2006年6月、名古屋市中村区の民家が火災で崩落し、消火作業中だった同市消防局の消防士長太田英伸さん=当時(27)=が死亡したのは、安全配慮を怠ったのが原因として、両親が名古屋市を相手に計5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、名古屋地裁であり、多見谷寿郎裁判長は「事故は予見でき、作業をさせるべきではなかった」と述べ、市の責任を認めた。一方、公的給付金が既に支払われ、損害は補てんされているとして、請求は棄却した。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か

<東レ科学技術賞>新庄輝也、岡田典弘の両氏を選出(毎日新聞)
すばる後継や古典基盤整備を=大型研究計画43件提言-科学的評価で選抜・学術会議(時事通信)
<歯周病>骨髄液から歯ぐきを再生し治療 広島大で成功(毎日新聞)
野焼き3人死亡 逃げるよりも早く火が…強風下なぜ強行(毎日新聞)
「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)
AD