英国MBAへの挑戦ブログ

イギリス(スコットランド)の大学院(ビジネススクール)でMBAを目指すことになった40代男の冒険記録です。


テーマ:

 早いもので帰国してからもう3カ月が経った。長いブランク明けの日本での日常に、ちょっと最初はギクシャクしながらも自分を順応させてきたというのが正直なところ。このブログは、前回の更新をもって完結していて、もう記事を追加することを考えていなかった。だけど、先日、ある人物から「学位結果報告のため更新したらどう?」というすすめが。他でもなく、リレーブログ(自称)のバトンを受けてくれて、今まさにグラスゴーで頑張っているリック氏からの提案だったので、ならばと思い、後記という形で更新することにした。

 

 修士論文を9月頭に提出してから約2か月、たぶん合格は大丈夫だろうと信じてはいたけど、やっぱりちょっとは不安もあったので、やきもきしながら過ごしていた。そして11月3日、大学のサイト上でようやく採点結果が発表された。結果は、A5だった。自分としては上出来で、十分満足である。(成績分布図は公表されなかったのでA5がクラスで何番目なのかは不明だけど。)で、MBAの学位もmerit(B2)で獲得することができ、先日卒業証書も送られて来た。↓

 

 総合成績がdistinctionに届かなかったのは残念と言えば残念。しかし、前半の撃沈ムード(一時は絶望状態笑)を思えば、正直よく上がった方じゃないかと思う。スタートで出遅れるのが常で、中盤から後半にかけて調子を上げていくというのが一応、自分の特性だというのは、なんとなく自認している。競馬で言えば差し切れない差し馬みたいな(別に競馬ファンじゃないですが)。幸いこの留学もそうして後半上昇し、精一杯やって、特に最後の修士論文で一定の評価をもらえたというので満足している。

 

 帰国してからの日々についてひとこと。仕事に復帰したものの、小さな地方都市が本拠なのでまず英語を使うことがなく、MBAで学んだ知識も今のところあまり活躍しておらず、留学と仕事が一向にリンクしてはいない。従前のポジションに戻っただけという状態なので、正直に言えば現在の職務と自己のキャリアに関する願望との間に構造的なギャップがあって、いまモチベーションが高いとは言えない。残念ながらそれが本音・・。

 

 MBA後に自由にキャリアチェンジしていく人たちをちょっと羨ましく思ったりもする。それでも、責任の重い立場にあり、日々、自分に求められる仕事があり、自分の能力を活かせる事案もあり、それに応えていきたいという欲求をその都度感じるのも確かだ。一番の人生目標は別のところにあるのでは?という気持ちもあり、その心理をどう扱うべきなのかは、ちょっと未だ判断がつかない。でも少なくとも、自分にとっていま責任を放棄してキャリアチェンジを目指すというのは、あまりにも違和感が大きすぎるので、そこに道理はないんだと思う。

 

 留学中に再認識したとても大事なことが一つある。それは学問、というか研究の楽しさ。人が書いた多くの論文や資料を読んで、そこから仕入れた知識をもとに自分なりの見解を作り上げていくという作業は、もちろんしんどいけど、それが自分の興味のあるテーマであれば、やればやるほど静かで心地のいい興奮とか喜びを与えてくれるものだということ。(この歳でそれを認識するとは出遅れも甚だしいけど・・。)

 

 比べて見ると、ビジネスの世界では必ず相手(つまりお客)があって、相手の事情とか要求(時には感情)に必ず左右されるし、何より経済(お金)に支配されてしまう。その点、研究の世界には自由がある。何をテーマにして、どんな資料を読んで、どういう論拠を立てて、どんな意見にまとめるかというのを、基本的に自分で決めて進めることができるから。まあ能力があるかどうかは別として、グラスゴーでの特に修士論文の執筆をきっかけに、自分はビジネスよりもその研究の分野にどうしても魅力を感じるようになった。

 

 そこで、今後ももっと研究を続けたいと思う。そして仕事もちゃんとやる。今の仕事という責任をまずはきちんと果たしながら、その仕事にも関わるテーマで自分の研究をやってみるという作戦を帰国前から思いついていて、どうやらそれは本物の願望で、今のちょっと不安定な心理でも取り組むことができる最も自然な道だと思う。それがもし次なる学位の取得につながれば、その後、また新しい道が見えてくるかも知れないという目論見もある。どっちにしろとても難しい目標であることは間違いないけど。

