問い

テーマ:
棄てられた愛は誰のモノになるのか?
薄まっていく哀は誰のおかげなのか?
薄めたローションは経済的なのか?
小窓付きパンティは進化の証明なのか?
破れたコンドームは神の悪戯なのか?
早漏なのは悪魔の粋な計いなのか?
カラスの大群は不吉の予兆なのか?
空を飛行する虫は誰かが生まれかわった姿なのか?
犬も猫も魚もイルカもアリもゴキブリも、総ての命あるものは誰かが生まれかわった姿なのか?
アリに気を使いながら歩く者、ゴキブリを瞬殺する殺虫剤を非難する者、より薄手のコンドームを開発する者、彼等の役柄は何なのか?
地球より恥丘を愛する者、薄手より厚手のコンドームを愛する者、遠隔操作バイブのリモコンだけ持ち歩く者、彼等の利益は何なのか?

先日、テレビ欄に『オジサンズ11』という番組タイトルを発見したが出演者を見て視聴する気が失せた。

やはり、コンドームは薄手のモノをレイヤードするに限る。

ほんま、おしゃれやわぁ♪
AD
罪を犯した手、心を救う天使、心に巣食う悪魔、悪魔に掬われた心、罪を犯すことに馴れていく体、若返る勃起中枢、くたびれた海綿体、クビレのない道徳、性行為の温暖化、チンコに触れた直後のノン・ウォッシュな手、好意を寄せる相手の私物に指紋を残す、哀しい愛、愛しい哀、哀の深い愛、哀の浅い愛、罪を犯した瞬間に最初の罰は訪れ罰は永遠に何度も何度も訪れる。

再放送されている。

星野達郎と矢吹薫、つまり武田鉄矢と浅野温子の胃もたれするほどトレンディーなドラマが再放送されている。このドラマは大変に貴重なドラマで、誤作動している頃の竹内力を見ることができる。現在のように正常な作動をしている竹内力からは想像もできないほど爽やかでキラキラしている。それにしても武田鉄矢のわけのわからんナイスなバディと射精したオランウータンのような表情を見ていると自分が包茎だということを忘れてしまう。

今日、再放送の星野達郎は『僕は死にましぇん!あなたが好きだから!』と叫んだ。

ボクは笑い泣きしながらもその度胸とトレンディーを手に入れたいと思った。
AD

選択

テーマ:
微量の酒は我に幸を与える
多量の酒は我に涙を与える

恋に堕ち
恋に溺れ
酒にあたり
我を失う

愛を求め
愛を失い
酒にひたり
我を失う

酒は人を創り人を崩す
されど人は酒を好み酒に頼る

我は我を失い我に気付く
酒は我の弱さなり
我は酒の肴なり



これは誰かが残した言葉だったような気がする。

ストレスを溜めるとハゲたり体調を崩したり勃起不全になったりエロ本を大人買いしたりコンドームを装着したまま銭湯に入ったり毛巻きチンしていたり浮気したりするといわれていることにします。何かの広告で『現代人よ、ストレスを溜めるな!』というのがあったような気がします。

その言葉自体がストレスやっちゅうねん。

ボクは酒の肴のままでもかまわない。
AD

必要なもの

テーマ:
『また来てねん♪』を『少しいじる』と『タマキンてね♪』になる。『だからどうしたん?』と言われるとそれまでなので、そのような即挿入的発言は避けていただきたい。

男は仲良くなった『ひとり暮らしの女子』の家に上がり込むことに成功し、まんまと性交にも成功した。散々射精してけつかんだ帰り道、携帯電話が1件のメールを受信した。そこには先程まで発煙するほど出したり入れたり出したり入れたりを繰り返しては腹に発射したり顔に発射したり中に発射したりした女子からの『また来てねん♪』という必要以上に中枢を刺激しては股間を情熱させる御言葉が綴られていた。『また来てね♪』ではなく『また来てねん♪』である。『ん』が付着しているのとしていないのでは大いに違う。『ん』の付着を確認した途端に男は中年へと変身し、『少年よ!大志を抱け!』という偉い人の言葉ではなく、『中年よ!小志を抱け!』というエロい人の御言葉だけを胸に疾風の如くアダルトホビー専門店へと走る走る走れエロスなのだ。そしてハードな玩具を購入してニタリと笑い、カッチカチに硬直しては先端を光らせるのだ。

『少しいじる』という行為はエロチックだ。これが『大いにいじる』ではアカン。『少しいじる』だからこそエロがチックでタックはスリー。スリータックはヤンキーの特権だ。さらにこれが『たっぷりと時間をかけて少しだけいじる』になると天使は堕ちて悦び、残るはゾッコンラヴの道しかない。

『また来てねん♪』を少しいじると『タマキンてね♪』になる。

エロチック。
それは心の骨まで溶かすには必要な風情。

リアクション

テーマ:
先日、街で偶然にも『プライベート丸出しのドラム』と遭遇した。ドラムは恋人とふたりでいた。ドラムいわく最も見られたくないヤツに見られたそうで、飲んでいたコーヒーを噴射していた。ドラムの恋人はボクを見て硬直していた。ドラムは雨が降っていたのに髪がパサパサに渇いていた。後日そのエピソードをギターに話すと『オレもお前には見られたくないわぁ。』とロナウジーニョみたいな顔面で発言していた。ドラムとギターにとってボクは悪魔のようだ。

今度また遭遇したらニヤニヤとほくそ笑んで尾行してやろうと思う。

昨日に続き本日もボクはおしゃれだ。なぜならタマキンを輪ゴムで縛っているのだから。

おっしゃれやなぁ~。

悪魔は元は天使なんだ。