28歳で全くのゼロから英語を学び、外国人観光ガイドのマッチングサイトでNo.1になった男のつぶやき

このブログは、ライフコーチの小田和尚が、28歳で全くのゼロから英語をマスターできた理由、コーチングの基礎である脳科学、人生相談といったテーマについて、ビジネス・仲間・コーチングという3つの観点でお伝えするサクセスストーリーである。

      訪日観光アドバイザー 小田和尚





生き方を変えたい方や日々の暮らしを充実させたい方に、


理想のライフスタイルを提供します。







英語力を活かした世界一簡単な副業の支援





インバウンドビジネスでの独立・起業支援





民泊ビジネス支援






上記サービスについてご興味がありましたら以下のメールアドレス


お名前、ご連絡先と問い合わせ内容を明記の上


メッセージを頂けると幸いです。





unforgettable@psg.view21.net











小田和尚の電子書籍









一般社団法人日本マーケティングコーチ協会認定


http://1jmca.jp/mc1004/






全くのゼロから一人で出来る観光ガイドビジネス


https://mgep.net/p/r/qPFM4WdW






小田和尚のメルマガ


http://mail.os7.biz/m/KjlL

















NEW !
テーマ:

訪日消費拡大のキーワードとは?



日本人はせっかち。
これは多くの外国人観光客が日本に来て感じていることです。

通勤電車に駆け込み乗車する様子を見ると、
東京生まれの私でも「何でみんなそんなに急ぐの」と
感じることがあります。

日本にはたくさんの外国人観光客が訪れていますが、
このせっかちなライフスタイルのために
ビジネスチャンスを逃してしまっている分野があるのです。

そのあたりを追求していきましょう。


1.ビジネスチャンスを逃している分野


ビジネスチャンスを逃しているのはどんな分野なのでしょう。

それは、ショッピング分野です。

「えっ、そんなはずはない」とあなたは思ったはずです。

確かに、2014年度の訪日旅行者の消費動向調査で買い物代は1位でした。
でも、ショッピングを楽しんでいる訪日旅行者たちからは
ある声が聞こえてくるのです。

それは、「お店の閉る時間が早すぎる」や
「朝市はないの?」といった声です。

私たち日本人の感覚からすれば、
ショッピングをするお店は
だいたい11時から20時までというのが普通でしょう。

また、コンビニが24時間営業ですから、
朝市に行ってお買い物という感覚も一般的ではありません。

でも訪日旅行者たちは、
夕食後もナイトライフと称して街へと繰り出し
旅の思い出を見つけに行ったり、朝市でしか手に入らないものを探しに
早起きしたりするのです。


2.日本人と外国人の感覚は違う


このように、海外と日本のライフスタイルにズレがあるため、
訪日旅行者たちは閉店時間や朝市について不満があるのです。

日本人の多くは会社員ですので、9時から17時までが通常勤務。

その後、残業したり、習い事に通ったり、
同僚と飲みに行ったりするのが一般的です。

そのため、ショッピングは休日に思いっきり楽しむという人が大半です。

つまり、日本人のライフスタイルに合わせて
お店の営業時間が決まっているのです。

でも資源国や農業国は働き方が異なるため、
アジアの観光地ではナイトマーケットといって
夜もショッピングを楽しめる場所があります。

またヨーロッパの国々では朝市がたくさん開催されています。

これは各地域のライフスタイルと観光のバランスを
上手に掛け合わせていると言えます。


3.客のニーズに応える


ショッピング分野における外国人観光客のニーズはわかったけど、
なぜそこまで彼(彼女)らに合わせなければいけないの?
あなたはそんな疑問を抱いているかもしれません。

もちろん、外国人観光客が多いからといって
無理に営業時間を延長したり、早朝サービスを始めたりする必要はありません。

ただ、あなたがもし観光地でビジネスをしているのなら、
これは大きなチャンスであると申し上げたいのです。

なぜなら、外国人観光客のニーズに応えることで
競合を出し抜くことができるからです。

日本は黙っていても人口が減少していきますから、
観光地の経済もそれに比例して縮小していきます。

しかし、海外から観光客が訪れることで
減少する日本人旅行者の穴埋めができるのなら、
観光地でのビジネスは十分持続可能ですよね。


4.副業にもチャンス


こうした状況を踏まえると、あなたが副業で
外国人観光客を相手にビジネスをする場合は
むしろチャンスかもしれません。

多くのお店が早朝や20時以降の営業をしていないということは、
それらの時間専門にお店を構えて爆買いを誘うことも可能ですよね。

このように、訪日消費を拡大させるためには、
時間きっちりではなくゆったりと柔軟な対応が求められるのです。

「うちは18時で閉店です」とか
「朝は営業していません」と断るのではなく、
訪日旅行者が来店する時間に合わせて営業することで、
あなたのビジネスは安定して売上を確保することができるのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。