ぎんじねこ -ginjineko-

Blaze your own path -ぎんじねこ -ginjineko-のブログ-


テーマ:
新年早々の新曲「Re:start」に続いて2曲目の新曲リリースです。
※Re:startの記事はこちら(http://ameblo.jp/ginjineko/entry-11122751105.html

TITLE:Loud and Blues
All made and play by ginjineko

DTM:Logic8 Express
Drum:EZ Drummer [Metal Heads]
Guitar:Gibson Les Paul92' "Skull"
※Mix及び録音はデモです
※正式リリース時には、Mix及び録音が変更される場合があります。


■ダウンロードは以下から。
http://www.kamoneginji.com/studio/music.html
※ファイル直リンクは以下
http://www.kamoneginji.com/studio/music/Loud_and_Blues.mp3
※Original Tunesの「Loud and Blues」をクリックで再生。
※保存は、タイトルを右クリックで対象をファイルに保存で。



Loud and Bluesと言うタイトルですが、すでにご存知の方も多いと思いますが、愛機Skullのノブ類後方に貼付けてある自作のステッカーに印字されたキャッチコピーです。

昔々、レスポールを入手した時にナチュラルフィニッシュもかっこいいなと思い、マイナスドライバーでごりごり削ったのはいいのですが、5時間程かけて削ったときにふと我に返っても後の祭り。

そこで思いついたのが、傷跡にステッカーを貼る事だったのですが、回りを見渡してもステッカーは見当たらずどうしようかと思ったところ、部屋に転がっていた音楽雑誌を手にとってみてみると、何かのコーナーで「Loud and Blues」と言うコピーが使われていました。

そのコピーを見て「自分のギタースタイルはこうあるべきだ!」と天啓を受けて、そのコピーをステッカーにして貼付けようと思ったのです。

が、しかし。

当時はパソコンはおろかタイプライターすら無い、高校2年生のまっただ中。
そこで思いついた方法が、雑誌から写植よろしく文字を切り抜いてコピー用紙に並べてノリではっつけて、コンビニのコピー機でコピーを作成。

出来たものをちょうどいい大きさに切り取って、木工用ボンドで貼付けました。

以降、20年近く一度も剥がれる事無く今に至ります。

木工用ボンドでくっつけているだけで、その後もライブやスタジオ等でフル稼働していた割には一度も剥がれる事も無く20年後の今に至ると言う事は、僕はまだそこの境地に達していないと言う事なのでしょう。


「Loud and Blues」

自分にとって、とても重要な意味を持つこの言葉の曲。
まさしく、ぎんじねこ -ginjineko-のタイトルチューンです。

ギターはもちろん、斎藤楽器工房のハンドワイヤリング仕様の至高のピックアップ「SAYTONE」Mysstery Gutarsの金子さんのスーパーチューンが施されたGibson Les Paul92' "Skull"1本で録音。
また、難しい事はできませんがベースは打ち込みではなく自分で弾いて録りました。

その辺りも合わせて楽しんでいただければ幸いです。



$ぎんじねこ -ginjineko-
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ぎんじねこ -ginjineko-さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。