「高値で必ず売れる」と偽り、中国のゴルフ場の会員権を販売したとして、警視庁生活経済課などは12日、詐欺容疑で、ゴルフ会員権販売会社「新日本総販」(東京都墨田区)の社長岡田浩之容疑者(42)と社員ら計11人を逮捕した。
 捜査関係者によると、岡田容疑者は任意の事情聴取に対し、容疑を否認。一部の社員は「資金繰りのためにやった」と話している。被害は高齢者を中心に約7億4000万円に上るとみられ、同課は資金の流れを解明する。 

【関連ニュース】
県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か
大学院教授を懲戒解雇へ=研究費流用、医学部長も処分
詐欺容疑で5年逃走の男逮捕=捜査員、人相でピタリ
パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理
山口大、大学院教授を告訴へ=「預け」で1億3000万詐欺容疑

3月10日再投票を正式決定=日弁連会長選(時事通信)
雑記帳 赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)
鳩山首相、選択的夫婦別姓「私は賛成」(産経新聞)
<漫画ミュージアム>北九州で開館へ 売上高30億円見込む(毎日新聞)
<名古屋新年度予算案>6年ぶり1兆円超(毎日新聞)
AD