大阪府吹田市は7日、市消防職員の親ぼく会費など約430万円を私的に流用したとして、男性職員(35)を同日付で停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。同市消防本部では3月にも、幹部職員が勤務時間中に株取引や馬券購入をしたとして処分されている。

 市消防本部によると、職員の福利厚生を目的とする親ぼく会には345人が加入。男性職員は平成21年4月に会計担当になり、毎月約30万円を集めていたが、一度も会の口座に振り込まなかったほか、口座にあった約130万円を18回にわたって引き出したという。

 今年3月に親ぼく会から退職者へ記念品が贈呈されなかったため、幹部職員が今月1日に男性職員に事情を聴いたところ、私的流用を認めた。「パチンコと女性との交際費に使った。現金を前に魔が差してしまった」と話しているという。すでに全額が返還されており、親ぼく会は刑事告訴しない方針。

【関連記事】
京丹後市元職員を書類送検 赤い羽根募金の一部を着服の疑い 京都府警
ミス穴埋め、3千万不正 国立がんセンター15人処分
女性事務職員が約840万円着服 大分・中津市の社会福祉協議会
市立小学校で340万円着服 経理担当職員2人を告訴 名古屋市
大阪市立斎場「心付け」受領疑い職員は23人 着服も1人
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<児童買春>JAXA副室長を懲戒免職 少女にわいせつ行為(毎日新聞)
メキシコでM6・9の地震、津波の影響なし(読売新聞)
<障害者自立支援>「1割負担訴訟」旭川地裁で和解成立(毎日新聞)
首相動静(4月2日)(時事通信)
前原国交相、キャリアの卵に入省アピール(産経新聞)
AD