急性胃腸炎で入院してました。 超、辛かった。。。。 時に、男性諸君。 今、あなたのパートナーが入院してしまったとき、必要なものが適切に持っていってあげられますか? 今回の入院で、慶太くんとちょっとしたすれ違いがあり、ちゃんと物の場所など話しておかなくてはならないなあと反省しました。いくら仲が良くても、伝えなきゃ分からないことは沢山ある。 男性にとって、女性は未知なるもの。何が必要かなんて、聞かなきゃ分からない。でも、少しでも知ろうとしていたなら、イザという時に全然違うはず。 これを機会に、今のパートナーと、いきなり入院したら何を持ってきてほしい?って話し合ってみてください。きっと、思いもよらない答えもあるはずです 。 特に、パートナーが妊娠中だったり、具合が悪いとき、急に聞かれても苦しくて答えられないかもしれない。思い付かないかもしれない。でも、必要な物は必ずあるんです。 いつそんな日がくるか分からないから、今からちゃんと話しましょ。 #いやーしかしきつかった #胃腸炎半端ない #吐き気が辛すぎて泣いた #看護師さん優しくて泣けた #明日からまたがんばる。

aripinocoさん(@aripinoco)が投稿した写真 -

AD

スマホスマホスマホ

テーマ:
電車の中、駅の中、道の真ん中。。。。


みんな下を向いてスマホ。


どうして、こちらが道を空けてあげなければいけないのか。



電車で、本当に席が必要な人がいても気付かない。

いや、気付いているのかもしれない。


ドアが開くたびに、どんな人が乗ってくるのかちゃんと確認してほしい。




家ではスマホ触りすぎだよ。

と注意される私だけど、電車でずっとスマホは嫌だから

本を読む。




Kindle買えば?

と言われるけれど、紙の重さと質感が好きなのだ。


スマホやタブレットで読む本は、私にとっては大好きな本とはやはり違う。



最近の子供は泣きかたが違うという記事を見かけた。


両親が子供と一緒でもスマホばかり見ているから、その影響もあるとあった。


絶対にそうだというわけではないけれど

確実に理由の1つになっているんだろう。



明らかに裕福ではないけれど、外では全く泣かなかったフィリピンの子供を思い出す。



私も気を付けよう。
AD

2015という年

テーマ:
私にとって、こんなに刺激的で色んなことを考え、発見があった年は初めてだったかもしれない。


夢だった海外での生活を終え、

これまた夢だったヨーロッパ、アジア周遊。


仕事に復帰し、自分にとって何がスペシャルなのかを実感した年でもあり。


夫の素晴らしさを実感した年でもあり。



自分は変わってないつもりでも、変わっていたかもしれない。

気付いていなかっただけなのかもしれない。


そんなギャップを感じ、距離を置いた物事もあった。



でも、一番隣にいる人は相変わらず私のことが好きだし、

話せば理解しようとしてくれる。



それで十分じゃないか、と。



ただ、私は欲張りだ。

もっともっと、まだ足りないと知らないうちに自分を追い詰めてしまう。



そのエネルギーをどう自分自身にプラスにしてあげられるか、来年は楽しもうと思う。




みんなはどんな1年でしたか?

また来年もよろしくお願いします :)



それでは、よいお年を‼
AD