中2病

テーマ:
早朝なので、心情を吐露。
書くか話さないと心のバランスがヤバイ。




同じ仕事場の同い年の子を好きになってました。

1月の部署移動で慣れない時から話してくれたりして仲良くなった感じ。
その時は、彼女には違う部署に彼氏がいた。
だから、別に恋愛感情とか沸くことは無かったんだけど、、、。


5月くらいに彼女が彼氏と別れたという情報を聞いた。

その話を知ってから、別れた話をネタにして彼女をからかったりしてた。
その時も恋愛感情はまだ湧いていなかったと思う。

そのあと、9月くらいから、仕事終わりに喫煙所(彼女が吸う、僕は吸わない)で毎日の愚痴とか雑談とか、二人きりで話すようになった。

彼女と話していると楽しかった。


その辺りから、彼女の事が気になり始めた。

仕事でも一緒になることが多くて、楽しかった。
同い年でもキャリア的には僕の方が上なので良く頼られた。
自分にだけ弱みを見せてくれたこともあった。
頼られることはすごく嬉しかった。


ふと気づいたら、彼女の事を好きになっていた。


それでも心の何処かでブレーキをかけていて、「好き」と認識したらダメだっていう思っていた。

ふざけて「好き」って言ったことは何度もある。
その度に「冗談でしょ」と言われた。
関係を崩さないように牽制されているような気持ちだった。

自分も「そうだよ」と、
一歩が踏み出せなかった。


どこかに予防線を貼られているような気がしていた。
でもたまに「一緒で良かった」とか言われて心の中がグルグル回った。

関係を壊す、拒絶されるのが極端に怖い、それが僕の心根。
わがままで、自己嫌悪が強い、嫌な性格。


どこまで、踏み込んでいいのか。
この恋は自覚してはダメだった。


仕事場では、仲が良いなと冷やかしを受けるくらいには親密になっていたと思う。

「付き合ってるのか」言われる事を嫌がる自分を演じていた。

彼女の方は、他の同僚に聞かれた時は、「どうですかね~」と曖昧な態度で逃げていたらしい。

そんな曖昧な関係が、嫌になっていたのも事実だった。


休みの日、
一人でそんなことをぼーっと考えていた。
ふとした瞬間に、
今まで一度も本気で言ったことの無い
彼女の名前と「好きだ」という言葉を呟いてしまった。

それが、いけなかった。


言霊、というものは存在すると思う。

その言葉を発してから、心がグラグラになった。


言葉は自覚を生み、自覚はジレンマと嫉妬を生んだ。

今まで以上に彼女が可愛く見え、憎くも思えた。

何で恋してるんだろう。
ダメだダメだ。
絶対うまく行くわけが無い。
俺の事を好きなのか、いや、フられるだけだ。

自分の中のドス黒いモノが嫌で嫌でしょうがなかった。



区切りをつけるには、一度すべてをリセットしなければならない。

「告白」

それが、手段だと思った。


思いを伝えて、自由になりたい。
自分のエゴだけが感情になった。


それでも、勇気が出ないのは、自分の弱さでしかなかった。

結局、何もできないまま、今に至る。


今日も休みだから、
飲みに誘って、、、、
と思っていたけど、メールしただけで終わった。


距離が近くなりすぎたせいで、僕の告白めいた言葉は、きっと正面からは受け取っとくれない。
僕もそれを許してしまう。

そこをあと一歩踏み込む勇気が欲しい。

意気地なしの僕は、そう思う。


中学生みたいな悩みに、29歳になっても苦しめられている。
自分でもバカだなって思うし、自分が嫌いになる。

こうやって書くでもしないと、本当に心のバランスが一気にいきそうで、苦しい。


それでも、年内中には結論を出そうと思う。
エゴの告白で終止符を打とうと思う。


彼女が彼氏と別れて約半年。

彼女の誕生日は、年の瀬も押し迫る頃。
そこで、今の自分の思いを本気で伝えてみたいと思います。




おやすみなさい。
AD
どうも銀ガラスだったりします。

世界的な運動会も閉会って事で、一段落。
詳しくは言えないけれど、嵐でしたわーーーー。

まぁ、とにもかくにも、メダルラッシュはメデタイ!

で、最近あったプライベート話でも書きたいんですが、、、、

何かあったかな???


さーて、プライベート灰色さんの登場だよ!


