2009-03-02 18:10:54

走れドS

テーマ:企画~銀沖祭~

「旦那ァ。あんたはいつも暇人ですねィ」



「総一郎君だっていつもサボってんだろ。」



銀時が団子屋で団子を頬張っていると総一郎こと沖田総悟がやってきた。




「俺ァ、市中見回りでさァ。あんたと一緒にしないでくだせェ」



「がきが生意気言いやがって」



銀時は舌打ちしながらも団子を一揆に3つ口に入れた。






「おいっ!貴様は真選組一番隊隊長沖田総悟!今日こそ天誅を下す!!」



攘夷浪士であろう帯刀をした男4,5人が沖田を囲み、刀を向けた。



そしてなぜか・・・


「その髪の色、白夜叉とお見受けする!なぜかつてはわれ等と共に幕府と戦っていた貴様が幕府の犬といる!」


銀時までもが刀を向けられていた。



「・・・ぇ?ちょっとなんで俺まで狙われてんの?」


「白夜叉!幕府に寝返ったか!!」



「ちょっ・・・・・・・総一郎君、このくらい君なら一発でしょ?早くやっちゃってよ」


「残念ですが今日は生憎、屯所においてきちまったんでさァ、刀。」


「えぇぇぇぇ!!!??真選組のくせして刀忘れるってどういうこと?!」



「沖田総悟!!刀を忘れるとは余裕だな。お前のような者が国を守れるいうのか!?」


攘夷浪士たちの怒りは頂点まで達しようとしていた。


「俺ァ、国なんて守る気ねぇですぜ。幕府なんてどうだっていい。その証拠に将軍の首でもとってきやしょうか?」


「ほぅ。それはおもしろい!日没までにとってこい!戻ってこなければこの男の首が飛ぶぞ。ククク・・・」


「ふっ、わかりやした。・・・じゃあ旦那、待っててくだせぇ!!」


「あぁ。・・・・・ってオイィィィ!!!ちょっと待て!なんで俺が・・・・」



そんな銀時の声も聞かず、総悟は遠くへと消えていった。







「・・・・クク。あいつら馬鹿でさァ。こんな絶好のチャンスに逃げない馬鹿がいるわけねぇだろィ」


総悟は腹を抱えて笑っていた。


「そういえば旦那。木刀持ってなかったなぁ・・・・・・ま、いいか。」






―――そのころ・・・


「あ-。ヤバイヤバイヤバイヤバイやっちゃったよ、死んでいい?今なら切腹した方がマシだろこれ」


「安心するがいい。お前はいずれ死ぬのだ。私の手で」


「馬鹿かっテメェ!!俺は、お前等みたいなきたねぇ奴らに殺されるより自分で死んだ方がマシだっつったんだよ!!コノヤロー!!」


「なんだと貴様ぁ!!今お前はわれ等の手の内にあるということを忘れたか!!」


銀時は手と足を縄で縛られていたので殴られても反撃できなかった。


「てめぇ!あとで覚えてろ!!」


「沖田総悟が戻ってくると信じているのか?貴様」


「あぁ?・・・・・・・・・。」


「ククク・・・哀れだな、白夜叉」



あいつは腹黒くてドSだけど、人の命を無駄にするようなやつではない。


・・・って思いたいだけなのか俺は?!




ぁ。ヤベ、泣きそう。












海にうつる夕陽が蝋燭の小さな火のように揺れていた。


「そろそろだな。白夜叉、お前は大切なものを一つも守れず、そして友に裏切られ死んでゆく。」


「友?笑わせるなよ。あんな腹が真っ黒な餓鬼、友達なんて一度たりとも思ったこたぁねぇよ。」


「ならばなんだと言うのだ。お前らの関係は」



「・・・・・・・・・腐れ縁だよ。」



銀時の微かな笑みが夕陽に照らされた時だった。




「うわあぁ!!!!」


男の鈍い声と共に大量の血が飛び散った。



「待たせやしたねィ」


「遅ぇじゃねぇかよ。」



「貴様、沖田総悟!!死ねぇぇぇ!!!」


「てめぇらみたいな奴に殺られるわけねぇだろィ」


「うあっ・・・」


攘夷浪士達は全員、沖田総悟の手によって粛清された。




「旦那ァ、あんただったらあのくらい素手で倒せただろィ」


「ぁ?ここらへんで死ぬのもいいかもな・・って・・・」


銀時は最後まで言葉を発することができなかった。


沖田の剣が銀時の喉にむけられていたからだ。



「二度と自分から死ぬとか言わねぇでくだせェ」


心なしか沖田の顔が寂しそうに見えた。


「なぁ~に総一郎君。俺がいなくなったら寂しいってか?」


「吐き気がするようなこと言わないでくれますかィ?」


「はいはい。・・・俺だって自分から死ぬようなことしねぇよ。」




「・・・・・・で。いつになったらこの縄解いてくれるの?総一郎君」


銀時は足と手の縄ははずされていたが、なぜか首にはついていないはずの縄がついていた。


「3回まわってワンって言ったら、いいですぜィ?」


沖田の顔はいつになく楽しそうで子供のように無邪気な顔だった。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ぉくさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■えそらえるうさんへ

こんな駄文をそこまで褒めて
もらえるなんて感激です・°・(ノД`)・°・
ありがとうございます!!

1 ■はじめまして

銀沖の企画に参加してます、えそらといいます。
見回りしてるのに刀ない総ちゃんかわいすぎで
思わずコメントしちゃいました
銀さんとのやりとりも、二人らしさがでてよかったです!!
なにより、オチがいい!!
シリアスがぐっときて、オチはSかよ!!!
ってつっこんでしまいました。
楽しく拝見させていただきました♪

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。