4月からテーマパークダンスを習い始めたむぎ。
それはそれは楽しそうに毎回通っています。

ダンス系は何か習わせたかったのですが、むぎの性格からするとバレエではなく、ヒップホップもなにか違う気がする…ということで消去法でテーマパークダンスになり、体験を経てやはり合っていたので習うことにしました。

内容はディズニーランドのパレードで見るダンスカナヘイ花
講師の方も現役のキャストさん。
とにかく楽しそうな授業で、授業時間は見学できるのですが終了5分前集合が暗黙の了解(笑)
その間は各自保護者の自由時間に充ててます。

子どもたちもそのほうがのびのび出来そうなのと、何より先生も気を遣わずに指導できるのかなと。
 
終了5分前にその日の総括があり、保護者はダンスをビデオ撮影。
今の時期は発表会用のダンスなので、復習のためでもあります。

少し話は逸れますが、ダンス系の発表会って別払いということをわかってなかった母。
先日の説明会で聞いた金額に目玉が飛び出るかと思いましたカナヘイびっくり
事前に聞いていたら習わせなかったかも…。

そして来年度から次女も習う気満々あんぐりうさぎ
メルカリ頑張らなければ。

話を戻しまして。
そもそもダンスを習わせようと思ったきっかけは表現力を高めてほしいということとリズム感を養ってほしいという理由があります。

母自身はダンス系には縁がありませんでしたが、情操教育として音楽や美術に幼いうちから触れることの大切さは身をもって知っています。
 
なので今の時期は情操教育に重きをおきたいと考えていて、ピアノも始めましたし短期間でもいいので絵画も習わせたいと思っています。

時間とお金のやりくりが大前提ですが、いろいろ体験させたい親心がありますよねカナヘイキャンティ

ピアノ編に続きます。





AD
むぎの習い事、ここにきて悩みが出てきましたタラー

入園前から習っていた英語教室。
毎年この時期に更新確認があるのですが、何とはなしにむぎに確認してみると、まさかの『辞めたい』回答。

誰よりも楽しそうだっただけにびっくりしました。
理由を尋ねてみたところ、幼稚園を早退するのがイヤだった。授業時間が長すぎるとのこと。

そうなんです、授業時間が早いので20分早く早退させていました。
授業時間も年少で2時間はキツかったかも。

ぐうの音もでないくらいの整然とした理由に母も「じゃあしばらくお休みしようか」と問いかけるのが精一杯。

そんな母の心情を察するはずもなく
『次から行きたくない』と激しく拒否…。
翌日が英語教室の日なのに、ここまで言われて行きなさいとは言えず、なんとその場で退会の電話をしてしまった母。

よくよく聞いてみると、習い事自体はイヤな訳ではなくダンスとピアノは習い続けたい。楽しいからとのこと。

英語教室のおともだちとは会えなくなってもいいの?と聞いても、幼稚園のおともだちがいるからいい。と理路整然のむぎ。

ただ英語は継続して習うことが大事なのではと思っているので、ほとぼりが冷めたらまた相談してみようと思ってます。

実は退会の電話をした後、母は激しく落ち込みました。
今までよかれと思ってたのに、むぎも楽しそうに通っていたはずなのに、実はイヤだったことに気付けなかった自分が情けなく…。

そんな話をママ友にしてみたら、そこまで意思がはっきりしていて伝えられることを評価してみたら?と逆転の発想を植え付けられて何とか這い上がれました(笑)

長くなりましたが、まだ別記事で続きます。


AD

メルカリ始めました。

テーマ:
出産前にはヤフオクや今もあるのかビッターズに出品していました。

内容は主に自分の服と犬グッズ。
競ってもらおうなんて欲はかかずに、ただただ100円単位の安価で設定し、今から考えると出品と取引の煩雑さに比べたらまるで割りに合わないことをしていました。

それから数年が経ち、アプリでフリマができるようになり、どっさり溜まった年子姉妹の服を出そうと決意。

これがまた決意してからも数ヶ月(笑)重い腰を上げてやっと作業を開始しました。

まず迷ったのがどのフリマサイトに出品するか。
ヤフオクはトラウマになっているので却下。
楽天のラクマとメルカリを試してみることに。

するとメルカリに出品したものが比較的短期間で売れたのに対し、ラクマは0。
やはりCM効果があるのでしょうか?

膨大な数の服はありますが、取引作業を踏まえて管理できる出品点数を決めています。
ヤフオクは落札者も目の肥えた人が多いイメージでしたが、メルカリは多分気軽に参加しているのか躊躇することなく落札している感じがします。

アプリで出品できるメリットは商品撮影はスマホですぐにできるうえ、商品説明もスマホから短時間で入力できるところ。
しかも内容も必ずしも詳細を記載しなくても大丈夫で、聞きたいことがあればメッセージでやりとりして納得したら落札というえパターンが多いです。

ヤフオク時代には配送料は別で設定していましたが、落札後の配送料の計算に一番苦労したので今回は配送料込みにして、価格設定もほぼ一律にしました。

ただメルカリには値下げ交渉があるのには驚きました。
私は基本拒否のスタンスです。
断っても違う人が落札してくれるので出品に伴うストレスは少ないかも。

それでも落札者との最低限のやり取りと発送作業はなかなか大変。
生活時間帯が違えばなお返信のタイムラグに気を遣います。

最大の大変さは常にスマホを気にしなければいけないこと。
落札通知や取引メッセージ、これをきちんとしなければ購入後の評価につながるので、生活時間の大半がメルカリに割かれることに。
やってみてわかりましたが、これは結構な犠牲ですね。

販売価格から手数料10%と配送料を引くと掛け率45%くらいでしょうか。
頭を使えば効率のいい配送方法や価格設定はできそうですが、そんな時間はないので家から1つでも不用品が減ることを最大のメリットと考えて、目標金額を設定しつつ、しばらくは出品を続けようと思います。

育児しながらするにはメルカリはオススメですよカナヘイうさぎ
 


AD