【ライブで叫ぶ】

テーマ:
【ライブで叫ぶ】





野音。



実はボクが所属するバンドは過去に数回だが野音に出演したことがある。“バンドマンらしいこと”を言うと、野音のセッティングは非常に難しい。閉鎖された室内だと“ある程度の感覚”がわかるのだが、野外となるとわけがわからん。プロの野音とは違うのでリハーサルも無いに等しい。余計にわけがわからん。何故、野音に出演したのかもわけがわからん。“わかっていること”は『女性の胸で何が気になりますか?』と尋ねられて『味。』と即答できる大人は“素敵”だということだ。



好き。



いつだっただろうか?職場の先輩に誘われてボクが所属するバンドでドラムを担当しているナカムラ君と野音を見に行った。出演していたのは、エレファントカシマシ、ロザリオス、UA、少年ナイフ、ハイロウズ、ユダ、ミッシェルガンエレファントだった。まず、エレカシには間に合わなかった。会場に到着した頃にロザリオスが始まった。ボクもナカムラ君も“中村達也”が好きだったので“たまらん気持ち”になった。でも、まだ到着したばかりのボクらは遠くから見ることだけしかできなかった。スクリーンに映し出された“サックス”を演奏する武田真治の筋肉が凄かった。ボクが最も見たかったのは“浅井健一”が率いるユダだ。前日に雨が降ってグチャグチャになっている地面を蹴り上げ、人ゴミを掻き分けながら最前列の柵の前へと辿り着き“浅井健一”の目の前を陣取った。拳を振り上げ叫んだ。ステージに向かってタオルを投げた。タオルにはボクの名前を書いておいた。憧れへの敬意だ。泥まみれになって汗だくになった後のビールは最高に旨かった。日が沈む頃にステージに現われたUAは幻想的で美しかった。ハイロウズのステージは客席が他のバンド
とは違う“統制”がとれていて感動した。



ウエノコウジ。



ミッシェルガンエレファントのベースがとても好きだ。音、構え方、弾き方、動き方、全てが好きだ。ボクはユダの時と同様に最前列の柵前ベストポジションを確保した。乱闘騒ぎの様な場所で必死になりながらベーシストだけを見続けた。そして周囲の猛者たちと一緒になって拳を振り上げ叫んだ。



コール&レスポンス。



どのバンドにも“ライブうけ”する歌がある。客が一斉に拳を振り上げ叫ぶ箇所が用意されている歌だ。その狂気は素晴らしい快感だ。そんな狂気の中、ボクの後方で“間違ったフレーズ”を叫んだり、まったく違う箇所で“ひとりだけ叫んだり”している猛者がいた。あまりに酷い醜態に“どんなヤツや?”と思ったボクは後方へと振り向いた。笑ってしまった。そこにいた“イキり”はボクと一緒に来場したドラムの“ナカムラ君”だった。とってもアホ面だった。オランウータンかと思った。



知らないことの哀。



オランウータンは“あまりに楽しそうなボク”を見て“負けてられへん”という“わけのわからん気持ち”になり、猛者たちがひしめく渦へと身を投じたそうだ。そして、“オレも何か叫びたい”という“自分が世界の中心だ”という自分勝手な思想のもと“それらしいフレーズ”を叫んだそうだ。



世界の中心で“哀”を叫ぶ。



“知ったかぶり”でも“楽しければ”それでいい。たとえそれが周りに何と思われても。ボクはオランウータンからソレを教わった。でも、アホ面を晒すのは勘弁して頂きたい。バンドメンバー全員が“アホ面”と思われるのは迷惑だ。



めでたし、めでたし。
AD

【JRA】

テーマ:
【JRA】





2年前は“JRA”を銀行として使用していた友人と随分久しぶりに呑んだ。友人は尼崎で“貴公子”という職業に就いている。簡単に言えば“やから”を振る舞う仕事だ。貴公子と会うのは本当に久しぶりだった。痩せてスッキリとしていた。1年ぶりの再会もあったので5時間近く“あーだこーだ”と言いながら居酒屋で呑み食いをした。貴公子は刺身とポテトサラダと春雨を“のどごし”で召し上がっていた。豪快だ。また太るのも時間の問題だ。その後、店を出て貴公子とラーメンを啜ることになり天下一品へと向かった。



こってり。



貴公子は唐揚げ定食でラーメンのトッピングにチャーシュー大盛り、ご飯大盛り、ご飯小盛り、ギョーザ1人前、ラーメンのスープはもちろん“こってり”を綺麗に完食した。凄い。太るのも時間の問題だ。



貴公子の昼食。



貴公子は昼食にミンチカツ、マカロニサラダ、トロロ、みそ汁、ご飯大盛り1杯とおかわりにご飯普通盛り1杯を食べるそうだ。本当は大盛り2杯食べたいけれど恥ずかしいので2杯目は普通盛りで妥協しているそうだ。凄い。太るのも時間の問題だ。



