名古屋市は13日、職員や教諭のボーナスを今年度に限り平均約7%カットする給与条例改正案を5月臨時議会に提出することを決めた。削減額は、約24億円で、これまでの給与改定などと合わせ、約181億円の人件費が削減される。
 2009年度の同市の人件費は約1830億円で、河村たかし市長の選挙公約「総人件費10%削減」が、ほぼ達成される見通しとなった。 

【関連ニュース】
参院選、公約採点見送り=指定市長会
恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調
夏ボーナス2.4%増=上場企業、2年ぶりプラス
減税恒久化には議会解散のみ=河村名古屋市長が就任1年
新政治団体「減税日本」設立=市議会解散へ布石

【風】「女の生き方」海外は?(産経新聞)
国会議員や有識者らが介護保険めぐり12日に意見交換(医療介護CBニュース)
<水質汚濁>基準超す廃液流した疑い、会社社長逮捕 千葉(毎日新聞)
<アカヤシオ>ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
<三菱UFJFG・米モルガン>業務提携拡大へ 両社長会見(毎日新聞)
AD