あっ、先週オフ会ありました。
ラジメンの集い2012夏。

伝説の新橋オフ会から2年ぶり2回目の参加になりました。

今回は、うどんを食べて、ありんこさん家でDVD鑑賞。
そして、揃いも揃った「ツンピリリスナー」の名刺ステッカー交換会を実施。
みんなが床にステッカーを置いている様は、これからデュエルが始まる感が満載。
統計取ると、なんとあのステッカーが一番出現率低いとは・・・。

なーんて楽しい空間でした。
ザ・親戚の集まり、これがラジメンの持てる空気感なんでしょうねー。


と、こんな風にオフ会に参加すると、久々に投稿しようかなって思ってみたり。
もはや前にメールを出した記憶も薄れておりますが、、、。

ちょっとリハビリしながら、コツコツと名刺コンプを目指しますかね。


と、いうことで、BBQしたいです。
ラジメンでやる予定の方、もし心の許容がありましたら、誘ってください。


プライベートでいろいろ方向転換を画策中も、どうしていいやら迷ってたり。
生きていければ、それでいいんですけど。
AD
皆様こんにちわ。

久々の更新です。
もう誰も見ていないと思いますが、
更新です。

完全に放置して置いたので、
前回までのあらすじ は忘れました。

のでので、
会社に着くまで
3月のアメリカ取材の写真でも貼っておこうかと思います。


photo:05


アリゾナ名物のサボテン。

photo:06


米国といえば、ハンバーガー。
ちなみに落花生は無料。

photo:03


photo:04


多分1.2kgぐらいのTボーンステーキ。
完食。

photo:07


人生初の生で見た「日の出」
アリゾナが初とは。


てな感じで
写真だけだと遊びに行った感じしかしないな。

なんとなく働いていました。


今度はボストンに取材に行きたいなぁ。



iPhoneからの投稿
時間軸で言えば、おはようございます。
ラジメンの「基本的に睡眠時間は短い方」銀ガラスだったりします。

現在、9/11の29時30分頃です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕は布団に入って2時間弱、眠れません。

それで、
なんとなくiPadを起動して、
なんとなくブログを更新していない事に気がついて、
なんとなく書いているような状況です。

さて、
何も書くネタがないのですが、
というか、
基本的にTwitterもそうですけれども、
僕の書く文章というものは、
愚痴と感想と虚言で構成されているものであり、
基本的に、無価値である事が、
とある教授に論文でも証明されています。
まぁ、ごくごく当たり前ですが、
嘘ですけれども。
ただ、もしかしたら、ネイチャーとかに
来週あたり載る可能性もゼロじゃないですし。
その辺は曖昧模糊で良いと思います。

要するに、要約すると、
こいつの文章ってメンドクサイって結論ですね。


基本的に、
素人が書く文章に価値など無いのは、
書いている本人がわかっています。


ただ、この場合用いる尺度としての、価値。
これは書いている本人にとっての尺度であり、
見ている人にとっての尺度とは異なります。

話を極大解釈すると、
人殺しはいけない事、というのは、
法律準拠の中の尺度としての決まりであり、
法律無視の中では尺度として成り立たない、
という2wayの受け取り方が存在するのです。


例としてはいささか飛び過ぎて分かりづらいですね。
書いている途中で思いましたが、
書いてしまったものを消すのも億劫なので、
恥部として晒しておきましょう。

無価値な文章に、
恥ずかしい文章という価値を塗布して見ました。
これはすごい事では無いのかと思うわけです。

無価値から価値を見出しているのですから。

無から有を作り出したのです。

いや、それは違うのでしょう。

無価値というのは、
その物が持っている多面性の一つの面でしか無いのです。
だから無価値の他には、
価値として認識出来る、何か、が存在しているのです。
それは、人々によって導き出せる尺度という事になります。

Aさんにとってこれは無価値だけれど、
Bさんにとっては高価値、
というように、
受け取り手によって、
万物はいかようにでも尺度としての価値を変えるのです。

とまぁ、わけがわからない文章を書き連ねているのですが、
何かの受け売りだったり、
既知の言葉を並べただけだったり、
はたまた妄想と空想の違いも分からない虚言癖だったり、
取り繕う言葉を探しながら書いているかのような、
まとまりの無い文章。

ちょっと精神鑑定でもしてもらえば、
確実にデッドラインな文章に
一体どんな価値があるというのか。

まあ、まぁ、
率直に結論を
簡潔に、結末を、
素直に、成れの果てを。

思い浮かぶだけ並べてみれば、
そこには空虚感と虚無感しか無いのかもしれない。

しかし、この文章を書いている本人は、
現に時間を費やして書いているし、
そこに費やした時間までもが、
無駄だと決めつけるには些か早計である。

確かに、
週の始まり、
厳密に言えば、日曜日がスタートなのだろうが、
社会人としては月曜日が始まりと言って差し支えないだろう。

その週初めの朝に、
常軌を逸した文章を書き連ねているだけで、
精神を病んでいるとしか思えない症状ではあるが、
本人的には、病んでいた方が助かる。

もし、病みもせず、
こんな無価値な文章を書けるのであれば、
こんな週初めの朝に書けるのであれば、
恐怖しか選択肢は無いでしょう。

狂気、と言ってしまって差し支えないだろう。

だからこそ、
僕は俺は私は自分は、
正常である事を拒むのである。

いっそのこと、
病んでいた方が、
病んでいるという事で、
行動に、行動原理に説明がつく。


正常な物こそが、
怖い事の方が世の中多いのである。



というわけで、
眠くなってきたような気がしないでもないので、
寝る試みはしてみようと思います。

おやすみなさい。
ドイツ!

