【謝罪】

テーマ:
【謝罪】





あたたか~い。



恋人と抱き合った時に“あたたか~い”と感じる。射精とは違う快楽が素敵に素晴らしく幸せを感じる。今回の“あたたか~い”は不快の塊だ。



あたたか~い。



尿をかけられた。綺麗な女子からサプライズなプレイとして尿をかけられたのなら勃起中枢を破壊寸前まで活発に働かせながら『ありがとう♪』と喜べるが、相手は白い鼻毛満載のジジイだ。放尿に専念しているボクの右ふくらはぎを“あたたか~い”感覚が襲撃してきた。振り返るとポコチンを露出したジジイがよそ見をしていた。バレバレである。“よそ見”にカチンときたボクは冷静を保つことが不可能になり『何してくれとんねん!』と素直な気持ちを口走った。するとジジイはポコチンからジョロジョロと汚水を垂れ流しながら桜色に染まった顔面と酒臭い口臭で『知らん。』と“しらばっくれ”やがった。とりあえずジジイが放尿を終了するまで待つことにした。放尿を終えたジジイに“証拠”を見せながら『あなたがボクにかけた尿ですよね。』と聞くとジジイは『それは手を洗った時の水や。』と答えた。殺意は無いが『殺すぞ!』と言いたかったが我慢して『ここの水道は“水”しか出ません。ボクの足にかかったのは“あたたかい”んです。トイレにいたのはボクとあなただけなんです。ボクの足にかかったのはあなたの尿ですよね。』と問い掛けた。するとジジイは明
らかな上から目線と面倒臭さをコラボレーションさせた口調で『そうでっか。すんませんな。』と白状した。これが綺麗な女子とのプレイならどれだけ嬉しいことだろうか。



謝罪の念。



“誠意ある謝罪”なら許すつもりだったが、『すんませんな。』に誠意を感じることができなかったボクは『話にならん。名前と住所と電話番号を教えろ。』と顔面を硬直させて発言した。するとジジイは千円札を数枚出して『これでよろしいやろ!』と言った。そのリアクションにボクは更なる怒りが込み上げた。警察を呼んでも何ともならないことはわかっていたがボクはジジイに『警察呼ぼうか?』と言った。するとジジイは急に態度を改め『ワシが悪かった勘弁してくれ!』と今らさワビを入れてきた。と同時にババアが現われた。ジジイの嫁だ。事情を知ったババアはボクの腕を掴むと『兄ちゃん、ごめんな!この人、病気で倒れたことあんねん!きっと意識朦朧としてたんや!ごめんな!堪忍やで!』と涙を潤ませながらボクの情に訴えてきた。夫婦そろって上から目線だ。茶番だ。病気で倒れたことのある人間なら人に尿をかけておいても『すんませんな。』で許してもらえるのか?全てに呆れたボクは2人に『“ごめんなさい”とまともに言えるようになってから外出せえや。』と言ってその場を去った。ボクは思う。相手が年上であろうが、年下であろうが、謝罪の
言葉は“すいません”か“ごめんなさい”だと。



人様に“迷惑”と“尿”はかけてはいけない。



もちろん、放尿プレイは別とする。



今日、ボクはジジイとババアが嫌いになった。



めでたし、めでたし。
AD

【愛を叫ぶ】

テーマ:
【愛を叫ぶ】





LOVE



“腹上死したい”や“クンニで溺死したい”と思うのは勝手だが、相手の事を考えると実際に成し遂げるのは具合が悪い。もし実際に成し遂げた場合、相手はセックスを一生できなくなってしまう可能性がある。それに相手は“チンコ殺し”や“絶命名器”や“セック死”といったB級ホラー映画タイトルのような称号を与えられ、陰でヒソヒソと噂されるのだ。あまりにも不憫だ。ペニスどもは“ある程度のセックス”を経験したあたりから“セックス中に死す”という偉業に憧れを抱くが、“白目をむく程度”で満足しておくべきだしコンドームは自力で外せるぐらいの体力を残しておくべきだ。何よりも相手にとって“愛”が“哀”になってしまうような“セック死”は具合が悪い。



LOVE LOVE



丸坊主から約3年間切らずにダラダラと伸ばしてきた髪の毛は毛先で自分の乳首を愛撫できるぐらいの長さまで成長していた。その“決して気持ちいいとは言えない”髪の毛を切った。ヒゲも剃った。そしたら危なくなった。“良い意味での危ない”ではなく、“悪い意味での危ない”だから悲惨だ。かなり危険だ。本当に悲惨だ。



LOVE LOVE LOVE



ボクが働く居酒屋の同僚“シュンタロウ君”は若いくせにハゲている。まだ22歳だというのに後頭部がハゲている。出世欲が強すぎる。どうやら“ハゲると出世できる”という秘密を知っているようだ。ただ、“ハゲ出世”には年齢制限があって“27歳未満は対象外”という事実を知らないようだ。可哀想に。無駄ハゲだ。脳ミソもツルツルのようだ。本当に可哀想に。ハゲた後頭部を見ているこちらの気分が“シュンタロウ”だ。可哀想で目から発汗してしまう。勘弁してほしい。それにしても、ハゲ方が失礼だ。



 ねえ、どうして?
 すごくすごくハゲなこと
 ただ伝えたいだけなのに
 ツルルルルル
 涙が出ちゃうんだろう?



