を圧し殺していた。上司とはいえ、年下である彼女に完敗している自分に苛立ち、彼女を目障りに思いながらも彼女に魅かれている自分を認めたくない気持ちが“圧し殺す”という歪んだ結果を選ばせた。達也はベッドから毛布を取りソファで眠る彼女へ毛布を掛けた。そして素直な心で彼女の手を握った。すると彼女が目を覚ました。普段は“村上君”と言う彼女が達也を見つめて“村上さん”言った。達也は黙って彼女の唇に自分の唇を重ね彼女もそれを受け入れた。微かなオレンジ色の光りの中で“ふたり”は“ひとつ”の影になった。その日、達也は何度も何度も彼女と“ひとつ”になったが、またしても彼女に完敗した。おかげで達也の“目の上のタンコブ”は綺麗になくなり、新しいモノができた…



目の上のマンコ部。



めでたし、めでたし。
AD

【マイ・ウェイ】

テーマ:
【マイ・ウェイ】





梅田某所。



気が付けば通い始めてから8年になる店がある。その店は“武田真治”に似ていると自ら豪語する先輩に『おもろい店があんねん。』と誘われて連れて行ってもらった。店の前には赤い提灯。スライド式の扉をガラガラと開けると店内は12名ほどが座れるL字カウンターのみだった。カウンターの中から『いらっしゃい!』と元気な声で“おばちゃん”が迎えてくれた。そして先輩へ『おう!おう!レゲエやんか!よう来てくれたな!ありがとう!ありがとう!グラッチェ!グラッチェ!はよ座り!』と豪快な挨拶があった。



モロキュー。



店主のおばちゃんに“レゲエ”と呼ばれる先輩は“店主のおばちゃん”のことを“オカン”と呼んでいた。座席に着いてビールを注文した。するとオカンは『キリン、アサヒ、サッポロ、モルツ、何がいい!?』と聞いてきた。凄い勢いだったのでビックリした。とりあえずキリンを注文した。ビールを呑みながら先輩と“仕事”や“バンド”の話を少しだけした後に“アホ”な話で1時間ほど盛り上がった。スケベ談義に入った頃に先輩が『モロキュー頼んでみてみ。おもろいから。』と嬉しそうに言うのでボクは“モロキュー”を注文した。



珍品。



不思議なことがあるものだ。“モロキュー”を注文してから1時間ほど経過したが、モロキューの“キュー”すらも出てくる気配がない。先輩がニタニタとした顔で『オカン!モロキューまだ?』と尋ねるとオカンは『ごめん!ごめん!グラッチェ!グラッチェ!すぐできるから!堪忍やで!』と笑顔で即答し冷蔵庫から“キュー”を取り出した。それから10分ほど“キュー”は“まな板”の上で放置プレイされていた。ボクらの前へ“モロキュー”が登場したのは注文から約1時間20分後だった。“絶品の味”というわけでもない“普通の味”のモロキューは色んな意味で“珍品”と言える品だった。



80分間。



モロキューを注文してから登場するまでの約1時間20分という“80分間”、オカンはボクらや他のお客さんに喋りかけては歌を歌ったり、グラスを差し出してはビールをもらったりしていた。だからそれが“モロキュー”たったひとつの調理に80分かかっても仕方ない。そしてそれをお客さん全員が承知しているところが粋で素敵だ。皆オカンの人柄が好きなのだ。料理のメニューも数品あるが、殆どが品切れだ。本当のことを暴露すると、“品切れ”ではなくて“はなから無い”のだ。残念ながらオカンは料理が苦手なのだ。必ず有るのは“いたわさ”だった。なので自然とカマボコパーティーが開催されてしまう。仕方ない。そないに毎週毎週カマボコばかりを食べていられないが、皆オカンに会いたくてついつい店の扉をガラガラするのだ。



