奥様、OL、ときどきオンナ。

女性に生まれたからには、色々楽しまないとね!


テーマ:

すんごいスケールの小さな話です。しかも文字ばっかでサーセン。


私の人生において心底社会貢献できたと感じた瞬間、それは献血

学生時代、新宿東口にある献血ルームで(半ばノリと勢いで)初めて献血した日、なんとも表現し難い達成感というか感動を味わったんです。簡単な言い方をすれば、血をあげただけですよ?でも、その血で助かるかも知れない命がある…そう考えたら、【献血=最高の社会貢献】という図式が私の中で完成したんです。


でも、実は最近すっかりご無沙汰していて、もう9年ほど行ってなかったんです(しかも、後から知ったことですが、最後に行ったときには何かの成分が足りなくて、前検査で失格だったらしい )。そんな状況ではありましたが、先日素晴らしきタイミングに恵まれ、9年振りに献血ルームへ!


image

伺ったのは、川崎の献血ルーム。平日夕方だったからなのか、すんごく空いてました。キレイだし快適だし…いいですね、ここ。


学生時代はもっぱら新宿東口の献血ルームに行っていたんですが、そこに比べるとかなりの落ち着き。こちらは、新宿の東口みたいにお菓子がバラまき状態ではない…というのも理由の一つかも(人によっては、そこを重視される方もいらっしゃいますしね)。


で、ここの献血ルーム、さらに素敵だったのがスタッフさんの対応。とんでもなく優しいし、やたらコミュニケーション力高いし…とにかく癒し力がハンパないんです。ちなみに、みなさん 私よりもはるかにお姉様世代。おじさま方が、そういうお姉様方が集うパブとかスナックに癒しを求めにいく気持ちがすんごいよく分かりました。
私は200ミリ献血なので、早ければ5分もかからずに採血が終わるんですが、スタッフさんのあまりの円熟した素敵さに「え?もう終わり?(あの…もうちょっと…もうちょっと…(以下自粛))」

ここまでくるともはや変態の域ですが、それほどまでに川崎の献血ルームはイケてるという証です。


image

で、久しぶりに無事200ミリの血液を献上したワケですが、改めて願うことはただ一つ。
どうか、この血液がどこかで活躍することがありませんように…と。


「え?」と思われるかも知れませんが、【この血液が使われる=誰かが危ない】ワケですから、使われない方がいいのではと思うんです。でも、もしこの血液に活躍の場が与えられたなら、その時は「全力で頑張ってこい!マイ血液!」って感じですね。



ちなみに、献血の後は最低2時間は飲酒禁止。これが基本ルールだし、むしろ飲まない方がいいくらい。

悪いことは言わないので、こういうルールはきちんと守りましょう。守らずに、調子に乗ってワインなんか飲もうものなら…もう大変ですからね!苦笑

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。