これじゃ愛を叫べない。



めでたし、めでたし。
AD

【原因】

テーマ:
【原因】





夜もヒッパレ。



昔、芸能人がカラオケを熱唱する“夜もヒッパレ”という番組があった。“見たい、聴きたい、歌いたい!”を合い言葉に、自分の歌が売れなくなった歌手がヒットしている他人の歌を熱唱したり、“華”は無いが“アク”のあるタレントがイキって歌を熱唱したりで視聴しているボクが辛い思いや恥ずかしい思いをしたことを記憶している。



美しく言えば“お食事会”で汚く言えば“下心の集い”という集会が世の中には存在する。“コンパ”というやつだ。コンパには多種多様の“下心”が身を潜めている。過剰にドレスアップする者、メイク魂が炎上している者、家から避妊具を装着している者、ガッチガチに髪を固めている者、うつけ者、各々が自らを必要以上に演出するがあまり怪演してしまう。全ては下心の産物だ。若者たちは食事を終えカラオケへと移動する。2次会だ。食事で“ある程度の情報”を掴んだ猛者どもはカラオケへ移動するとギラギラと下品に輝く目で獲物を舐め回す。そして、お気に入りの獲物がカラオケを歌うところを“見たい、聴きたい、歌いたい!”となり、獲物の隣り席を確保した頃には“見たい、ハメたい、脱がしたい!”と下心がチョロチョロと漏れ出し、ついには“したい、されたい、ナマでしたい!”と本音が爆発し性器が叫び出す。



有言実行。



コンパで知り合ってから最初のデートでセックスをし交際がスタート。そして数週間後に恋人から『妊娠したかも。』との告知を受ける。最初のセックスで妊娠させてしまい突然に与えられた“パパ”の称号、そこで初めて避妊具の重要性を知る。避妊具の装着は紳士の始まりであり嗜みだ。もし手元に避妊具がない場合は、せめてポコチンの皮を亀頭が完全に隠れるまで引っ張って先端を輪ゴムでグルグル巻きに縛るぐらいの配慮は必要だ。たまに手首に輪ゴムを巻いてる人を見掛けるのは“もしも”の時に備えての準備なのだ。備えあれば憂いなしである。ちなみに、この輪ゴムを活用した避妊妙技を関西紳士保安協会では“皮をヒッパレ”という。



めでたし、めでたし。
AD

【ノミネート】

テーマ:
【ノミネート】





空を舞う胞子、空を斬る想い。



ボクの知人は憶病風に吹かれながら逃亡生活への準備を着々と進めている。彼は背が高く、頭が良く、タマキンがバカで、ペニスが素直で、勃起中枢を大切にしている変質者だ。つい先日、変質者はセックスをして風邪をひいた。いわゆる“カゼックス”というやつだ。変質者は現在、ひとりの女子を2泊4食していて、そろそろ“食い逃げ”の頃だと目算しクラウチングスタートの態勢に入った。そんな矢先に相手の女子からメールが送られてきたそうだ。



『セフレとか嫌やから。』



先手必勝。パートナーは直球の球を投げてきた。その球に対して変質者の玉は“キュッ”と縮こまった。



アフター。



パートナーの女子は変質者との“お付き合い”という関係が成立していない状況で肉々しい“お突き合い”すなわち“セックス”をしておいて『セフレとか嫌やから。』と“押掛け女房性アフターセックス・アピール”をしておられるそうだ。“セフレ”が嫌ならせめて“交際”が成立するまではセックスをしないことだ。しかもそのパートナーは“友達が妊娠した時に友達が相手の男の子に妊娠した事を告白したら、『俺は知らん。』て言われて逃げられた。”のを間近で見てるから余計に“セフレにはなりたくない”と“同情誘発性アフターセックス・アピール”されているそうだ。“友達が妊娠の挙げ句に棄てられた”という背景と“私はそんな女になりくない”という意思が渦巻く中で、出会って2回目の夜に避妊具を装着させずにナマ挿入を許可するポップ感は理解不可能だ。巨人師匠ならきっと『そんなもん、君、パンパンやで。』と言うだろう。



名答。



更にポップなのが変質者だ。彼に“セフレは嫌と主張する彼女が何故に君とセックスすると思う?”と質問したところ彼は『そら、気持ちいいからでしょ!』と即答し『気持ち良くなかったらセックスしまへんで!それに相手の子も“気持ちいい”言うてましたもん!相手の子、凄い締まりがいいんすよぉ♪遅漏のボクがすぐにイッてしまうんですよ!』と情報を早漏していた。最低だ。流石は“クンニのしすぎ”で唇がビラビラになってしまっているだけのことはある。ここ数日間の彼はクチの形状がクンニの態勢のままだが本人は気付いていないのでボクは黙って見過ごしている。大人の配慮だ。それにしても、まさか彼がここまでペニスに支配されているとは思わなかった。危篤だ。手の施しようがない。赤玉が出ればいいのに。