マイ・ウェイ。



現在の“オカンの店”はカウンターにたくさんの家庭料理が並んでいる。オカンが料理教室に通い勉強した成果の表れだ。もうカマボコ地獄は無い。少し残念な気もしたが料理がズラリとカウンターに並んでいるほうが活気があって良いと今は思う。オカンのエンターテイメントは勢いを増すばかりでカツラを被って“マリリン・モンロー”に変身したり、お客さんの中に誕生日が近い人がいると仏壇用のロウソクをアホほどジョッキに詰め込んでバースデー・ソングを熱唱したり、ディスコしたり、疲れて居眠りしたり、酔っ払って居眠りしたり、お客さんの中に若い女性がいると『ネーちゃん!よく聞いときや!チヤホヤされんのは若いうちだけやで!年とったら見向きもしてくれんわ!言うとくけどな!ウチにも若い頃はあったんや!いきなりオバハンになったんちゃうで!聞いとるかオッサン!』と“若さ”に嫉妬しているフリをしながら“若さは武器だ”というアドバイスしたり、人生相談したり、お客さんにアカペラで歌を歌わせたり、ギターを弾かせたりとお祭り騒ぎになっている。本当に不思議で楽しいお店だ。たまにボクが友人を連れて『オカン!来たで!』と言うとオカ
ンは『よう来てくれたなぁ!グラッチェ!グラッチェ!はよ座り!』と言って迎えてくれてボクの友人に“ボクのバンドのライブをオカンが見に来てくれた時の話”をしてくれる。そして必ず『エルヴィス・プレスリーみたいやねん!』と言って、大袈裟な身振りをして友人を楽しませてくれる。嬉しいことにオカンはボクのことを“マサ!”と呼んでくれる。ちなみに“オカンの店”の名物はオカンが愛を込めて熱唱する“ベサメムーチョ”という歌だ。歌い終わりの合図にオカンはこう叫ぶ。



オーライッ!



めでたし、めでたし。
AD

【制定】

テーマ:
【制定】





5月5日。



5月5日の“子供の日”のゴールデンタイムに放送されていた某クイズ番組にて某女優が“漢字の読み”を答えるクイズで“昂る”を“あなる”と答えた。杉田かおるは偉大だ。



大人と子供。



“大人”と“子供”の関係においての優先順位として大抵の場合は子供が優先される。つまり“子供”が先で“大人”が後ということだ。関西紳士保安協会では“その事”を踏まえて“5月5日”の“子供の日”の翌日である“5月6日”を“大人の日”として制定している。



心に春を失った人。



年下の“かわいいヤツ”がいる。名前を“桜形”という。桜形君は皆に好かれる人気者で憤慨するぐらい可愛がられている。そんな桜形君は先月から交際がスタートした恋人と“大人の日”にデートをした。桜形君は“大人の日”だというのに、手を繋ぐこともなく、接吻することもなく、ましてやバニーガールの衣装のままベルトを使って拘束プレイすることもなかったそうだ。要するに、特に何もしなかったということだ。しょーもない男やで。そんな桜形君のデート内容を“初々しくて羨ましい”と思った人には“ポリネシアン・セックス”を推薦する。そして“心”に“春”を取り戻し、“ガッチガチに勃起する”という“想ひ”を大切にして頂きたい。



セブン・デイズ・ウォー。



“大人の日”からの7日間、ひとりで“ボクらの七日間戦争”をしていた男がいる。ハメタ・カツオだ。本日、5月13日に“ハメタ・カツオ”は“ハメタクテ・シタローン”を解禁する。カツオに対して“清い交際”を希望している女子がいる。だが現実は“性欲の捌口”としてしかその女子は扱われていない。きっとカツオは何の躊躇もなく“商店街のビンゴゲーム大会”で獲得した“電マ”を使用するに違いない。“えげつない性欲”は恐ろしい。ちなみに、イタリア語の単語で“カツオ”という言葉がある。それは日本でいう“チンコ”のことだ。



“TM NETWORK”が残した名曲“SEVEN DAYS WAR”の中に以下の歌詞がある。



  Seve day war 闘うよ
  ただ素直に生きるために



カツオは素直すぎる。



恐ろしや、恐ろしや。
AD

【にっぽん】

テーマ:
【にっぽん】





ほろ酔い。



シルベスタ・スタローンが“ほろ酔い”で来日していた。相変わらず“クンニをしている最中”のようなパンチの効いた顔面をしていた。素晴らしい“クンニ顔”だ。紳士的にも程がある。



南半球。



夕方、阪急梅田からJR大阪へ歩いていると前方から“サマービーチ気分”な服装をした女子が闊歩してきた。中学生なら見た瞬間に射精してしまうであろう“サマービーチ娘”の服装は“下着姿”と言っても過言ではないスタイリッシュな服装だった。しかも、南半球が丸出しだった。エロ・フィルムの撮影かと思った。ちなみに“南半球”とは世間一般では“下ちち”と呼ばれ崇められている“男子にとってはオーパーツ”な“バディ・ポイント”のことだ。サマービーチ娘とすれ違う人々が振り返る。オバハン2人組はサマービーチ娘を指差しヒソヒソ話。こってりオジサンはサマービーチ娘をオスの眼差しで捕えている。ボクは『うそん!』と声に出して“関西人”してしまった。都会のオアシスは人々の視線を独占した。大抵の場合“この手の娘”の顔面は“しゃーなし”な構造なのだが、このサマービーチ娘は違ったのだ。とても綺麗な顔立ちで“鈴木えみ”に似ていた。後々の事を考えると握手してもらえばよかったと思うぐらいの“美人”だった。そんな娘が南半球をさらけ出して都会を闊歩していたのだ。偉い。是非とも国民栄誉賞をプレゼントしたい。



