ご覧いただきありがとうございます。
料理やイギリスの話、それにいろんなことをひとつの記事にツラツラッと一緒に書くことも多いので、タイトルは気にせずに見ていただくとありがたいです。レシピがあるのはテーマ別にわけています。

なんでもない食堂のメニューに、焼き鯖やほうれん草のおひたしと一緒に、アフタヌーンティやエスプレッソ、それにイカ墨パスタとかピロシキがならんでいるような、そんな感じだと思ってもらえれば、むしろ気が楽です。(←むしろって)

気楽な(時にシリアスな)ブログなので全部を読んでいただくか、面倒であれば適当に、『この記事、料理?イギリス話?それとも世間話かっ?』という感じで、ご自分の『勘』をたよりに読んでいってください(・∀・)/(←みなさんに丸投げ)

初めての方は、まずはコチラから

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-06

・結婚の決め手はなんですか?

テーマ:ブログ

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

イギリス、今年の夏はまさかの晴天続き。

 

気温が18度を超えると、上半身裸でくつろいだり寝そべったりしている男性を公園やパブで見かけることも多くなるんですがね、なれた今は目のやり場にもまったく困りませんわキョロキョロ

 

街で見かける半裸の男性をかばうわけではないのですが、日照時間がとても短く、冬至あたりになると日の出は8時、そして日の入りは午後4時前です。

 

まさにハリーポッターの映画のように、空はずっと鉛色で重たく、イギリスの冬はとにかく『暗い』のひと言。

 

なので、短い夏の間に、思いっきり太陽を吸収したいのでしょうねウインク

 

いつもありがとうございます。

ポチッと応援クリックをよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

ブログによく書いていますが、わたしと夫が出会ったのは文通サイトで、日本とイギリスという超遠距離恋愛をしていました。 

 

出会いについてはこちらで書いています→実は引き寄せで結婚しました

 

初めてメールをもらったのが2008年の8月。

 

1ヶ月後の9月に夫が日本まで会いにきてくれました。

 

その9月に来たとき『ぼくの街を見にきて』と言われ、約束どおりクリスマスのプレゼントとして飛行機のチケットが送られてきて、2008年の年末休みを利用して初めてイギリスを訪問し、そこでプロポーズされました。

 

ちなみに、この『ぼくの街を見にきて』がプロポーズかと思っていたんですが、夫いわく『ちがう』とのこと。エッ。。滝汗ちがうのん?

 

そして2009年の5月に渡英となり、今週末は結婚記念日ですの~照れシャンパンロゼワインウエディングケーキ

 

 

 

 

 

で、今日のタイトルに書いた『結婚の決め手』のことやいろいろな思い出をふり返っていたのですがね。

 

うちの場合、文通が始まってすぐ、朝と寝る前の1日2回のメール。そして毎日1回は必ずスカイプで話をしていたんですが、夏は8時間、冬は9時間の時差があるので、日本のわたしは夜、イギリスの夫は昼頃に話してました。

 

これは夫が自宅で仕事をしていたから可能だったんですが、ときどきランチのサンドイッチやリンゴを食べながらもぐもぐ忙しい時はたとえ5分でも話してましたっけ。

 

仕事でも言えることですが、同じことを続けることができるというのは、相手に対して信頼感を与えますよね。

 

とくに恋愛中の女性にとっては大きなポイント真顔

 

なので、長距離恋愛もさほどさみしくはありませんでした。

 

 

 

 

 

そして、お互いに40歳半ばも過ぎていろんな苦い経験も積んできたし、この選択に間違いはないだろうということで結婚を決断したんですが、夫の持つバイタリティーというか、生き抜く力を強く感じ、それが最後の決め手になったんです。


たとえばこれが通貨のない時代だとしても、狩りに行って、1週間ずっと野原を歩き回っても鹿が獲れない時は、トリを捕まえて帰りそうだし鳥

 

海に出で悪天候で大マグロが釣れなくても雷、トロ箱いっぱいにピチピチした小魚を持って帰ってくれそうだしうお座かに座

 

トリや小魚すら無理でも、木の実や貝などをかき集められるだけ袋に入れ、引きずって帰ってきてくれそうできのこさくらんぼ骨

 

そして、EU離脱の時も、この先、イギリスの経済はどうなるんやろうか。。と選挙結果発表の夜は不安でどうしようもなかったんですが、夫のガンコそうな横顔をみてたら

『きっとどうにかしてくれはず』と思えて安心することができました。

 

とにかく、『なにがあってもなにをしてでも食べさせてくれそう』

『この人となら絶対に幸せになれる』

とそんな信頼がいつもありましたし、今もそう。

 

そりゃ、日常では腹立つことはチョコチョコありますがね。

この間もボロネーゼパスタにナスを入れるか入れないかでちょっと言い合いになりましたが(わたしは入れたかった)、まあ、そんなこんなでこれからもやっていくのでしょう。

 

 

 

 

 

 

夫が留守の日の夕食。

 

ひとりの時はやっぱり簡単で冷蔵庫整理になるものをと思い、とん平焼きをつくりました。

 

春に蒔いたシソとこちらでも売っている日本の青ネギとよく似たスプリングオニオンというのを刻んで乗せましたが、シソなどの日本の薬味は海外では貴重品です。

 

大きい街に住んでいらっしゃる方は手に入りやすいと思うのですが、そうでない場合は自給自足になるせいか、なんだかさらに愛おしい。

 

なにかのカミングアウトではないですが、わたしはとにかく薬味が大好き。

 

お味噌汁のネギなんかも、吸うたびに口に入ってほしいし、自分でうどんやおそばを作ったら、てんこ盛りのネギで具や麺が見えないときもあります。

 

もうちょっとしたら庭に植えているミョウガも食べれると思うのですが、今は涼しげに茂る葉っぱをみて楽しんでいるのみ。

 

早く食べたいな、ミョウガ。

 

 

*お帰りの前にクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
ありがとうございました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。