どうも、バッティングフォームを崩しまくっている者です。

久々の草野球で、3三振って!
グスマン(元中日)かよ!

いやー、2年ぶりの草野球。
完全にダメダメ。

突っ込み過ぎだということを、VTRで確認。
修正点はわかったけど、治してどうする?
てか、治る?
てか、この場合の「なおす」は「直す」?「治す」?

うーん、秋に会社対抗戦があるので、
それまでに戦力になれるように、頑張ってみます。

にしても、ライトで7回フル出場は、さすがに辛い。
久々にいい運動だったけど。


さてさて、スポーツ繋がりでスポーツ漫画のお話。

週刊少年サンデーに連載中の「キングゴルフ」が面白い。

基本筋はスラムダンクっぽい感じだけど、
主人公のソースケが成長していく過程は見ていて胸熱必死。
個人的にゴルフが好きってのもあるんだけど、
心理描写とか、対決の見せ方とか、絶妙に上手い。

スラムダンクでは花道に与えられた武器が運動量とジャンプ力、
キングゴルフではソースケに与られたのは、
「飛距離を生み出すパワー」と「プレッシャーに負けない精神力」

繊細さの欠片もない主人公が、
必死に上手くなろうとする様子は、花道のソレを想起させる。

王道といえば王道の少年漫画。
「ゴルフの王様になる」
漠然かつ壮大な目的、でもそれが滑稽じゃない。

漫画の持つ力を感じる作品である。
未読の方は、御一読あれ。
梅雨にちわ!

あれ、梅雨前線さんてまだ来てないの?
じゃあ、こんにちは。
つっても、夜だけどね!


さてさて、なんかもう6月ですよ。
今年も折り返しのカラーコーン(赤)が見えてきました。

個人的に特筆すべき点は、あんまり無いですねぇ。
うちの仕事グループの体制が変わった事で、
いろいろモメモメしちゃってる部分もあるんですけど、
その辺のストレスはtwitterに、その日のテンションで書きなぐってるんで、
察してくださいね♡


閑話休題。

文才が自分にあるって思わないけど、
昔から文章書く事が好きだったり、
バカな事を考えるの好きだったり、
一から百を想像するのが好きだったりするので、
国語ってのは好きな教科だったなと思う今日この頃。

思えば、小学校、中学校、高校と、さして優等生でも無かったけれど、
国語ってって教科だけは、答えに自由度があるのが楽しかった。
数学とか理数系の分野はキッチリと決まった感じがしてどうにも苦手だったなぁ。
発想力を養う事が出来たのは、高校の時かもかも。

なんか知らんけど、毎日、黒板に
「今日の格言」みたいなのを誰にも頼まれないのに勝手に書いてたな。
それが意外と国語担当の担任に気に入られた、かどうかは知らないけど、
なんとなく「そこにある物」として認められた。
それがなんか嬉しかったなーっと。

中学時代から深夜ラジオに投稿とかしてたりしてたので、
それなりにネタを考える自負っていう自信は、
根拠自体はなくとも存在していた。
それがどうかわからないけど、
人を笑わせる事っていうのを常に考えて生きている気がする。

何をするにしても、
「これをどうやって人に笑い話として話すか」って事を考えながら
行動をしてしまうクセがついてしまったのは、
良いのか悪いのか、今も分からないけど。

まぁ、その積み重ねで
今の自分があるわけで、
人格形成がなされているわけで、
否定しようとしても出来ないわけで。
一言で言えば仕方ないって事ですね。

つらつらと書いてみましたが、
こんな性格の人間ですから、
3・11のあとの立ち振る舞いに自分として困惑しているわけです。

何まで笑いにして良くて、何からが笑い話にしてはいけないのか、
そもそもそんな事を考える事が不謹慎じゃないか、
なんてガラにも無く悩んでみたりしているわけです。
生きる不謹慎、なんて自分で自分を揶揄してみたりするんですが、
ぶっちゃけ難しい。

特に仕事柄、この話題にデリケートになっている状態です。
こんなちっぽけな人間に何かできる事を模索しているつもりですが、
非常に無力を痛感しています。

自分が力を与えられるなんて思ってもいませんが、
小さな事でも、何か出来たらって思う次第です。

それが、不謹慎思考であっても、誰かが笑ってくれるなら、
非難を受けても馬鹿な話をしていきたいと思う所存です。


と、大仰に書いてみても、
完全に自己弁護以外の何物での無いね、これ。

自分も器の小さが嫌になる~。


これからも、ネットで知り合った皆様、
こんなバカで自分勝手なヤローですが、
馬鹿な話題だけは発信していきたいと思いますので、
何卒よろしくお願いします。


稚拙すぎる自分が大嫌い、そんな6月5日の1時前。

気付いたら、黄金週間。


4月だとばかり思っていたのに、もう5月ですか!

