日本弁護士連合会は14日、生活保護の支給基準を緩和し、受給者に自家用車の保有を認めるよう求める意見書を厚生労働省に提出した。かつては「ぜいたく品」とされたテレビやエアコンの所有は認められるようになっており、日弁連は「今や自動車も生活必需品。車を保有すること自体が最低限度の生活の保障や自立助長になる」としている。

 厚労省の基準は、障害者が通院で必要な場合などを除き、生活保護受給者の自家用車保有を認めていない。意見書は、約8割の世帯に車が普及していると指摘。保有を原則として認めるよう求めている。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
日弁連:オウム捜査公表を批判
司法修習生:無給あんまり 日弁連が対策本部
日弁連:新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫
警察庁長官狙撃:日弁連、オウム捜査公表を批判
司法修習生:無給あんまり 金持ちしか法律家になれない? 日弁連が対策本部

8歳女児刺され重傷、32歳女を逮捕 大阪・東住吉(産経新聞)
熱湯かけられ1歳長女やけど 母親を逮捕(産経新聞)
県民性、宮城は球団LOVE 広島は人情、福岡と大阪は方言(産経新聞)
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行-広島高裁(時事通信)
AD