人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

サンジュネス勝俣工一(せきや)が日々の何気ない出来事や気づいたこと。生きていく中で気力が尽きて崩れかかりそうになったとき、方向を失い迷っていたとき、さまざまな場面に出会い支えられた言葉、感動させられた言葉を送り続けたいと思います。


テーマ:
◆ ひとつひとつの言葉の力

みなさま、改めてこんにちは。勝俣です(^^)v
ご心配おかけしました。もう大丈夫ですよ。

ラッキーは、わたしにとって
自分の子供が一番かわいい頃の1歳~2歳くらいのときの感覚で
6年間ずーっと一緒にいたのです。

ラッキーといると、子供たちが1歳くらいのときに接していた
親の気持ちのままで愛情を注いでいました。
人間の気ぐるみを着ているか、トラ猫の気ぐるみを着ているかの違いくらいでした。
(息子よ娘よゴメン ペコリm(__)m)

だから、自分の子供が旅立ったようなほど
悲しみの底の底までいってしまったようでした。
自分でもヤバいくらい。

励ましの電話が来るたびに嗚咽(おえつ)の連続(*_*)
情けないほど、もろく弱い自分をみなさんにさらけだした二日間でした。

かみさんは、わたしと出会ってから、こんな私をみたこともなかったようで
私の側近のI氏に心配して相談をしていたそうです。
これはかみさんから聞いたのでなく側近のI氏に聞きました♪

( 口の軽いI氏、この謎の男I氏ってだあれ?
 うー、それは言えない、言えない。I氏に悪いから(^^)v )

まわりからみてもそんな状態でした。

しかし、こーちゃん、もーだいじょーぶ(^^)v

それは、みなさまからいただいた、ひとつひとつの言葉の力でした。
それはメール、フェイスブックのコメント、電話、直接飛んできてくれた人も何人かいました。

そんな人たちの、ひとりひとりの言葉のひとつひとつが
いつの間にか気づかないうちに私の心の中を変えていったのです。

最初のうちは、もう何年も立ち直れないのではないかと思うほどでした。
悲しみの深さは今も変わっていないんです。
ただ、ラッキーとの別れの受け入れ方が変わっただけなんです。
受け入れ方を変えようとしたって、まず100%不可能なものです。
そこまでの悲しみの中、わたしも最初のうちはそうでした
でも、ひとりひとりの心から言ってくれる言葉は、
言葉に心の力が一緒になって、
私の意識では分からないくらい深いところまで届いていたのでしょうね。

わたしは、こうして、たまたまメルマガやブログ、フェイスブックをやっていて
ラッキーのことを発信していたので、旅立った報告をできたから救われました。

これをひとりで悩んでいたら、どれほど苦しいことでしょう。

わたしは、みなさまのお役になれるほどのものじゃないかもしれませんが
この苦しく悲しい経験を生かして、
みなさまのお役にたつような事ができたらと思っています。

ひとりでなやんじゃダメだよ!
でも、言えるうちはまだいいけど、
ほんとうに苦しいときは言える気持ちになれないものですものね。

でも、ほんのちょっと頑張って、ほんの、ほんのちょっとだよ
誰かに悩みを打ち明けてみてはどうですか。
わたしにメールくれてもいいです。電話くれてもいいです。

わたしが、助けられた人は、ほぼみーんな普通の人。
みんな、みんな、あなたも私も、それぞれの人生を生きてきたから
いろんな経験をしてきているんです。
だから、みーんなが誰かを励ますこと出来るんです。助けることができるんです。
この二日間、わたしも、そんな、たくさんの人から励まされ助けられたんです。

電話では、ほぼ全員の前で泣いてしまいました。
泣きじゃくりもしました。

かっこも、みっともないもあったもんじゃないですよ。
何を言われようがいいじゃないですか。

一日でも早く前を見れるようになれば(^^)v

私の心情を心配してくださった方
ほんとうにありがとうございました。
わたしは、今から前を見ています。
ラッキーが私の中にいるんです
ラッキーと一緒に頑張っていきます(^^)v

※文書は支離滅裂めちゃくちゃですが、今の私の気持ちを書かせていただきました♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

k.katsumataさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。