CLAYTON FRANKLIN / CF-735

テーマ:

定番的な人気の CF-735。

フレームカラーが違えば全く別ものの印象になりますので、色違いでお求めになる方も多いフレームの一つです。

 

極細で繊細な印象のプラスチックフレーム。 テンプルエンドの”cf”のロゴ入のメタルパーツが日本の技術の高さと、上品さを演出しています。

 

ジャパーンな真円では無く、程良くいびつに取られたシルエット、ブリッジの絶妙な位置、流石です。

 

MOD. CF-735     col. DM
{0A302207-E8AF-4052-BA72-27D114395333}
 
{DF4321B0-7FC1-404C-B155-145FA7AD861A}

 

MOD. CF-735     col. BK

{C1B36678-F325-4502-B741-9750B9D1B768}
 
{4288E987-BC1B-4C5E-A991-344C610C0CD1}

CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン)made in Japan

 

日本のブランドでありながら、基本ターゲットをヨーロッパ、アメリカとして展開を行うブランド。そのデザインは眼鏡の深い知識に裏づけされ、1930~40年代の彫金フレーム、1970年代の厳格な装いのドイツフレームなどをモチーフにして、独自の世界観を創造しております。

デザインコンセプトは“古いものが時代を経て新しいモノとして生まれ変わる”。クラシックなデザインをベースにしながらも最先端の技術を取り入れた、全く新しいテイストのメガネを提案しています。 各所に見られるメタルパーツ、ディテールにまでこだわった繊細なデザインなどに、クラフトマンシップが感じられます。

海外、特にアメリカで高い評価を得ているドメスティックブランド。全ての工程において日本トップレベルの工場で作り上げている。妥協のないデザインとクオリティが交わったプロダクト。

 

 

 

 

AD

CLAYTON FRANKLIN / CF-615

テーマ:

CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン)CF-615。2016S/Sモデル。

 

ウェリントンタイプのコンビネーションフレーム。CLAYTON FRANKLINが得意とするベータチタンテンプルとクリングスパーツが軽快な掛け心地を演出します。

 

フロントプラスチックパーツの上下切り替えもクレイトンならではの素晴らしい技がきいてます。

 

やや大きめサイズのシェイプをもったフレームですが、全体を細く設計しているため

重たい印象はありません。

 

MOD.CF-615     col. BKGH

{B0F10EF3-BD90-4C3A-BBF5-D8BBEBC461AA}
 
{4BB54046-2FE3-4B87-8CD7-EF8A9AFF972D}

CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン)made in Japan

 

日本のブランドでありながら、基本ターゲットをヨーロッパ、アメリカとして展開を行うブランド。そのデザインは眼鏡の深い知識に裏づけされ、1930~40年代の彫金フレーム、1970年代の厳格な装いのドイツフレームなどをモチーフにして、独自の世界観を創造しております。

デザインコンセプトは“古いものが時代を経て新しいモノとして生まれ変わる”。クラシックなデザインをベースにしながらも最先端の技術を取り入れた、全く新しいテイストのメガネを提案しています。 各所に見られるメタルパーツ、ディテールにまでこだわった繊細なデザインなどに、クラフトマンシップが感じられます。

海外、特にアメリカで高い評価を得ているドメスティックブランド。全ての工程において日本トップレベルの工場で作り上げている。妥協のないデザインとクオリティが交わったプロダクト。

 

倉敷メガネ

 

倉敷カフェ

 

 

AD

CLAYTON FRANKLIN / CF-761

テーマ:
新作の紹介です

MOD. CF-761     col. BKDH/BK

price : ¥ 29,000 + tax

{E8AE13DA-E0E1-45DD-8510-FE0B1FCDB19E:01}

{7202DE02-696F-48E3-8FEC-9109CDF44B5B:01}

CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン)made in Japan

日本のブランドでありながら、基本ターゲットをヨーロッパ、アメリカとして展開を行うブランド。そのデザインは眼鏡の深い知識に裏づけされ、1930~40年代の彫金フレーム、1970年代の厳格な装いのドイツフレームなどをモチーフにして、独自の世界観を創造しております。

デザインコンセプトは“古いものが時代を経て新しいモノとして生まれ変わる”。クラシックなデザインをベースにしながらも最先端の技術を取り入れた、全く新しいテイストのメガネを提案しています。 各所に見られるメタルパーツ、ディテールにまでこだわった繊細なデザインなどに、クラフトマンシップが感じられます。

海外、特にアメリカで高い評価を得ているドメスティックブランド。全ての工程において日本トップレベルの工場で作り上げている。妥協のないデザインとクオリティが交わったプロダクト。



倉敷メガネ

倉敷カフェ

AD