記録。



サマービーチ娘の服装に驚きながらも“得した気分”で電車に乗り込んだ。“にっぽん”の娘達は凄いことになっている。ボクが座る座席の前に“内モモ”の“筋”が露呈するパンツを着用した女子が立っている。見上げると“卑怯”なまでに胸を締め付けるようなシャツを着ていた。しかも胸元がザックリと開いていて、北半球の2/3を露呈している。下手をすると“ピンク・トップ”が“おはようございます”とハキハキとした挨拶をしそうな勢いだ。幸福な降伏だ。これほどまでに電車内での“目のやり場”に困ったのは初めてだ。いや、そうでもない。数回ある。ボクは幸せだ。娘の隣りに立っている“脂紳士”は“こってり”とした眼差しで娘の胸元をチラチラと覗き見していた。キンタマみたいな表情だ。下品業界の中でも天下一品なチラミ・ハラスメントだ。普通の男なら“あのような表情”をキープしながら暑苦しいほど堂々として女子の胸元へとチラミ・ハラスメントを施せない。“真面目”にも程がある。ボクは“ひとりの男”を思い出した。



ボン・マールシェ。



ボクの“知人”で“痴人”として扱われ、“恥人”として紹介される“ハメタ・カツオ”という自称“真面目な男”がいる。この“恥人”は仕事中に制服のズボンから“片金”を出していたり、性癖を熱く語ったりするような霊長類で“性欲”が“えげつない”のだ。もし、“恥人”が“南半球娘”や“北半球娘”に遭遇していたら“ハメタクテ・シタローン”になっていたに違いない。シタローンは“ほろ酔い”になると本当に悲惨で脂まみれな“ギトギト”とした“エロ本のセリフ”のような発言をする。可哀想だ。あまりに酷い失言ばかりなので、同じ職場で働く同僚としては、ひとおもいに“ED”にしてあげたい。そして“落ち着き”を持ってもらいたいと切実に思う。“にっぽん”の未来のためにも是非とも恥人をEDにしなくてはいけない。ちなみに、女子がシタローンと1対1で6分以上喋ると“妊娠”するという噂がある。その噂は、きっと真実だ。



恐ろしや、恐ろしや。

【男の涙】

テーマ:
【男の涙】





浅見光彦シリーズ。



ここしばらくの夕方は“浅見光彦シリーズ”の再放送を視聴していたので、夜に働いて昼に寝るボクは睡眠時間が激減してクタクタになっていた。始発で帰宅してから眠り、昼過ぎに起きるとジャージーの裾からポコチンがヨコチンしていた。女子の皆様は知らないと思うが、疲れきって緊張感を失ったポコチンというのは相当な長さになるもので“くるぶし”と添い寝するほど長くなる。そう、男はつらいのだ。ただ残念なのは再放送されていた浅見光彦シリーズの主演が“水谷豊”でないことだ。あの“絶妙なコミカルさ”がないとボクは浅見光彦を楽しめない。“水谷豊”の後任で“あの感じ”を醸し出しているのは“沢村一樹”が演じる浅見光彦だと思う。ええ感じに“ほくそ笑む”ボクがそこにいる。



ムケメン。



ボクの所属するバンドのリーダーは極上の“ムケメン”だ。“ムケメン”とは“ポコチンの皮がムケて尚かつ薄皮までムケた完璧なメンズ”のことだ。リーダーが凄いのはサイズの方も大きくて特定地域では“キングサイズ”に認定されている。そんな“キングサイズ”な“ムケメン”は昨年の10月末日に開催されたライブ終了後の屋外打ち上げ宴会の際に“露出したい欲望”を抑えきれずに“ムケメン”を披露して騒いでいるところをポリスに囲まれ“公然猥褻容疑”で逮捕された。マラのサイズが“キング”という日本人離れした大きさだったのが逮捕の原因だと噂されている。そんな“裸の王様”は“反省”はしているが“後悔”はしていない。立派な男だ。さすがリーダーだ。偉い。エロい。それに比べて“ドラム”を担当している“ナカムラ君”は“せこいハゲかた”をしたゲーハーでみっともない恥さらしだ。ボクまでハゲてきたので訴えてやる。裁判には負ける気がしないけれど、ナカムラ君の“ハゲっぷり”には勝てる気がしない。