 

 仕事に復帰してから、さっそく色んな現実的で具体的なトラブルとかプレッシャーの波が次々に押し寄せてきた。で、そういう波をかぶると、やっぱりどうしても精神的に圧迫されることがある。最近も1週間くらいちょっと塞ぎ込んだことがあった。それでも、そういうとき、記憶に深々と刻んである留学中のグラスゴーやその周辺の情景を思い出すと、どういうわけか不思議と心が安らいでくる。留学生活も決して楽なものではなかったというのに、何故かその記憶はそういう風に役立ってくれる。

 

 たぶんその理由の一つは、単純に歴史の深いスコットランドの街とか自然の美しさが印象に残っているからであり、もう一つは、その地で頑張って達成感を得たからなんだろうと思う。それを思い出すことで冷静になり、そうやってぶつかってくるトラブル群に、気負わずに自然体で、でも真摯に対処してみようという活力が湧いてくる。要するに、かなりレアな勇気と平静の源泉を、スコットランド留学という自分の経験が与えてくれたと気づき、それを本当に有難いと思う。その力がどこまで通用するのかわからないが、それを大事に抱えながら、次の目標に向かおうかと。

 

 と、また(リック氏の期待以上に)長々と書いてしまいました。これで、ほんとに完結としたいと思います。グラスゴーにいる留学仲間の方たちへ。成功を祈ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 帰国してからの10日間は、とても慌ただしく過ぎた。半年ぶりの家族との再会を楽しむと同時に、1年3カ月ぶりに仕事に復帰して、日本での日常生活が戻って来た。ほんの10日前まで自分がスコットランドで暮らしていたというのをウソみたいに感じるのは、たぶん、留学生活とあまりにも違い過ぎる日本での仕事と日常生活が始まったからだと思う。

 

 日本の良さは、やっぱりとてもはっきりと感じる。母国語の心地よさ、食べ物の美味さ、清潔さ、便利さ、どれをとっても感動的なくらいに。海外で学ぶ日本人留学生の数が減っている原因のひとつは、こういう国内の快適さにあるのかも知れないと思ったりする。

 

 ただ、僕にとっては、グラスゴーで勉強したこの1年3カ月は、どう考えてもこれまでの人生で最も貴重な時間だった。100%自分の意思で、自分のお金で(借金だけど)、色んなものを犠牲にして、全力で取り組んで来ただけに、自分にとっては最高に価値のある体験だった。で、これを感じることができるのはたぶん、結局それを経験した本人だけだと思う。

 

 留学を終えて、自分にどんな変化があったろうかと考えてみる。もちろん、留学中に得た知識とか、英語力などは、とても大事なもの。だけどそれらは、日本での日常生活の中で、少しずつ忘れたり弱まったりしてしまうに違いない。それはもう仕方ない。ただ、経験そのものは消えることがなく、ひとつの大きな目標を遂げたことから引っぱり出せる自信は、風化する類のものでは決してない(と願う)。

 

 実際に、留学前の自分と比べて見ると、なんとなくではあるけど、仕事や人間関係のなかで、動揺とか、迷いとかを感じる程度がかなり小さくなった。自分の判断と行いに自信をもって、その結果を素直に受け入れる覚悟を強く感じるようになった、ということは、実は知識とか英語力よりも価値のあることじゃないかと。

 

 というようなことを留学の結論として、このブログを閉じたいと思う。この留学を通して書いてきたことが、いま留学中の人や、今後留学を目指したり、考えたりする人のために役立つことを願いながら。

 

**************************************************************************

 

 ところで、このブログ、グラスゴーにいる希少な日本人の方たちとのネットワークをつくるのにとても役立ってくれた。スコティッシュ男性と結婚した日本人女性の方々とか、僕の前後のグラスゴー大学の日本人学生とか。このネットワークはほんとに嬉しい副産物?だった。

 

 なかでも、今年9月からマスターコースで国際関係学に挑戦するリックさん(純粋な日本人です)は、僕と同様に奥さんと幼いお子さんを連れての留学ということで、とりわけ親しみを感じたこともあり、帰国2日前に会った時に留学ブログの引継ぎを頼んでみたところ、なんと快く引き受けてくれた。

 