近況。



貴公子は最近フラれたようで『医者に診てもらわなあかんわ。』と言っていた。JRAにも融資する日々が続いているようだ。帰宅して気付いた。眼鏡がない。どうやら何処かに眼鏡を忘れてきたようだ。微妙に眼鏡が必要な視力というのは厄介だ。



めでたし、めでたし。
AD

【ゲス鍋】

テーマ:
080420_0844~01.JPG
【ゲス鍋】





ゲス番長。



ボクには仕事先でお世話になった先輩がたくさんいる。例えば、仕事中に昼食のフリをして“スケベなエステ”でスッキリ爽快してくる先輩、20代前半だったボクを含めたバンドのメンバーを家に招待してくれて酒を浴びるほど呑んでボクらに全裸で正座を強要し、突然にボクのポコチンを“カプッ”と一瞬だけ咥え『ひくな!オマエらがライブでやってるエンターテイメントはこんなんや!前フリがなかったら怖いやろ!わかるか!』と自らを犠牲にしてまでボクらに恐怖を教えてくれた先輩、恋人の父親の会社に就職して職場の女性に手を出して恋人の父親に不倫がバレて会社をクビになった先輩、既婚でパチプロの先輩、女子のアナルに指を挿入する癖がある先輩、仕事の出張先でナンパした女子に即日即食“中出しセックス”をして相手の女子には嘘の連絡先を教え『二度と会うことはないからええねん♪』とボクに豪語する先輩、恋人にフラれて泣きながら放屁する先輩、ゲイの先輩、アホボン、マッスルボディになってから消息不明の先輩、ケジラミを飼っている先輩、ハゲ、たくさんの優しくて頼れる素敵な先輩がいる。迷惑だ。



大先輩。



先日、バイト先の居酒屋で大先輩が辞職された。大先輩は昆虫が大好きで、特に蝉が好きという設定なので名前を“セミさん”としておこう。セミさんはボクら若輩者に料理の美味しいお店を教えてくれたり、『僕はSやからねぇ~。女の子に“される”のはイヤなんですよねぇ~。“させる”のが好きなんです♪ん?もう一度言おうか?“さ・せ・る”のが大好きなんです♪』と自己紹介してくれたり、就職活動中の人間の相談にのってくれたり、風俗嬢とプライベートな関係になれる方法を教えてくれたり、若手の恋愛相談にのってくれたり、ひとり暮らしの子にパスタ料理を作ってあげてからセックスをすると相手の子はポコチンを咥えながら『ボーノ!ボーノ!』と言うと教えてくれたり、新社会人になる人間の相談にのってくれたり、笑えるスケベなお店を教えてくれたりと“必要”な“いらんこと”をたくさん教えて下さった。セミさん最後の出勤日は仕事を終えた早朝5時からモツ鍋とビールとゲスな話で“輝けるアホな時間”を5時間ほど堪能した。この日、フジテレビが大好きな若手のチェリー君は体に油性マジックで墨を入れましたとさ。



めでたし、めでたし。
AD

【凄い!凄い!】

テーマ:
【凄い!凄い!】





チンコを無視してオナニーしまっせ。



エロスなのか何なのかよくわかりませんが、とにかく凄いんです。バーで知り合った26歳事務員の彼女はホテルへ入るなり僕のズボンのチャックを下ろし、ポコチンを握りしめて摩擦を与えたり、唇で滑らしたり、喉の奥まで咥えこんだり、先端を舌先で奇襲しながら『ひとりでするから見ててくれる?』と聞いてきた。その言葉に興奮した僕は彼女を強引に抱き上げベッドへと連れて行った。そして『見ててやるから自分でしろ。』と責める言葉を浴びせた。彼女は自ら半裸になりマスターベーションを始めた。僕は彼女に罵声を浴びせた。その度に彼女は激しく悶え、美しい表情で乱れた。異様な興奮に支配された僕は更に彼女を罵り、購入したての“高級感”が滴り落ちるシリコン製“ヘビー・アダルトグッズ”を彼女に与えた。彼女は“そいつ”をクチで頬張り僕を挑発的な目で見つめた。そして“そいつ”を、ゆっくりと自らの入口へと導いた。



光沢を彩る汗、機械仕掛けの絶倫、研ぎ澄まされる精神、止まらない悶声、禍々しくも美しい欲望。



人間には不可能な動きをする“そいつ”は彼女を最短距離で着実に“頂上”へと案内している。玩具に“玩具”として扱われる彼女。室内には“粘膜が弄ばれて奏でる淫音”と“快楽に犯された悶声”が響く。マスターベーションに没頭する彼女はやがて、声にならない声で鳴き、体をのけ反らせ“ビクンッ”と大きく痙攣した。彼女は墜ちた。ベッドに横たわる彼女を見つめながら“優越感”に浸る僕のポコチンはダイヤモンドをも砕きそうな硬度に成長していた。



