鳩山由紀夫首相は14日夜、菅直人副総理兼財務相が次期衆院選で消費税率の引き上げの是非を問う考えを示したことについて「今ここで何を公約にするとかいうことを議論するには、あまりにも早い話だ」と述べ、時期尚早との認識を示した。
 首相は「4年間は消費税を上げないとマニフェスト(政権公約)でうたって選挙を戦って勝利をいただいた。それは大事にしなければいけない」と、慎重に議論する姿勢を強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<羽田空港>システム障害、210便に欠航や遅れ(毎日新聞)
空き地で女性死亡=上半身に刺し傷、雪に埋まる-北海道警(時事通信)
大久保容疑者、公判延期の見通し 検察側申し入れへ(産経新聞)
<石川議員逮捕>「考える会」政務官参加は不適当…官房長官(毎日新聞)
大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)
AD