 ということで、これからグラスゴーでの学業と子育て生活を頑張る彼のブログを紹介して、僕の役目を終えようと思う。

"MSc Glasgow Studies"

http://mscglasgow.hatenablog.com/

 

 読んで下さった皆様、有難うございました。

 

Tomo

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ついに、帰国の前夜、というかもう日付が変わり帰国日未明となった。なんとか部屋の片づけと荷造りは終わりそう。インターネットの解約、電気の利用終了手続き、銀行口座の処理、グラスゴー市への転出届、大家とのもめ事対応、不用品の廃棄(一部売却)などなど、色々と大変ではあったが何とか全部自力で完了した。

 

 昼前に、親切な地元のクラスメートが迎えに来て車で空港まで送ってくれることになった。本当に有難い。そして、午後グラスゴーから飛び立つと、もしかすると、もう二度とこの街に来ることはないのかも知れない、と思うと何か不思議な感じがする。実感がない。でも、日本からの遠すぎる距離を思えば、簡単に来られるところじゃないから、そうなる可能性は大きい。

 

 1年3カ月の留学生活が終わった。信じられないくらい多くの新しい経験が詰まった時間だった。たぶん半分以上は苦しいものだったが本当に全部が大事な経験だった。このブログも途中ちょっときつい時期があったものの何とか最後まで続けることができて良かった。しかも、このブログ、日本人ネットワーク作りに予想外の威力を発揮した。続けてきた甲斐があった。帰国後に、最終更新をして、それで完結にしようと思っている。

 

 何よりも久々に家族に会えるのと、日本食を食べられるというのもまた嬉しい。が一方ではやっぱりここを離れるとなると名残惜しい。という混乱した心理状態なのが正直なところ。でももう大半のクラスメートが既に帰国してしまっている。予報によれば、最後にグラスゴーらしい曇り空を見られそう。帰ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 中央ヨーロッパへの貧乏旅行を終え、昨夜グラスゴーに帰って来た。そして、2日後にはついに帰国便に乗る。荷造りを頑張ってるつもりだけど、なぜこんなに進まないんだろう・・。荷物はまだ混乱状態。ちゃんと帰れるのか。

 

 さて、アパートの退去を前に、大家(ターバンを巻いたインド人)からのアクセスがにわかに増え始めたのは1カ月ほど前。それまでの11カ月は、月に一度家賃を受け取りに来て、3分ほど話して帰るだけだった。ほんとに気持ちのいい、円満な関係だった。

 

 それが、8月になってから、退去前に部屋を完ぺきに掃除するようにまず細かくて厳しい指示が。掃除をきちんとすることを条件に、最後の家賃と相殺後の敷金残額を返してくれることになった。それと、9月になってから最後の1週間ほど、大家の知り合いのインド人とアパートをシェアしてほしいと言ってきた。

 

 この大家Vには、去年住む所が見つからなくて苦しんでいたところを救ってもらったことで僕はずっと恩義を感じていたし、ちょうど最後の1週間は中央ヨーロッパに旅行だったので別に部屋を使ってもらっても大問題ではない。なので掃除の件はもちろん、シェアの件も快く承諾した。

 

 で、Vから指示された掃除用のかなり専門的な薬品と道具を買い込んで何日もかけて水回りを中心に懸命に磨いて部屋中のカビとか汚れを落としたので、どう見ても入居時より綺麗な状態になったという自信があった。

 

 実際、入居直後にキッチンの壁とかリビングのサンシェードとかがひどく汚れてるのを妻が発見して頑張って掃除したくらいなので、最初からそんなに綺麗な状況じゃなかったのは明らかだった。しかも、前入居者の服とか身の回り品がたくさん残ったままだったり、各所に不具合があったのはこのブログにも書いた通り。

 

 だから本当は細かく掃除の指示を受けること自体、不快ではあった。でも最初から汚れた状態だったのを証明するものはないし、1年間使わせてもらったお礼の気持ちもこめて、気合をいれて掃除した。

 

 ところが、チェックにやって来たVは、いやらしいほどに細かい部分のカビなどを指摘しはじめ、「掃除が行き届いていない」といい、しきりに命令口調でやり方を指示してくる。これが1度でなく3回も続いた。こっちも本当に頭に来た。そして、ある日の帰り際、ついに口論になってしまった。

 

