一番最初に取ったのが

2010/04/22

とありますから

一年は経っていますね。


ちょうどツイッターでチェリストさんが
無伴奏を弾きたくなる・・・という書籍を読んでいるのをみて
そういえばそろそろ・・・と思ってひきました^^


$神秘と学びの館-「無伴奏チェロ組曲」を求めて


始めたころは動画もわからなかったので

HQ画質で撮ったり。。。。。

動画と音声がずれたり

まあいろいろありましたが

自分でやってみると勉強になります^^





今回は7弦のB弦の音がワンピックアップでも結構アタック感出ますので
おさえ気味にしました

・・・・がこのあともう一曲編集した時の
イコライジングの設定で中低域の方が良かったな~
なんて思いました

もう少しリバーブも下げよ。。。



7弦でのチェロ曲ということで手をつけ始めたのは早かったのですが
これがなかなか大変で。。。。。。

前半部と後半部に分けてとっていきます

元の楽譜からはかなりポジショニングが変わっていますが
やっぱりそこはバッハ
深い意味があったんだな~と
ほかの曲を扱う場合の
糸口が見えました。

タブはいずれ出そうと思いますが
ひと筆書きのように覚えやすくなるように
ポジションをとりました。

エレクトリックで弾く場合はクリーントーンで弾くことが多いようですが
ドライブで弾いていきたいと思います。

今度はもう少しバッキングっぽく
リズムを強調した感じにしようと思います

ロックギタリストのための J.S.バッハ曲集 模範演奏+カラオケCD付 湯浅丈一 編/湯浅 丈一

¥2,625
Amazon.co.jp


湯浅さんの譜例では
6弦用に編曲していますが
低音の動きが出せるよう変則チューニングになっています

僕は原曲のまま引きたいので7弦で弾いています

楽譜は湯浅さんのを7弦用に変えています

$神秘と学びの館-CIMG2208

後半はあと少しですが・・・・
これがまた大変。。。



「無伴奏チェロ組曲」を求めて ─ バッハ、カザルス、そして現代/エリック シブリン

¥3,780
Amazon.co.jp

AD

コメント(2)