私は『あれや、これや』を考える事が好きだ。

若い頃の私は『ジェラシー』の塊だった。

そして現在の私は『ジラシ-』の塊だ。


彼女は『ジラシ-』に弱い。

予定では『底なしジラシ-』に沈めるはずだった。

その為に私は常、日頃から、『たくらみ』を考えていた。


【たくらみ】


愛撫に一時間。


『私の最先端部』を彼女にうずめながら、小刻みに振動を与え、除々に、ゆっくりと、『全身』を彼女の中に侵入させていく、『頭部』をうずめた時点で、一旦、侵入を止め、入口まで戻り、再び、除々に、ゆっくりと、『頭部』だけを侵入させる。


それを何度も繰り返してから『頭部』を完全撤退させ、彼女の表側に舌で這う。


彼女の表側の総てを舌で這った後、内股部分を舌で這いつづける。


執拗なまでに這いつづける。


いよいよ彼女の内側に触れる。

『触れるか触れないか』の微妙な感覚で内側に舌を這わせ、時折、舌全体を使って『たくましく』内側を舐めあげる。


ゆっくり、じっくりと『君』を『煮る』と、再び『私の最先端部』を彼女の内側にあてがい、最先端部で彼女の内側を撫でる。


彼女の内側を最先端部で撫でながら、少しづつ、中枢部に接近し、『頭部』を侵入させ、ゆっくりと『全身』をうずめていく・・・。


『全身』を侵入させたら『結合部』を『静止』させ、彼女の表側を舌で撫でる。


首元を歯で這い、やさしく、そして獣のように噛み付きながら、数回のピストンを行い、再び『静止』する・・・。


これを読んで『勃起』している人の為に、これ以上は非公開。


結局、『たくらみ』は三割ほどしか遂行できなかったが、股間の『ふくらみ』は増割した。

なぜ、『たくらみ』は三割ほどしか遂行できなかったのか・・・

それは『くノ一』の存在が大きかった。

玄関で、皮膚で、指で、舌で、肩で、手のひらで、胸で、彼女を『淫らな暗闇』へ沈めていた。

『淫らな暗闇』に沈んだ彼女は『私の伸棒』を両手で掴みながら言った。


『セックスしよぉ。』


彼女の意志は固かった。

なぜなら、私の『伸棒』を放す気配が感じられなかったからだ。

私の遺子も硬かった。

そりゃ、しゃーない。

私は思った。

『くノ一』が出て来たな。

彼女は『私の伸棒』を部屋の方へと、ひっぱった。

そう、これこそが、『秘伝 くノ一忍法帳』に記された秘技『忍法 バラの蜜はマラを見つ』だったのです。

私は『ムービーハメ撮り手縛りプレイ後、ムービー鑑賞会』という庶民技で応戦した。

淫液まみれになった『伸棒』を『ティシュー』で拭きながら思った。

彼女を『私の人形=アイドール』にして、快楽の虜にしたいと思った。

やりたい事が、いっぱい思いつくねん。

『淫液』を『ティシュー』で拭き取った『伸棒』を見ると、『頭部』に『ティシュー』が付着していた。


『忍法 ゴルバチョフ』


『ティシュー』の付着具合は『ゴルバチョフの頭』を思い出させた。

『女』という字を分解すると『く』と『ノ』と『一』になる。


『ナゴヤ・コーチン』という『鳥』がいます。

『オナゴ・ヤ・コーチン』という『取り』もいます。

この『取り』は、おいしいよ♪


なぜなら、

なんてたってアイドール♪ 

やもん♪


おかげさまで、『ワタシ・ノ・コーチン』は元気です♪

イヒヒ。


AD

『憧れの男』

テーマ:

私が『憧れる男』に『ジャック・ブラック』という俳優がいる。


私は彼の『味』に殺られた。






日本では『スクール・オブ・ロック』で有名になりました。

他には『愛しのローズマリー』で主演を務め、『デッドマン・ウォーキング』では『ショ-ン・ペン』の弟役で出演しています。





私の『憧れの男』は『オレンジカウンティ』という映画の中にいた。






彼の名は『ジャック・ブラック』という。

タイトル: オレンジ カウンティ
AD

【ショートレッグサムライの話】


男と女はセックスを終えた。

男は抜き出した『うまい棒』を見て驚いた。

『うまないやん!オレ・・・。』

装着したはずの『今度産む』は破れて『輪ゴム』のような形状で根元を飾っていた。


頭、丸出し、精液、中出し。

『うまい棒』は『まずい棒』になっていた。


男は知人に電話をして詳細を伝えた。

友人は言った。


『あきらめぇ。』


男は女をベッドに寝かし、女の洞窟に指を入れて、『少しだけでも、少しだけでも』と思いながら、精液を掻き出した。

必死に精液を掻き出す男。

まったく動かないマグロは指を入れられ、精液を掻き出されている。

いろんな『お仕事』があるんだなぁ。


【働く車】


乗り物 集まれ いろんな 車 ♪

どんどん出て来い 働く車 ♪

ハガキやお手紙 集める 郵便車 (ゆうびんしゃ)

街じゅうキレイに お掃除 清掃車 (せいそうしゃ)

ケガ人 病人 急いで 救急車 (きゅうきゅうしゃ)

膣口 指入れ 掻き出す ショベルカー (ゆびしょべる)

いろんな 車が あるんだなぁ ♪

いろんな お仕事 あるんだなぁ ♪

走る 走る 働く車 ♪

男の乗り物は冷凍マグロ車。

指ショベル♪

『たくさんの侍』とは私の周りで活躍する、『侍道を究めし者』たちのエピソードを綴ったものです。

『嘘』と思われるかもしれませんが、ここに綴られたエピソードは『真実』ばかりです。


『侍道』とは『死』して尚、『生きる』ことである。


『たくさんの侍』を堪能して下さい。