ムッシュ。



以前ボクが勤めていた会社の後輩に“ムッシュ”という“推定童貞”がいた。このムッシュという男は“ラグビーの試合で交代出場した瞬間に肉離れを起こし退場した”という天才肌で“推定童貞”なスポーツマンかつ“元ホームレス”だ。とはいっても10日間ほどのホームレスなので“本格的アウトドア派の人々”と比べると“素人童貞”と言われても仕方ない。どちらにしてもムッシュは“童貞”というライセンスを剥奪されることはない。



原因。



10日間ホームレスの原因は“ニート”である。実家で“本気ニート”を満喫するムッシュに“ムッシュ・タディ”が激怒して実家から追放されたのだ。行くあてもないムッシュ。20代後半でホームレスに入門したムッシュは環状線をグルグルしながら“働く決意”をしたそうだ。そしてボクが働く派遣会社へ入社してボクと同じ“某有名百貨店”へと派遣されたのだ。



鳴かぬなら殺してしまえホトトギス。



ボクが派遣の仕事を辞める直前、些細なハプニングによりムッシュの異動が決定された。それを聞いた日の夕方にムッシュが泣いた。“異動”がイヤでムッシュが泣いた。『オレは必要のない人間なんや!』と言ってムッシュが泣いた。悲惨だ。アホだ。童貞だ。それはそれは大層な“男泣き”だった。



泣くのなら、陰で泣いてよホトトギス。



ムッシュよ、その“泣き”は意味不明だぞ。そりゃ童貞だわ。誰もがそう確信した。さらに童貞は“泣く”だけでは物足りず『異動するくらいなら辞めます!』と“鳴いた”のだ。泣いて鳴くアホなホトトギス。アホホギスは仕事を辞めるまでの数週間毎日のように“職場のボス”へ敵意を顕に噛み付き、『異動は撤回したから辞めないでくれないか?』というボスの説得も、『せっかく“異動”が撤回されたんやから残ったらいいやん!』という周りのスタッフの説得も聴くことなく、『これ以上ボスの横暴を無視できないから、今後の皆が意見を通せるようにオレは皆の為に辞める!』とピヨピヨな発言をした挙句に“お世話になった人々の思い”を無視してアホホギスは約2年間お世話になった“百貨店”という“女子に囲まれた職場”にツバを吐くような形で辞職した。



行方知れず。



その後、アホホギスは職を転々とするが結局は“麻雀”や“野菜嫌い”やらの誘惑に負けて辞職を繰り返し、再び“ニート”へと返り咲いた。後は未来に鎮座する“本格的アウトドア派”へ向けて実家で待機し続けて再び“ダディ”に追放されるしかない。しかし、神様はアホホギスに“働くチャンス”を与えられたのだ。“男泣き辞職”から1年、アホホギスは後輩の支援により“某有名百貨店”へと復帰した。あれだけタンカをきって、心配してくれていた周囲の人の話も優しさも無視し、ツバを吐くような形で辞めた職場に復帰したのだ。よく復帰できたものだ。どういう神経をしているのかと疑問に思う。アホホギスにとっての“男の涙”とは安いモノだったのだ。気持ち悪い童貞だ。



ボスへ挨拶。



“男泣き”と“ボスに喧嘩を売る”という荒技で仕事を辞めたアホホギスだったが、復帰の際にボスへ『あの時は本当にすいませんでした!本当にすいませんでした!本っ当にすいませんでした!』と平謝りの連発だったそうだ。聞いてるこちらが恥ずかしくてホーケーになってしまいそうだ。現在のアホホギスは『この仕事はオレにとって天職やわぁ!』と“くっさい息”を吐き出しながら調子ぶっこいでいるそうだ。これだから“不潔な男”は嫌いだ。ちなみにアホホギスは肩にフケが降っているし、些細なことですねるし、読売ジャイアンツの上原みたいな髪型だし、ワキの破れたTシャツを着ているし、ネタを振られても返せないし、アドリブが気持ち悪かったりするけれど、競馬で勝つと焼肉をご馳走してくれたりするので“案外いいヤツ”なのだ。もう少しオシャレに気を使って、もっと前向きな思考になれば、身長も高いし、顔も整っているから“何とかなる”かもしれない。



恋人について。



その昔、後輩の“モテる男”で“あちらこちら”でセックスを楽しんでいる美男子がアホホギスに『恋人は欲しくないんですか?』と尋ねたところアホホギスは『“ひとり”が楽でいいよ!“ひとり”は気楽やで!』とボクを笑殺させるような発言をしていた。童貞のくせにだ。“ひとり”しか経験したことのない男の思考は恐ろしい。



所詮、童貞の戯言。



めでたし、めでたし。