采は投げられた。



僕は半裸のままでベッドに横たわる彼女に近付き、彼女の身体に触れた。のび太。彼女は眠っていた。彼女が墜ちてから3分も経過していない。だが、彼女は眠っていた。まったくもって起きる気配はない。動かない…。というのがボクの後輩で美少年の“セックス大好きスペルマン21歳”が体験したエピソードだ。そのエピソードをボクに披露してくれた彼は『どう思います?これは何なんすかね?』とボクに問いかけた。仕方ない。“大人の楽しみ”を知らない彼にボクは『それは“チムニー”や。』と教えた。すると彼は『そっちかぁ~。』と言って納得した。



チムニー。



それは“チンコを無視してオナニーしまっせ”という“大人の食文化”である。



彼は“チムニー”で墜ちた彼女の寝顔を見ながら“オナニー”に没頭し、スヤスヤと眠る彼女の胸に射精したそうだ。



そういえば、AVアクトレスの星崎未来は性交中にピストン運動をされると『凄い!凄い!』と言うよね。



めでたし、めでたし。

【凄い。】

テーマ:
【凄い。】





ケジメをつけるために“指をつめる”という儀式がある。厳しい世界だ。



予告編。



ボクみたいな者を働かせてくれている居酒屋に新人として入ってきたメンズは少女漫画に出てきそうな顔面をしている。名前を“バンコラン”としておこう。バンコランが働き始めてから3ヶ月ほど経過したある日、珍事件が勃発した。連発で。



ケジメ。



さほど店が忙しくない日、バンコランは自分で閉めた冷蔵庫の扉に自分の指をつめた。ついつい『何のケジメやねん!』と関西人してしまった。凄い。天才だ。プロも驚くアマ根性に脱帽だ。



男のオシャレは足元から。



店がヒマで通常より30分ほど早く仕事が終わった日、着替えをしていると、早々と着替え終えたバンコランが『おつかれさまでした!』と勢いよく裏口から店を出た。しばらくするとバンコランが自然な素振りで戻ってきた。どうやら職場のスリッパを履いたまま途中まで帰っていたようだ。凄い。天才だ。オシャレ泥棒もたいがいにせえである。



夢の中へ。



店が忙しい日、終電ギリギリまで残業してくれたバンコランに感謝の意を込めて“商品としては出せない形の崩れたデザート”を食べてもらおうと更衣室に行くと、スタッフ全員の制服が掛けてある棚でガサガサしているバンコランがいた。必死な形相のバンコランは『すいません!携帯に電話してもらっていいですか!携帯を棚の奥に落としてしまったみたいなんです!』とボクに言った。ボクは携帯を取り出してバンコランの携帯に電話をした。電話の向こう側からは虚しくも圏外のアナウンスが流れていた。バンコランに“圏外”を伝えようと振り返ったボクの目には携帯電話を握りしめたバンコランの姿が見えた。凄い。天才だ。斉藤ゆきが歌う“夢の中へ”が頭の中で流れた。



磯野カツオ。



あまりに店がヒマだった。どうしたもんかと思うほどヒマだった。各々が“普段は掃除しない場所”を掃除したり、“翌日の仕込みが楽になる”ように野菜を切ったり、デザートを仕込んだりしていた。バンコランは“つまみ食い”をしていた。それは“磯野カツオ”の“つまみ食い”を遥かに凌駕した“本気食い”だった。バンコランはオーダーが入ったかのように堂々と“つくね”を焼いて、誰にも気付かれないように“つくね”をタレで食べていた。その事実にボクを含め他のスタッフも気付いていなかった。だが、神様は見逃さなかった。それはそれは幸運なことに“つくね”を頬張るバンコランは料理長に目撃ドキュンされた。叱られるバンコラン。“恋人たちの囁く距離”で20分ほど叱られたバンコランは『次やったらクビやぞ。』と料理長に予告され、直ちに帰宅させられた。バンコランが勤務中にコソコソと隠れて喫煙しに行っていることも、本気食いしていることも料理長にはバレバレだったのだ。その後“バンコランへのお叱り”の詳細を料理長から聞いたボクは潮を吹きそうになった。凄い。天才だ。テクニシャンにもほどがある。



喪失。



バンコランには“わけのわからん根性”を喪失しないで人生を躍進して頂きたい。ちなみに“紅音ほたる”の処女喪失の相手は“キュウリ”だそうだ。凄い。天才だ。“オナニー”も“ソフトボール”同様に処女膜泣かせだ。



ちなみに、部活で“ソフトボール”をしていて“処女膜が破れた”という女子をボクは知っている。



めでたし、めでたし。