ニーチェの言葉

テーマ:
広島ブログニーチェを知ってる人も知らない人もポチしてねん☆

キミはニーチェを知ってるか??

そうそう!ヨーグルトの中にフルーツが入ってて・・・

それはフルーチェや!!

そうそう!

広島にあるとても強いサッカーチームのマスコットキャラクターの事!!

違う!!それは

サンチェとフレッチェや!!

冒頭からしょーもないネタでスマン!!

チェしか合うてへんやん><ほんましょーもない・・

ニーチェは1844年ドイツに生まれた哲学者

1844年と言えば日本では桜田門外の変で大老井伊直弼が暗殺されるずっと前。

オレの中で「世界3大難解読み物」と言えば

「哲学書」「ロシア文学」「ジョージソロスの本」となっている。

日本の哲学者と言えば土屋教授が思い浮かぶが、土屋教授の本はユーモアエッセイしか読んだことがない!

ジョージ・ソロス氏の本なんか最後まで読了出来たのは一冊もない。

全て難解すぎて途中で挫折するのだ!

まっ、居眠りに入る為には最適な本と言えるが・・

そんな難解な哲学者、ニーチェの本を買ってみた!

このような難解な本を読んでいると、理解出来る出来ないは別として、人から賢そうに見られるのではないか?との効果を期待してのことである!

もっとも、賢そうに見られたとしても金が儲かるわけではないし女にモテルわけでもない!

単なる自己満足である!

しかし、この本、200ページほどしか無いが非常に読み易い!

字が大きいし、行間が広いのでページをめくる手が進む。

おまけに、言葉が我々に理解出来る言葉で書かれているのだ!

これは翻訳家の方の力によると思う!!

翻訳は白取春彦さんと言う方。

もぉ「ノーベル翻訳賞」があれば一番に差し上げたいくらいである!!

欲を言えば、もっと小さい字でも構わないので、ビッシリと文字が詰まった本が読みたかった!

200年近く前に書かれた読み物が翻訳家さんの手で現在に蘇り、生きて行く上の示唆を与えてくれる!

気軽に手軽に読める哲学書としての意義は大きいのだ!

フェイス・ブックに大勢居る名言好きな人達が喜んでシェアする言葉がテンコ盛り

AD