大府でメガネをやりたくて ~目からあなたを元気にするブログ~

2013年6月に愛知県大府市柊山町でオープンしたまったり系メガネ屋です。
地元・大府のこと、お店や商売に対する思い、そして目やメガネのこと…。
色々と語ります。


テーマ:

こんにちはニコニコ


愛知県大府市のメガネ屋・GLASS JOY 02(グラスジョイオオブ)の中村です。


このブログでは、あなたのお役に立てる目やメガネの情報をお送りしています。


時々関係ないこともお話しますが、よろしければお付き合い下さいm(__)m


※当店の「理念」について書いています。はじめましての方は、その思いに触れていただけると嬉しいです。





今日は競馬の天皇賞が行われました馬


キタサンブラックが連覇しましたねクラッカー


秋はいよいよフランスの凱旋門賞に参戦するのかはてなマーク


今から楽しみです。





さて、今日のブログですが…。


昨日、過去の天皇賞について思うところをFBで書いたら、思いの外反響があったのでそれを転載します。


ごめんなさい、簡単にいえばコピペですあせる


でも共感いただけたら嬉しいです。




敬愛する小阪裕司先生が「大切なことはすべて競馬から教えてもらった」とおっしゃっていたのを拝見したことがありますが、僕にも「生き方」を教えてもらったと思うレースがあります。


それが今から20年前に行われた第115回天皇賞(春)。




このレースを制したのは2番人気に支持されたマヤノトップガン。


強敵と目されたライバル二頭を退けての勝利でした。


しかし鮮やかな勝利とは裏腹に、騎手・田原成貴はこのレースを迎えるまでずっと悩み続けていました。




マヤノトップガンは天皇賞までに競馬の最高格・G1競走を3つも勝った名馬。


その全てが、集団の前方にポジショニングしてレースを進める「先行策」という作戦での勝利。


関係者もファンも、それがマヤノトップガンにとっての最善策と考えていました。




しかし田原騎手の考えは違いました。


「確かに以前は先行策が有効だった。でもここ最近トップガンは序盤をゆっくり進めたいと言っている」


トップガンの背からそう感じ取っていたのです。




天皇賞の前哨戦で田原騎手はその考えに添う作戦をとります。


先行策ではなく、後方待機策を試したのです。


まさかの戦法にどよめくスタンド。


そんな声をよそにトップガンは悠々と勝利を収めました。




後方待機策に手応えを感じた田原騎手。


しかし予期せぬ反発にあいます。


「天皇賞ではあんな奇策はとらず、いつもの先行策をするべき」


マスコミだけでなく、トップガンを管理する陣営からもそう指摘されたのです。




後方待機策は先行策と比べ、前にいる馬が邪魔になったり不利を受けることが多い作戦。


それだけに競馬の王道は先行策と考えられる傾向です。


何よりトップガンは先行策で実績を挙げた馬。


なのになぜわざわざリスクの高い戦法に変える必要があるのか?


そういったこれまでの「常識」や「セオリー」からすると、田原騎手の考えはただの“奇策”にしか映らなかったのです。




田原騎手自身、前哨戦で手応えはあったものの、後方待機策でライバルに勝てるという確信まではありませんでした。


それで負ければ批難、中傷、罵声、怒号にまみれるのは必至。


でも今までのやり方では絶対、ライバルに勝てない。


「常識」をとるか、「信念」をとるか-。


その葛藤で天皇賞まで気持ちがずっと揺れ動きました。




迎えた天皇賞。


田原騎手はスタート直後、トップガンに前方へ行こうという意思表示をしません。


自然と馬群の後方にポジショニングしました。


騎手としての信念を貫いたのです。




そして最後の直線。


トップガンと田原騎手の遥か前方に、ライバル二頭がいます。


「届くのか?」


半信半疑ながら愛馬を叱咤する田原騎手。


するとトップガンは今までに見せたことのない加速をつけます。


前の二頭が止まって見えるほどの追い込み。


ゴール板を駆け抜ける時、彼らの前方にライバルの姿はありませんでした。




「常識」というのは掴みどころのない言葉に感じることがあります。


文字通りの意味を成すこともありますが、ただの「多数派」であったり、「過去の定説」であったりに言い換えができる場合もあるからです。


常識を把握しておくことは大事かもしれません。


でも後者の意味に縛られてばかりなのだとしたら?


そしてそんな常識に従い続けることが「自分らしさ」なのか?


時に常識に背を向けるような振る舞いであっても。


時に常識から外れる恐怖に震えながらも。


自分の信念を貫き通すことも大切なのではないか?


そんなことを教えてもらったマヤノトップガンと田原騎手の闘いでした。





それでは今日はこのあたりで。


お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _)m





GLASS JOY 02

中村響





※ いかがでしたかはてなマークお役には立ったでしょうかはてなマーク


  当店にご興味が湧きましたらお気軽にご来店くださいビックリマーク






    メガネ GLASS JOY 02(グラスジョイオオブ) メガネ


        時計 :  10~19時  木曜定休  

 住所 : 愛知県大府市柊山(ひいらぎやま)町8-293


     眼科様の処方箋はお持ちでなくてもOK

         思い立ったらご来店をビックリマーク

   駐車場は店舗左横のスペースをご利用ください


            

          大府市街地からのアクセスはこちら 

             東海市街地からのアクセスはこちら

            東浦・刈谷方面からのアクセスはこちら

          知多市・東海市南部からのアクセスはこちら

          刈谷北部・豊明方面からのアクセスはこちら



      FREE「目やメガネ・お悩み相談会」のお誘い FREE


 ↓ 電話・メールでのお問い合わせ、遠慮なくどうぞ! ↓

         電話 : 0562-85-1018

       手紙 :  glassjoy02@io.ocn.ne.jp


 ニコニコ 皆様のお越しをお待ちしています ニコニコ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。