 そして気づいた。そうか、Vはたぶん敷金残額を返したくないんだ。だからことさらに厳しいことを言って敷金を諦めさせようと思ってるに違いない。ここは毅然とした態度で争って返金を要求しようと、最初は思った。実際、もし敷金残額が多額だったら、争う以外になかっただろうと思う。

 

 ただ、実は最終家賃と相殺後の敷金残額は200ポンド(3万円足らず)ほど。考えてみれば、Vは今までおおむね約束を守ったし、最初の恩があることは確かだ。悩んだ結果、ここで決裂して最後に嫌な思い出を残すより、言うべきことを言ったうえで、もう返金は要求しないと伝えようと、最終的にそう決めた。

 

 その後Vが来たとき、僕が「まず、気が変わったのでシェアの件は断る。それにもうこれ以上掃除するつもりは絶対にない。もう十分やったし、どう見ても最初の状態より綺麗だ」と言うと、やはり反論してきた。「このままだと、プロの掃除業者に頼んでお金を払う必要があるから、敷金から差し引く。シェアの件は嫌ならそれでいい」と言う。

 

 そこで、もう終わりにしようと思い、「それならそうするといい。もうあなたの考えはわかった。もう敷金を返してもらうつもりはない」と言うと、意外にも、「掃除業者に払った上で残った金額は返す」と言ってきた。不思議な回答だった。

 

 ところが、僕が旅行している間にプロの業者を入れると言っていたのに、帰って見ると、結局入っていなかった。Vいわく、掃除業者の都合で、僕が退去した後に掃除してもらうことになったとのこと。煮え切らない。一番悪くとらえれば、結局掃除業者に頼むつもりは無く、その料金を浮かせるつもり、かもしれない。そうでないことを信じたいけど。

 

 まあ予想通りと言えばそうだけど。「いずれにしても、もう返金要求するつもりはないから」と伝えると、今度はちょっと安堵したようにそれを受け入れた。彼の本心は結局わからない。ただお金を返したくなかっただけなのか、それとも、本当にアパートを綺麗な状態にして返して欲しいという一心だったのか・・。

 

 どちらにしても、返金を受けるハズが最終的に裏切られるという可能性を思えば、こちらからあっさり放棄したのでそう後味は悪くない。200ポンドは、Vに対するお礼だと考えると、もう全くわだかまりもなくなった。ただ、強い信頼関係を築けたと思っていたVと、一時口論せざるを得なくなったことだけが残念だった。

 

 今後留学される方へのアドバイスとしては、こういうケースに備えて、やっぱりアパートを借りるときは最初に用心深く各所の証拠写真を撮るなどしとくべきだとは思う。念のため。

 

 さて、いよいよ明後日このアパートを去る。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 去年、最初に会ったMBAクラスメートはスペイン人のRだった。MBAが始まる前の英語準備コースのとき、大学の寮が同じだったので。そのRが今僕のアパートに3日ほど居候していて、明日にはスペインに帰っていく。初めて会ったのも最後に別れるのもRということで、彼との縁は最も深かったのかも知れない。スペイン人なのに、闘牛とかフラメンコには全く興味がないという、素朴でいいやつ。

 

 そして今夜、大学近くのホテルでMBAのエンディングパーティがあった。クラスメートたちと過ごす最後の夜、本当に楽しかったし、貴重な時間だった。最も親しかった台湾人のMを含む数人は欠席となってしまったが、大半のクラスメートが参加し、別れを惜しんだ。

 

 30人という少人数クラスで1年間を親密に過ごした仲間たちが、明日からもうそれこそ世界中の国々に散らばっていく。そして恐らく、大半のメンバーとは一生の別れなのかも知れない。けど、こうして世界の色々な国に親しい知り合いができたというだけでも、どんなに貴重な1年間だったろう。それと、そういう機会を提供してくれる英国の大学にスゴさを感じる。

 

 さて、明日はRとも別れ、僕は6日間ほど、プラハなど中央ヨーロッパの街を一人旅してくる。一旦グラスゴーに戻るので、最後にまた大学を見に行くこともできるはず。そして再来週にはついに帰国となる。約半年ぶりに妻子に会えるのがほんとに嬉しい。登山でいえば、山頂に到達したという実感は正直イマイチない気がするが、とにかく下山する時が近づいた。

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。