Readingに関して。

 

Readingは大きく3つの大きな学術系の記事に分かれます。

 

それに沿って問題を解いていく。

 

制限時間が60分のため、無駄に止まっている暇がありません。

それなので、いかに時間を無駄にしないか、というのがとても大切です。

 

まず大切なのは3つあるセクションの解く順番を決めること。

 

 

1 「解き始める前に、一度記事のトピックに目を通すこと」

 

3つの記事のタイトルに最初目を通して、

パッとみて、

簡単そうな順を決めてその順番から解いていくことです。

 

必ずしも最初の問題が簡単というわけではありません。

最初の問題がかなり難しかった場合、いきなりそこから解いて

結局、予想以上に時間を使ってしまった、なんてことは極力避けましょう。

 

 

2 「解きやすい問題形式から解く」

問題形式は記号選択式や単語の抜粋。などなど。

自分にとってどのタイプの問題が解きやすいか、これも決めておく必要があると思います。

 

3「解いている時は分からない単語は無視」

IELTSに出る単語は非常に学術的な単語も出てきます。

100%理解するのは難しいです。

その為、ざあーーーと呼んで、すべてを理解出来なくても、大まかなトピックが理解できれば

十分だと思います。分からない単語に固執しないことも重要です。

けれでも、勉強中は解き終わった後に意味を調べておくと良いと思います。

 

さっと思いつく中ではこんな感じですかね(-_-;)

他にもいろいろあるんですが、文字だけで説明するのが

メチャ難しい・・・。

 

 

あとこういったコツは、とにかく数を解くことがまず必須です。

自分はReading最初凄いニガテで5.0でした。

その後2か月の語学学校の中で、

最初1か月は一日に2試験分のReading問題を解いてました。

 

その際、過去に解いた問題を何度も解きなおすことを大切にしてました。

 

2か月後に、最終的に7.0ぐらいまでいきました。

 

 

とにかく数です。あと出来るまでやり直し。

そのあとのテクニックです。

 

参考になれば幸いです(;´∀`)

 

 

 

↓こちらクリックするとランキングがあがります。

  クリックしていただけると、嬉しいです(; ・`д・´)

人気ブログランキングへ

 

AD

IELTS。

 

留学を考える人に立ちはだかる、忌まわしき英語テスト。

 

日本式の空白埋めたり、選択式埋めたりするのとはかなり異なるテストのため

「一体どうすりゃいいの???」と思う人も多いかもしれません。

 

今回はIELTSを受けるにあたって、もともと英語超得意!!!

で は な く

「英語???ははは・・・笑える(死んだ目)」の人(自分はここからスタートだった)を基準に

 

こうするといいよー的なアドバイス?をもし役に立てばいいと思い、

ここに書きます。

 

既にIELTS関連の記事をいくつか書いてみたんですが

こちらは語学学校に関する記事

http://ameblo.jp/ginsyuenthusiast/entry-12255535006.html

http://ameblo.jp/ginsyuenthusiast/entry-12239232889.html

 

こっちはスピーキングに使えるアプリなど

http://ameblo.jp/ginsyuenthusiast/entry-12239218798.html

ほかにもいくつか

基本的に、まずIELTSで高得点を取るには、単純な英語力の高さ以上に

やっぱりIELTSのコツやテクニックがあるんです。

Readingの読み方や進め方やトピックの傾向。

Writingの書き方や問題形式の主な種類。そしてその対策。

Speakingでは、便利なフレーズや、頻出問題などの把握。

などなど。

 

そういったことを一人で自力で学べる人はまあいるかもしれないですが、

ひじょーーーーーに大変なので、

 

自分的には「IELTS専門」の語学学校に行くのが

一番効率的だと思います。

基本的にフィリピンがメジャーですね。セブやバギオシティなど色々ありますが、

自分のおすすめは「CNS2」という名前の語学学校です。

 

「語学学校に行くお金や時間がない!」という人には、

色々な日本語の参考書がありますが、

必ず一度はケンブリッジから出ている公式問題集を解くことをおすすめします。

 

公式問題集は信頼性がありますし、良く出る単語などがやはりあります。

下手に日本の問題集やると、覚えなくてもいい難し過ぎる単語も出るので、

若干効率が悪いです。

 

あとWritingの模範解答がとても参考になります。フレーズを丸覚えしても良いレベル。

 

 

また、公式問題を解いてみて、全く分からないといった場合は、

ボキャブラリーや文法の勉強を見直すのも重要かと思います。

 

文法を疎かにすると、結局Writingで高得点を取るのが難しくなるので、

急がば回れの精神で、しっかりやっておくことが大切です。

 

自分は語学学校での勉強が主体だったので、全部独学で、という人には

あまり良い助言は出来ないです。

 

もしどうしてもOverall 6.0 or 6.5などを目的とするのなら、

やはり語学学校に2か月~3か月ぐらいいるのが良いと思います。

 

また、試験は何度か受けるのも重要です。

自分もフィリピンで受けた時は6.0で、帰国して日本で受けたら6.5になったので(;´Д`)

 

 

最後に、マレーシア留学を考えてる人に、

最近マレーシアのいくつかの大学で入学のスコアを引き上げたり、

今まで必要なかったのに、やっぱ英語テストのスコアいるわ、

とかいう突然の制度の変更がたまにあるので、

IETLSの勉強はしておいて損はないと思います。

 

なにより、スコアあると安心しますから。

 

もし何か気になることなどあれば、

自分のわかる範囲で、答えますよ(-ω-)/

 

 

 

 

↓ こちらをクリックすると、なんかのランキングがあがります。

   なにより、どのくらいの人が読んでくださっているのかの参考にしているので、

   押していただけるとハッピーハッピー(^_-)-☆

人気ブログランキングへ

AD

休みを満喫中

テーマ:

ひええーー!!!ブログ全然見てなかった!!!

コメント返信遅れちゃいました!

いつも読んでくださる方、ありがとうございます!!!

 

6月に入ってから、7月の学部始まるまで

究極やることないので、いつもお昼ちょっと前に起きて、

ぐだぐだして、友達と会ったり、ちょっと電車で遠出してみたりしてます('ω')ノ

マレーシアのクアラルンプールは電車とタクシーさえあればどこでも気軽に行けますよ

 

休み入って英語喋る機会が激減したので、ちょっと勉強再開しようと思います。

ていうか毎日継続してやろう・・・(;´Д`) このままだとやヴぁぁい

 

全くブログ書くことないので、IELTSに関しての記事をちょっと書こうかな?

とおもいまーす

 

あと最近アラブ料理にはまって、近くの大衆食堂で毎回食べてます。

ちょーーうんめえええぇえーー(;´Д`)

 

 

 

 

 

 

AD