【クリック!→】女性の出番です!これがもっとも賢い方法



成功するためのネットワークビジネス調査室-夏の惑星

T-SQUAREのアルバム 夏の惑星です。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ネットワークビジネスに関連したこんなニュースがありました。



エビ養殖詐欺、元会長に懲役14年〔TBS〕

「ワールドオーシャンファーム」の元会長、黒岩勇被告(60)らは、実態のないエビの養殖事業への投資名目で、会員からおよそ2億5000万円をだまし取った組織的詐欺の罪に問われました。

判決で東京地裁は、「出資プログラムの巧妙さなど、同種の詐欺事件の中でも悪質さは際立っている」と指摘、そのうえで「被告は過去にネットワークビジネスで出資者に多額の損害を与えながら、性懲りもなく犯行を行った」「誠に身勝手で反社会的だ」として、懲役14年の実刑判決を言い渡しました。

判決言い渡しの際、黒岩被告は直立不動で聞き入り、閉廷後は笑顔を見せました。



こういうことがあると、ネットワークビジネスの評判がさらに悪化していきます。


そのようなことがないように、ネットワークビジネスにおいても、しっかりとコンプライアンスを理解することが必要です。


ネットワークビジネスを規定する法律は、「特定商取引法」があり、訪問販売・通信販売と並んで、「連鎖販売取引」として規定されています。


法令や政省令には、ネットワークビジネスという言葉は一切使われていません。


連鎖=マルチという社会通念があり、連鎖販売取引という言葉を使用しない会社もあるようですが、法令上は連鎖販売会社となります。


コンプライアンスはこの業界に限らずどんな業界でもあり得ます。


個々の会社がしっかり健全にすればよいだけです。


どうすれば健全なのかを理解している会社のトップ、リーダーの方がどれほどいるかです。


表面的なきれいごとを並べているだけでは、ダメです。


トップ、リーダーがまず、やってはいけないこと、やらなければならないことをしっかり学ぶことです。


そして、それを会社全体に号令を発し、会社方針をしっかり示すことです。


何をすればよいかわからないまま販売しているような人材は、この業界の健全化には不要です。



【クリック!→】情報起業・アフィリエイトで失敗した人を救う会

AD

コメント(1)