これは時間泥棒とかいうレベルじゃなくて、時間強盗ですよ!



というわけで、黄金週間。

どこぞの映画会社の社長が考えた悪ふざけがここまで浸透するとはね。



記憶を遡ってみても、この期間に休んだ記憶が中学で最後。

ここ13年は、お仕事(バイト)祭りの稼ぎ時。

電車が込んでないのがイイネ!



さてさて、

4月は魔法少女が終わったり、

なんかいろいろ始まったり、

ハードスケジュール。



まど☆マギ。

いろいろあった作品でしたが、


面白かった、で結論。



諸事情で、3話連続となった関東とかの放送。


10話は、

ほむらの過去が明らかになって、

もろもろの理由が解明される。


11話は、

収束へ向かう物語、

ほむらの決意と失意、

まどかの意思。


12話は、

修正される物語と始まる物語と結論。



な、感じだと思いました。


個人的に、11話と12話は連続で見せて正解かと。


1話1話でも良いんだけど、

物語としての完成は11話と12話を合わせて最終話、かなと。

これを分けて2週でOAしていたら、評価はちょっと違うものになっていたかも。

12話だけだと、どんでん返しは少ないので、11と合わせるのは良かった。




さてさて、

新番組を今期はたくさん見れているな~。


「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」

「日常」

「シュタインズゲート」

「アザゼルさん」

「タイガー&バニー」

「緋弾のアリア」


シャフト枠

「電波女と青春男」

「まりほり」



こんな感じで、1週間の平穏は保たれています。



「あの花」は

まぁ、めんまの一人勝ち! って感じなんですけど、

ストーリーラインも好きだなぁ。

知り合いの編集オペから、

「絶対お前は好きな話だよ!」といわれ、マジマジ見たら、大正解。

めんまが出てきた理由はなんなのか、それが真相で、深層でしょうね。


「日常」は、

なんだか面白い。 BGVには最高。

声質的に、

ゆっこ役の本多さんと、みお役の相沢さんが好き。

あと、はかせ役の今野さんは相変わらず安定の攻撃力。

はちゃめちゃなようでいて、実はハチャメチャ、みたいな。

「けいおん」のヒットは望めないとは思うけれど、クセになる作品。

好き嫌いは多し。


「シュタゲ」は、

ストーリーも興味深いけれど、

おそらくこの作品は、宮野真守ショー。

マモちゃんの良い声で、展開される電波な厨二な感じが良い感じです。

まゆしぃが可愛い、それももう一つの結論。

トゥットゥルー!


「アザゼルさん」

こちらは、言うまでも無く小野坂昌也ショーなんですけど、

個人的には、普通の佐藤利奈さんがすごく素敵。

ホント普通な感じで、アザゼルさんに対する感じとかツッコミ加減とか

かなり好きな感じの役だと思ふ。


ちなみに「変ゼミ」は、ちょっと期待ハズレかも。

やっぱりOADの完成度には、地上波OAでは追いつけないのかも。

内容が内容だけに、基準値が難しすぎるけど、

地上波アニメ化は事を急いた感じが否めない。

キャラデザの丁寧さもOADの方が良かったかな~。

好き嫌いはあるでしょうが、

直接的な表現を使うことが、「変ゼミ」の特徴なのだから

それを消してしまったのは、失敗ではないかと。



「タイバニ」は普通に面白い。

昔のヒーローテイストとかもあって、好きだな~。


「アリア」は

とらドラのコンビから目が離せない。



シャフト枠は・・・・・

もう理屈じゃないけどね。


「まりほり」は

良い感じにアタマが悪くて、とてつもなく面白い!

遠藤先生の表現をシャフトが200%誇大解釈してる感。

てか、遠藤先生の時点で、アレなんですけど・・・。

でも、大好き!!


「電波」は

原作も読み始めているのですが、

エリオ可愛いに尽きるのでは。

OP曲「OS宇宙人」は個人的今年のレコード大賞。

うん、原作の一人称語りの文章が巧い。

でも、アニメでやるとちょっと情報過多になるかも。

文章で成立しているから、プラスで映像を加味すると飽和っぽく感じるかも。

それでも、エリオの可愛さとリュウシさんの素敵感、

女々さんの、いやアイポンの三十路ボイスはクセになるので、

総合して、勝ち!





というわけで、

久々にブログを書いた。

そんなGW初日にして、最終日。