NEW !
テーマ:

青山 表参道駅から徒歩5分

Mari鍼灸Salon 森田真理です

 

 

「最近、お腹を壊しやすい」

「ずっと下痢が続いている」

「軟便気味だ」でお困りの方は

 

 

十分な氣・血・水が、体内を巡っていない状態です。

軟便、下痢が慢性的に続いている場合は

全身の気(エネルギー)が不足している可能性があります

 

 

ショボーン気が不足すると、こんな事が起こります

 

・疲れやすい、だるい

・やる気が起きない

・夕方近くなると症状が悪化する

・動くと症状が悪化する

・下痢をしやすい、軟便傾向

・内臓下垂、筋力低下、お顔のたるみ

・風邪をひきやすい

・息切れ、動悸がする

・冷えを強く感じる

 
 
上記のような症状の項目が2つ以上当てはまる場合は
気虚タイプといって、気(エネルギー)が不足しています。
 
 
「気」は全身に活力を与えるほか、
異常な発汗や出血、尿や便の排泄量を制限します。
 
 
それだけではありません!
 
 
気は、代謝を促進したり、体温を上げる作用もありますので
気虚タイプの方は低体温、冷えが強く風邪をひきやすくなります
 
気虚タイプの方は、消化の良い食事、温かい飲食
十分な休息、睡眠が必要です。
 
 
ショボーン慢性的な下痢が続く7つの理由
 
①過敏性腸症候群
 実は慢性下痢の70%以上が「過敏性腸症候群」と
 云われています。腸そのものには異常がありませんが
 ストレス、疲れ、不安、睡眠不足によって起こります。
 
 
②乳糖不耐症
 日本人は、牛乳を消化する酵素が極端に少ない方が多く
 牛乳を飲むと、お腹がゴロゴロする、軟便になる方は
 注意が必要です。牛乳、ヨーグルトはお腹が冷えやすくなる
 ので、気虚タイプの方はお腹を壊しやすいでしょう。
 
 
③腸に炎症
 免疫力が弱いため、腸に炎症を起こしていると
 消化、吸収がうまく行う事ができず、下痢を起こす
 場合があります。体温が35度台の方は注意! 
 出来る限り、体温を36.5を維持していきましょう。
 
 
④胃・膵臓・肝臓の弱り
 健康診断等をチェックしてみて昨年と比べてみて
 数値がわるくなっていた場合は注意が必要です。
 食事の見直し、生活習慣の改善、自律神経の改善
 必要です。
 
 
⑤薬の副作用
 炎症を抑える抗生剤を、長年服用していた場合、
 あなたの悪玉菌とともに、貴重な善玉菌も一緒に
 除菌されてしまいますガーン乳酸菌や納豆、お味噌、ぬか漬け
 納豆など発酵食品を積極的にとりましょう。
 
 
⑥ホルモンバランスの崩れ
 生理前になると黄体ホルモンによって、腸の働きが
 乱れ、お腹を壊しやすくなる方が多いです。
 月経前は、お腹を冷やさないように心がけましょう。
 定期的にお灸をすることで、改善が認められています。
 
 
⑦慢性的な栄養不足
ビタミンD、ビタミンA、ビタミンB2,B6,
ビタミンC、亜鉛、ムチンの不足で、腸管粘膜が弱く
慢性下痢を引き起こしやすくなります。
 
 
レバー、卵、まぐろ、かつお、うなぎ、かき、ほたて等には
ビタミンB群、亜鉛、ビタミンAが豊富です。
レモン、キウイ、野菜全般にはビタミンC
納豆、オクラ、山芋などネバネバにはムチンが豊富です
 
 
食事で摂取が難しい方はサプリメントがオススメです。
当サロンでは、質の高いマルチビタミン、マルチミネラル、
必須アミノ酸が一度にとれる総合サプリが人気です。
テラヴィータ 1か月 税抜き 7000円
 
 
以上、慢性的な下痢を起こす原因について
記事を書きました。
 
 
慢性的な下痢を起こしている方は、脱水しやすくなっていますので、白湯を1日1リットル以上飲む様にしましょう。
 
 
急性疾患と違い、慢性的な疾患の場合は、長年かけて
悪化してきたものです。じっくり炎症体質を改善していく必要がありますので、お困りの方はご相談ください。
一緒に体質改善と、腸内免疫力、炎症体質を治療していきましょうね。
 
 

 

 

 

Mari鍼灸Salon
時計営業時間
月ー金10:00~20:00 (最終受付 18:00)
土  10:00~18:00 (最終受付 16:00)
日   定休日

表参道駅B1出口から徒歩5分
東京都港区南青山5-12-27 WISE 305号室


宝石緑ビフォー&アフター



宝石緑Mari鍼灸Salonのアクセスはコチラ

ベルサロンへのご予約はコチラ


ベル煙のでない「ぎんざ美人灸」のご注文はコチラまで









あなたのお越しを心よりお待ち申し上げております。

    Mari鍼灸Salon 森田真理

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)