久々にフチゴロウ幼稚園

テーマ:
岐阜県可児市の保護団体、ともネット さん
に保護されたチワワ?ポメ?ミックス?のはるくくん
 
まだ里親募集開始されてない子ですが一足先におひろめし
ちゃいま〜す(^^)
 
 
萌え肉球
{04E79E98-74BB-4E1F-8DF9-3090D63E0FE1}
 
 
心臓が少々悪いとのことなので、興奮させないように口輪♩
私の「怖い」と思う心理状態が犬に良くない影響を与えないためにも口輪♩
口輪はまずは人が噛まれないようにするためでもありますが
タフラブは犬のために使うのです♩
噛まれても噛まれてもわたしは平気!は愛ではありません。
噛む犬がどんなにしんどい思いをしているか、はタフラバー
さんならご存知だと思います。
image
 
 
 
両足パテラですが、こんな感じ
 
 
ただ遊んでるように見えますが、、、、
ただ、遊んでますゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
 
遊びながら♩この子のキャパ、切れポイント爆  笑、どういう
時にどういう行動を取り、どういう時にどういう心理に変化
しどういうポジションでどういう人の動きにどう反応するか
なんてことを、無意識に探ってるんですね〜ラブラブ
 
いきなり噛み付く、と、言われる方がみえますが、ほぼほぼ
そんな事はないんですね〜(^^)犬は、何らかのサインを
ちゃんと送ってくれています。
 
こんな↓ただ抱っこされてる写真からでもこの子の得意不得
意が見えてくるよね(^^)うちの犬はこの人は好き、この
人は苦手、から、もう一歩深く探って、この人のどういうと
ころが好きで、どういう所が苦手、なのか、を探してみると、
今まで気付かなかった自分の犬の新しい一面が見えてくるこ
ともあるかもしれません(^^)
image
image
image
image
image
 
 
 
一枚の写真から、一つの行動から、何を拾えるかはひとそれぞれ♩
できるだけたくさんの事を拾える「物の見方」を身につけたいですね。


はるくくん、ブラッシングが苦手だと聞いていたのでシャンプー
をさせていただきましたよ(^^)
口輪をした時としない時の心理がどう違うかを見る目的なので
後半は口輪を外しているところです。
シャンプーするとわかります。いままでこの子が捨てられる前にど
ういうお手入れをされていたか。
下手な人がやると痛いのでトリミング嫌いになるのは当たり前(^^;)
フチゴロウがトリミング習い立てのころ、
ずいぶんと犬に嫌な思いをさせてしまったからこそよくわかる(猛反)
 
はるくもご多分にもれず、毛玉になりやすかったり、皮膚の薄い部
分のブラッシング耳の後ろ、脇腹、胸、のブラッシングを嫌がりま
す。毛玉をほどくのも丁寧にやらないと痛いです。ブラッシングも
背中と同じ力加減で皮膚の薄い部分をやるとそりゃ痛いです。
 
トリミングを嫌がる犬の場合は、トレーニングも大事ですが、まず、
自分のやり方を見直してみましょう♩
 
 
タフラブ=唸ったら、噛んだら、ガツンとコレクション!
そんなイメージを抱いていらっしゃる方もおられるでしょうが
決してそれだけではないですよー(^^;)信頼関係がないのにガツン
なんてやれば、犬によっては(ここだいじ)心を閉ざしてしま
ったり、さらに挑戦をしてくる、なんてこともありますからね。
 
犬の問題、飼い主さんの問題、犬との関係、飼い主さんの知識、
目指すドッグライフ、によって、今はどの方法を使って犬に「
その行動必要なし」を教えるのがベターか、で選択肢は違って
きます。なんでもかんでもやりゃ〜いってもんじゃないんです
爆  笑
 
おっと話脱線♩
はるくくん、さいごはこの笑顔♩
image
にぱっ!
 
この日のシャンプーの目的は、奇麗にすることよりも、
ブラッシングって気持いいものなんだよ〜てことを
教えることを最優先にしました♩
 
何を目的にするか、を明確にすることで、人の行動が変わります。
その結果、犬が学ぶ事も、変わります(^^)