ノミネート。



“最優秀最低賞”を受賞するのは彼か?彼女か?何も言わない視聴者か?それとも、ネタとして活用して楽しむボクか?いずれにしてもノミネートされた時点で“最低”なのは明確だ。



最低は最高の始まり。



“ポップ”な気持ちで男と女が“セックス”する事を巷では“ポップス”と言う。



めでたし、めでたし。

【おにぎり】

テーマ:
【おにぎり】





思い出すだけで切なくなる。



あの時のボクは睡眠不足だった。お酒を呑んだボクは終電より1時間前の電車へ乗車した。車内は意外と空いていたので席に座ることができた。寝過ごさないように携帯のアラームをセットしたボクは余裕をブッこいで居眠りに没頭した。しばらくしてからアダルトな振動で目が覚めた。携帯のアラームがバイブレーションでお知らせしてくれたのだ。ピンクローターの振動ではなかったので安心した。それはボクが下車する予定の2つ前の駅だった。ボクは再び目を閉じた。



マグロ。



予定は未定だ。再び目覚めた時は下車予定していた駅とは別の駅のベンチだった。どういう馴れ初めでボクがベンチで踏ん反り返っているのかは不明だった。言えることはボク以外の人がいない事、全ての照明が落ちていた事、ボクの隣りで携帯電話が静かに横たわっていた事だ。携帯電話を見たボクは数年前に知り合ったフェイスとスタイルがナイス過ぎでセクシーフェロモン全開なのに、いやらしい個室空間でのひと時では驚愕するほどマグロだった女子を思い出した。活動を停止した駅のベンチに踏ん反り返っていたボクは嫌な予感を胸いっぱいにマグロを持って改札口へと向かった。そこはボクが下車する予定だった駅より7つ先の駅だった。



待合室の有り難さ。



全ての活動を停止した駅は卑猥な言葉を大声で叫びたくなるぐらい開放的だった。改札口を出て見えたのは切なくなる間隔で微かにアスファルトを照らす街灯。タクシーはない。あるのは電車に乗る前に購入した“おにぎり2個とミネラルウォーター”と今芽生えた“どないしよかなぁ?”という軽い気持ちだけ。とりあえず駅の待合室で始発を待つことにしたボクは駅のホームへと戻ることにした。



戸締まり用心、火の用心。



駅のホームにある待合室のドアを引いた瞬間に勃起した。いや違う、絶望した。待合室の鍵は閉じられていてボクにとってはミステリーな完全密室になっていた。吐く息を白く彩る寒空の下で始発までの4時間を生活できるほどの度胸もなければ完全密室ミステリーの謎を解く脳ミソもない。ましてや扉を破壊するほどの勃起を命令する勃起中枢もボクには備えられていない。仕方なくボクは歩くことにした。



綺麗な星空。



駅を出たボクはかろうじてガードレールの白が確認できる光の中を歩いた。空にはキラキラと輝く綺麗な星が散りばめられていた。傍らに女子がいたなら挿入の許可がおりるほどにキラキラと美しくロマンチックだった。ただ残念なことにボクひとりだけなので、せいぜいセナニーが関の山だ。ちなみり“セナニー”とは“センチメンタル・オナニー”のことだ。ボクは黙って歩くことにした。



強さ。



ガードレールの白をかろうじて確認できる光の中を10分も歩けば簡単に後悔できた。“歩ける”という安易な考えは“壮大な不安”へといとも容易く寝返った。猪や熊の襲来、ガードレールに供えられた花、マッハといえるスピードで走る車、暗闇、暗闇に仕掛けられた糞、全てが恐怖へと繋がる。“強さ”は“弱さ”に傲慢で“弱さ”は“強さ”に謙虚だ。歩き始めて約10分、ボクは“おにぎり”を食べることにした。



噛む。



コンビニで購入した冷たい“おにぎり”に温もりを感じた。ひと口づつ丁寧に何度も何度も噛んで食べた。それはとても美味しくて心に染みた。チカラが湧いてきた。涙が出そうになった。コンビニの“おにぎり”は侮れない。ごく稀なことだが、ポコチンを舐めながら『美味しい。』と口走る危篤な女子がいる。異常に興奮しそうな御言葉だが、実際に言われると笑ってしまう。それに“美味しい”わけがない。仕込み過ぎだ。百歩譲って“美味しい”としても、言うていい事と悪い事がある。こんな時は『ねぇ、入れて。』や『ねぇ、入れたい?』あたりの御言葉が有り難く素晴らしい。とにかく“美味しい”わけがない。



チカラ。



結局ボクは山道などを4時間歩き続けた。お母さんへ、お子様にとって大事な日のお弁当には“おにぎり”を作って持たせてあげて下さい。子供たちへ、お母さんが作ってくれた“おにぎり”を良く噛んで味わって食べて下さい。そこには“心”があり“温もり”があり、“チカラ”を与えてくれる。



ボクはプレステージが好きだ。



めでたし、めでたし。