願わくば

テーマ:
私も春に死にたい。
西行みたいに。

できれば、今日みたいな、少し風の冷たい日。


人の死には、きっと一生慣れない。
ひやりとする。
自分の直接の知人でなくたって。

いままでに、2人の人を見送りました。
父方の祖父と、母方の祖母。

もう10年も前だけど、あのときのことは忘れられない。
焼いたら、全部箱の中に収まるくらいしか残らないんだよ。
ひとのからだ。

お通夜とか、お葬式とか、慌ただしくて
わけもわからないままお茶くみをしているうちに
いつのまにか初七日も終わってた。

ぜんぶ終わってから、どうしようもない空虚感におそわれた。
父方の実家は冠婚葬祭が派手だから、余計にそう感じたのかもしれないけれど。


今日、私は人の死の瞬間に直面しました。

私の知っている人ではないけれど
私にとって大切な人の、家族。

電話をとって、表情がみるみるうちこわばっていく
あの瞬間。

間接的に、人の死にふれました。

私は何もできません。
それがとてもふがいない。

人の命が失われるときのあの空虚感を知っているのに
気の利いた言葉の一つもかけられない。

無力感
こういうときに、痛いほど、感じる。

何のための私だろう。


人の死には、慣れない。
一生。

一瞬前まで笑っていたのが嘘みたいに、全部なくなるのよ。



閑話休題。
先日に引き続き、三月雑感。



花とアリス

鈴木杏と蒼井優
2004年の作品です

女子高生かわいい
端的に言うとそういう映画です

ストーリーに感動する、とか
構造に感激する、とか
そういうのではないです

なんだろう
2人の女の子の空気感と、映像を楽しむ感じ
です、たぶん

どうオチをつけるのかまったくわからなかったんですけど
最終的にハッピーエンドにまとまったので、よかった
途中、あまりにも救いのない方向に行きそうになって
ひとりで焦りました

空気感の映画です
女子高生うらやましい
私はあんなんじゃなかった気がする

しかし、2時間は長い w


宮崎あおいちゃんがかわいくて、たいへんです
アースのCM、あれはなんなの

ソラニン早くみたいなー
公開初日には見に行けそうにないけど、4月中にはかならず!


シュウカツが終わったら、

伸ばしっぱなしの髪をボブにして、赤っぽい色にして
ピアスをあけて
リュックで自転車に乗って世間を爆走したいです

フラストレーション? なのかな
たまってるのかも

赤でもいいけど緑っぽいアッシュにもしたい
きんぱつはこわい

髪伸びたね、といわれるのはすきだけれど
いかんせん結ぶのが苦手なので、そろそろ限界です
シュウカツで一つ結びにする分にはいいけどさー

やっぱりボブが好き

ピアスはもう手元にあるので、あとはガツンといくだけです
でもこわいよー

痛いのは苦手です 注射さえ無理
でも献血はしてみたい
低血圧だから採ってもらえないみたいなんですけどね
血圧がほしい


そんな日々です


さて、これからもう一仕事。
AD